ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

FOSSiBOT F105レビューのメイン画像
※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『FOSSiBOT F105』レビュー!防水・防塵・耐衝撃のアウトドア特化タフネススマホ

2024年7月10日

数多くのモバイルデバイスやポータブル電源などの開発を手掛けてきたFossibot(フォッシボット)社は、2024年7月同ブランドの最新タフネススマートフォンとして『Fossibot F105』をリリースします!

IP68&IP69K規格の優れた防水・防塵性能、STD-MIL-810Hの耐衝撃性能を備えつつ、充実した機能と実用的なスペック構成を実現。背面には高品質カメラと高輝度ライトを内蔵。リバースチャージにも対応するなど、おもにアウトドアな場面で重宝するタフネススマートフォンとなっています。

今回、メーカー様より本製品(ブラック色)を提供していただいたので、実際に使用した感想を基に良かった点・悪かった点を分かりやすく紹介していきます!

FOSSiBOT F105のアイコン画像

FOSSiBOT F105 12+64GB 10300mAh Large Battery 6.745 inch Waterdrop screen Rugged Phone
Fossibot

ブランド Fossibot
モデル名 Fossibot F105
カラー ブラック、ブルー、グリーン
防水防塵規格 IP68 / IP69K
耐衝撃規格 STD-MIL-810H
ディスプレイ 6.745インチ(ドラゴントレイルガラス)
解像度 1600×720(HD+)19:9, 260PPI
OS Android 14
CPU(SoC) MediaTek MT8768 オクタコアプロセッサー
RAM 4GB LPDDR4X(最大12GBまでの拡張に対応)
ストレージ 64GB UFS
マイクロSDカード 対応(最大128GBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Wi-Fi 2.4G/5G(802.11b/g/n)
Bluetooth 5.0
GPS | GLONASS | Galileo | Beidou
4G LTE
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900MHz
3G: B1/B2/B4/B5/B8
4G: B38/B39/B40/B41/B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12
/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28A/B28B/B66
認証方法 顔認証、指紋認証
搭載カメラ フロント:8MP
リア:20MPメイン
フラッシュライト LEDライト内蔵
スピーカー 内蔵
バッテリー容量 10,300Ah(10W急速充電対応)※リバースチャージ対応
本体サイズ 177.7×84×17.3mm
本体重量 約375g

Fossibot F105のスペック説明画像

今回紹介する『Fossibot F105』は、IP68 & IP69K等級の高い防水・防塵規格、およびSTD-MIL-810H等級の耐衝撃性能を備える、タフネススマートフォンです。

▼高い防水防塵・耐衝撃性能を備えており、過酷なアウトドア環境でも安心して利用可能。

Fossibot F105の防水仕様

Fossibot F105の防塵・耐衝撃仕様

OSは最新のAndroid 14を採用しており、6.745インチディスプレイを搭載。解像度は1600×720(HD+)に対応しており、美しい映像を楽しむことが出来ます。ディスプレイにはドラゴントレイルガラスを採用しており、擦り傷などに高い耐性があります。

Fossibot F105のディスプレイ仕様

本体サイズは177.7×84×17.3mm、重量は約375gであり、タフネススマホの中では薄型&軽量なデザインを実現。携行性の面で改善がなされています。

Fossibot F105の筐体仕様

CPUには "MediaTek MT8768 オクタコアプロセッサー" を、RAMは4GB LPDDR4Xを採用。ウェブブラウジングから動画視聴まで、一般的なスマホ用途をスムーズにこなせるだけの性能を擁しています。なお、必要に応じてRAMを最大12GBまで拡張することも可能です。

Fossibot F105のCPU仕様

本体ストレージは64GBを用意。必要に応じてマイクロSDカードを挿入することで、容量を増設することも可能です。

通信規格はWi-FiやBluetooth, GPSに対応しているほか、デュアルnano SIMカードの挿入が可能であり、外出先でもネットワーク通信や通話を楽しむことが出来ます。

デュアルnanoSIMカードの挿入が可能

筐体前面には8MPフロントカメラを、背面には20MPリアカメラを内蔵。高輝度LEDライトも搭載しており、緊急時の懐中電灯代わりとしても利用出来ます。

Fossibot F105のカメラ仕様

そして10,300Ahの大容量バッテリーを内蔵しており、外出先でも充電なしで長時間利用し続けることが出来ます。10Wの急速充電にも対応しており、わずかな時間でバッテリーを回復させることが可能。

リバースチャージにも対応。モバイルバッテリー代わりとして、他デバイスへ給電を行うことができます。

Fossibot F105のバッテリー仕様

また、様々な便利アプリがプリインストールされており、購入後すぐに幅広い用途に活用できます。

Fossibot F105のアプリ

このように、ソフト面・ハード面・デザイン面のいずれも優れたタフネススマートフォンとなっています。

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

外箱の様子

箱を開けた様子

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧

内容物一覧

  • スマートフォン本体
  • ユーザーマニュアル
  • SIMカードピン
  • USB Type-Cケーブル
  • 電源アダプタ

スマートフォン本体の外観

▼本体サイズは177.7×84×17.3mm、重量は約375gとズッシリ感があります。頑丈さを感じさせるデザインとなっており、手で触れると、ちょっとやそっとでは壊れない頼もしさが感じられます。

本体正面から見た様子

ディスプレイにはドラゴントレイルガラスを採用しており、擦り