ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『Blackview Tab 13』レビュー!同価格帯では最もオススメできるAndroidタブレット

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同社の最新タブレット『Blackview Tab 13』を2022年8月22日(月)より販売開始しました。

Blackviewは、ベストセラーとなったモデル『Blackview Tab 8』を発売して以来、Blackview Tab 10 pro、Tab 11、Tab 12を経て、同ブランドのタブレットシリーズをアップグレードし続けてきました。

今回、提携先よりご提供いただき紹介する『Blackview Tab 13』は、より革新的なアップグレードを備えた最新モデルとなっています。

▼Android 12搭載タブレット

ブランド Blackview
モデル名 Blackview Tab 13
カラー トワイライトブルー, スペースグレイ
ディスプレイサイズ 10.1インチ
解像度 1,920×1,200(FHD+)
リフレッシュレート 不明
OS DokeOS_P3.0(Android 12ベース)
CPU MediaTek Helio G85
RAM 6GB LPDDR4X(最大10GBまで拡張可能)
ストレージ 128GB eMMC 5.1
マイクロSDカード 対応(最大1TBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
バッテリー容量 7,280mAh
搭載カメラ フロント:8MP
リア:13MP
対応通信規格 Wi-Fi, Bluetooth, GPS
LTE
3G Bands:WCDMA: B1//B8
4G Bands:TDD: B40 FDD: B1/B3/B7/B8/B20
本体サイズ 約450g
本体重量 238.8×157.6×7.7mm

Blackview Tab 13では、Blackviewデバイスの中で初めて "TÜV Rheinland Low Blue Light" 認定ディスプレイが採用されています。

10.1 インチ、1,920×1,200(FHD+)解像度に対応したスクリーンパネルには、適切にカスタマイズされた3つの画面モード(ダーク モード、読書モード、目の保護モード)が用意されており、ユーザーをブルー ライトによる光害から保護し、効果的に目の疲れを軽減することができます。

Blackviewのタブレットシリーズの中で最大の7,280mAh大容量バッテリーを搭載しており、普通に利用するユーザーの場合、1 回の充電で最大30 時間のあいだ使用できます。毎日のゲーム、写真の撮影、ビデオのストリーミング再生、または昼から夜までのGPSナビゲーションの使用時において、バッテリー切れを心配する必要が減ります。

Blackview Tab 13はデフォルトで6GB RAMおよび128GBストレージを搭載しており、必要に応じてRAMは最大10GBまで、ストレージは最大1TBまで拡張することが可能となっています。

多くのデータを保存でき、また複数のタスクをスムーズにこなすことができます。

PCモードを搭載しており、PCのようなユーザーインターフェースで作業を行うことも出来ます。またマルチウィンドウにも対応しており、ユーザーは画面タッチ機能の利便性と、複数のアプリ ウィンドウを同時に開くことができるPCの両方の利点を活用することが可能であり、作業の生産性が大幅に向上するでしょう。

独自のDokeOSが2.0から3.0にアップグレードされたことにより、UIの使い勝手向上しており、すべてのジェスチャー操作での応答性が改善、そしてベースとなるAndroid 12 のおかげで、より安全でカスタマイズされたプライバシーコントロールを実現しています。

そして、よりクリアなサラウンドサウンドを提供するデュアルスピーカーが搭載されており、オーディオ品質に関しては、従来シリーズのどのモデルよりも優れているとのこと。音楽鑑賞、映画鑑賞、またはメディアストリーミングにおいて、満足度の高い体験を期待できるでしょう。

ただし、3.5mmオーディオジャックは非搭載となっています。

カメラについては、前面に8MPのSamsung製フロントカメラ、背面に13MP+0.3MPのリアカメラが搭載されています。

外観デザインに関しては、アルミニウム合金のバックパネルとフラットなフレームを備え、7.7mm の超スリムかつ約450gの非常に軽量なデザインとなっており、携帯性を最大限に高めています。さらに、Tab 13のディスプレイは強化フィルムで保護されており、耐衝撃性が向上しています。

以上の通り、あらゆる点で同ブランドの従来シリーズより大幅な進化・改善を果たした最新モデルとなっています。

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な金属製ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • タブレット本体
  • タブレットケース
  • ガラス保護フィルム
  • ユーザーマニュアル
  • USB Type-Cケーブル
  • 電源アダプタ
  • カードスロット開閉用ピン

タブレット本体の外観

▼本体サイズは238.8×157.6×7.7mm。シンプルかつスタイリッシュなデザインです。

▼前面中央には8MPのフロントカメラを内蔵。

▼背面の様子。鈍い光沢が見られ、そこそこの高級感もあります。

▼背面には13MPのリアカメラを搭載。

▼本体重量は約450グラムと軽く、持ち運びにも適しています。

▼厚みは約7.7ミリと非常に薄く、カバンなどに入れて持ち運んでも支障にならないでしょう。

本体インターフェース

続いて、インターフェース構成について紹介していきます。

▼本体右側面には『音量調節ボタン』『電源ボタン』を搭載。

▼左側面には、外付けキーボード接続用の端子が用意。

Blackviewのワイヤレス接続キーボードもオススメです。

▼上部にはスピーカーが1基内蔵。

▼下部にはもう1基のスピーカーと『Type-Cポート』『カードスロット』が用意。

▼付属のピンを用いてスロットを開き、nano SIMカードやマイクロSDカードの挿入が可能です。

この通り、必要最低限のポート類のみが用意された、シンプルなインターフェースとなっています。

専用ケースが付属

本製品には専用のタブレットケースが付属しています。

▼装着した様子

タブレットのディスプレイを保護できるだけでなく、デスク上などに立て掛けて使用することが出来ます。

ガラス保護フィルムに加えて、ケースまで同梱されている点は非常に嬉しいですね!

製品購入後、すぐに外出先などへ持ち運んで利用できる充実のパッケージ内容となっています。

AnTuTuベンチマークスコア結果

『Blackview Tab 13』の AnTuTuベンチマークスコア を計測してみました。

AnTuTuベンチマークとは?

スマートフォンやタブレットなどのデバイスの性能を測るための、標準的なベンチマークのこと。

結果は 約25.7万点 でした!

V9.4.4のAnTuTuベンチマークテストにおいて、25万点超えを記録!

2万円台のスマホとしては、かなり頑張ったスコア結果ではないでしょうか。ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、ゲームアプリもそこそこ快適に遊ぶことが出来るでしょう。

動画視聴、ゲーミング、テレワークなど幅広い用途に活用できる性能の高さとなっています。

他機種とのベンチマーク比較

以下に、最新スマホ・タブレットの機種別ベンチマーク比較表を紹介します。

【最新スマホ&タブレット 性能ランキング】

種別 機種名 AnTuTuスコア 価格
スマホ moto edge X30 約 993,000点 6万円前後
スマホ Xiaomi 12 約 943,000点 7万円前後
スマホ Redmi K50 Gaming Edition 約 852,000点 7万円前後
スマホ OPPO Find N 約 837,000点 14万円前後
タブ Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2021 約 720,000点 5万円 前後
スマホ POCO X3 GT 約 600,000点 4万円 前後
タブ Xiaomi Pad 5 約 570,000点 4万円 前後
スマホ POCO M4 Pro 約 350,000点 3万円 前後
スマホ Xiaomi Redmi Note 10 Pro 約 330,000点 3万円 前後
タブ Blackview Tab 13 約 257,000点 3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 約 250,000点 3万円 前後
タブ Teclast T40 Pro 約 244,000点 2.7万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 Pro 約 244,000点 3.3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40H 約 240,000点 2.6万円 前後
スマホ moto g50 5G 約 238,000点 2.3万円 前後
タブ Teclast T40 Plus 約 234,000点 3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I11 約 216,000点 3万円 前後
タブ Teclast M40 約 200,000点 2.3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I10 約 190,000点 1.7万円 前後
タブ TECLAST M40SE 約 188000点 1.8万円 前後
タブ VASTKING KingPad K10 約 159,000点 1.6万円 前後
タブ New Fire HD 10 Plus 約 155,000点 1.9万円 前後

ぜひ機種選びの参考にしてみてください!

実際に使用した感想

それでは、実際に『Blackview Tab 13』を使用した感想について紹介していきます。

大抵の作業を快適にこなせる性能

タブレットを様々な用途に利用した際のパフォーマンスを確認してみました。

まずはブラウザアプリを用いて複数のウェブサイトを閲覧してみましたが、いずれの場合もスムーズかつ迅速にページが表示されました。

▼画像多めのサイトでもスピーディーに読み込まれる。

▼FHD解像度ディスプレイのおかげで、小さな文字まで明瞭に描画されて見やすいです。

表示速度はWi-Fiの通信品質に依存するものの、他の格安タブレットと比較しても、ページが表示される(読み込まれる)速度が体感的にも圧倒的に早いです。

どんな重いページでもキビキビと瞬時に遷移してくれるため、ストレスのないウェブブラウジングを楽しむことが可能です。

続いて、YouTubeやネットフリックス、ニコニコ動画などで動画を視聴してみました。

結果として4K画質の映像を再生した場合でも、スムーズに動画を再生することが出来ました。

▼最高画質設定でも再生中に動画がストップしたり、ラグったりすることもなく、安定した再生が可能。

▼発色も良く、映像がカラフルで綺麗!実車映画からアニメまで、満足度の高い視聴体験が可能です。

以上の通り、ウェブサイト閲覧や動画視聴など、大抵のタブレット用途を快適にこなせるだけの性能となっています。

趣味目的だけでなく、リモートワークやオンライン授業、ウェブ会議用などあらゆる作業に対して快適にタブレットを利用できるでしょう!

PCモードに対応

本製品はPCモードを搭載しており、PCのようなユーザーインターフェースで作業を行うことも出来ます。

▼Windowsのようなインターフェースでタブレットを使用可能。

またマルチウィンドウにも対応しており、ユーザーは画面タッチ機能の利便性と、複数のアプリ ウィンドウを同時に開くことができるPCの両方の利点を活用することが可能であり、作業の生産性が大幅に向上するでしょう。

優れたスピーカー品質

本製品には上述した通り、上下に計2基のスピーカーが内蔵されています。

実際にいくつかの音楽を再生してみましたが、非常にクリアで品質の高いサウンドを楽しむことが出来ました。

特に中~高音域に関してはかなり綺麗に響き渡ります。

低音こそやや響きが弱めなものの、クアッドスピーカーから出力される音圧は十分高く、映画視聴時やゲームプレイ時にも迫力のある立体的な音を楽しむことが出来ました。

この価格帯でこれだけの音質を実現出来ている点には、正直驚かされました。

満足度の高い映像・音楽視聴が可能でしょう。

実用的なカメラ性能

また、前後のカメラ性能について確認してみました。

まずは前面(フロント)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

やや発色が薄いかな?という印象は受けますが、画質自体は実にクリアで明るく、人物の輪郭から表情、背景にいたるまで明瞭に映し出すことができていました。カメラを大きく動かしても気になる残像は発生しません。

続いて背面(リア)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

画像を見ても分かる通り、リアカメラに関しても品質の高い写真を撮影することが出来ました。

遠景撮影時には遠くの建物までクリアに映し出すことが出来ており、近景撮影時には葉の表面の葉脈に至るまで、詳細に撮影できていました。肉眼で見た場合に近い色合いを表現できています。

以上の通り、リア・フロントともに優れたカメラ性能であると言えます。

ウェブ会議やオンライン授業にはもちろん、旅行時などの記念撮影用端末としてもそこそこ活躍できるでしょう。

ゲーミング性能について確認

最後に、いくつかゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンスを確認してみました。

『PUBG』プレイ時

まずはオンラインバトルロワイヤルゲーム『PUBG』プレイ時について。

▼グラフィック品質は "HD" まで、フレーム設定は "ウルトラ" まで設定可能でした(※現時点でUHD対応デバイスは存在していないため、FHDが実質的に最高設定となります)。

実際にいくつか試合に参加してみましたが、プレイヤーの密集する場所などでもカクつきを感じることはなく、全体的に快適なゲームプレイが可能でした。

▼HD画質プレイ時。光や影の表現が美しく、遠くの景色もクリアに描画されます。

▼発色も良好。

素早く動いたり視点移動を行った場合にも描画遅延や酔いを感じることが無く、終始快適なゲームプレイが可能でした。

『マインクラフト』プレイ時

続いて『統合版マインクラフト』(旧マイクラPE)プレイ時について。

ワールドを作成した入ってみましたが、こちらも『PUBG』の場合と同様、快適にプレイすることが出来ました。

▼遠くのチャンクまで瞬時に読み込まれます。

▼負荷の重くなりがちな森林バイオームでも、フレームレート低下やカクつきなどは一切感じられません。

たくさんのMOD(アドオン)を導入してマイクラPEをバリバリ遊びたい方や、友達と一緒にマルチサーバーで遊びたい場合でも、問題なく快適に動作するでしょう。

『原神』プレイ時

そして最後に、激重ゲームとしても有名な『原神』をプレイしてみました。

『原神』はかなり重めのゲームアプリであり、下手なスマホ・タブレットでは起動すらできません。

『Blackview Tab 13』では画質設定がデフォルトで "最低" に設定されていました。

▼最低画質設定では、支障なくヌルヌルと操作できます。

▼画質設定を "" に上げるとデバイス負荷が "やや高い" となりますが、この状態でもフレームレート低下をほとんど感じることなくプレイすることが可能でした。

▼ただ、流石に "中" 以上に上げるとフレームレート低下が顕著に発生し、お世辞にも快適なパフォーマンスとは言えません。

▼画質を "低" に設定したときの様子。十分に綺麗なグラフィックで原神の世界を冒険できます。

このように『原神』クラスのゲームアプリでも、画質設定をある程度落とすことで、比較的スムーズにプレイすることが可能でした。

長持ちする大容量バッテリー

本製品は7280mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、最大30時間の連続稼働を謳っています。

実際に使用してみたところ、動画視聴、ウェブブラウジング、少々のゲームアプリ起動などを日中に行ってみましたが、3日間ほど(計20時間ほど)は充電なしでも利用し続けることが可能でした。

外出先に持参しても、充電せずとも1日間は余裕でバッテリーがもつと思います。

同価格帯では最もオススメできるAndroidタブレット

【個人的な評価】

  • 性能:(☆4.5)
  • デザイン:(☆45)
  • 扱いやすさ:(☆5)
  • 価格(コスパ):(☆5)
  • 総合評価:(☆5)

今回紹介した『Blackview Tab 13』について、特徴をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • 軽量かつ薄型の筐体デザイン
  • タブレットケース&保護フィルムが付属
  • 実用的な性能
  • 発色が良好なFHDディスプレイ
  • 比較的リーズナブルな価格
  • 高性能カメラ搭載
  • 高品質スピーカー内蔵
  • 長持ちする大容量バッテリー内蔵

悪かった点

  • 特になし

以上の通り、2万円台の格安タブレットの中でも、圧倒的にパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

基礎性能が優れており、大抵のタブレット作業を快適にこなすことが出来るほか、『原神』などの激重ゲームアプリでも設定次第ではスムーズに動作させることが可能です。

PCモードに対応しているため、別売りのキーボードを利用することでタブレットPCのような利用方法も可能でしょう。

FHD解像度のディスプレイで描画される映像は美しく滑らかであり、何より内蔵スピーカーの質が非常に優れているため、動画視聴目的にタブレットを探している方にもうってつけ!

価格に対して全体的に優れた品質のAndroidタブレットとなっています。

iPad Proなどのハイエンド機種は高すぎて買えないけど、出来るだけ性能の高いタブレットが欲しい... という方々には、ぜひオススメしたい一品です!

▼こちらの記事もオススメ!

『Blackview BV8800』レビュー!防水防塵・耐衝撃でアウトドアにうってつけのタフネススマホ

続きを見る

『Blackview Tab 13』発売!詳細なスペック構成や性能、価格などについて紹介

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  • PCアクセサリ
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥91,360
    新品最安値 :
    ¥91,360
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. タワー
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. タワー
  8. タワー
  9. タワー
  10. タワー
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. タワー
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. 一体型
  17. ミニ
  18. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥92,800
    新品最安値 :
    ¥92,800
  19. 一体型
  20. 一体型
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 2 in 1ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. 2 in 1ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
  1. microSDカード
  2. microSDカード
  3. microSDカード
  4. ライトニングケーブル
  5. USBケーブル
  6. インクジェットインクカートリッジ
  7. HDMIケーブル
  8. USBケーブル
  9. 変換アダプタ
    発売日 : 2015年04月16日
    価格 : ¥6,506
    新品最安値 :
    ¥6,506
  10. SDカード
  11. ライトニングケーブル
  12. インクジェットインクカートリッジ
  13. ライトニングケーブル
  14. USBケーブル
  15. microSDカード
  16. ライトニングケーブル
  17. PCアクセサリ・サプライ
  18. タッチペン
  19. 電源タップ
  20. microSDカード

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.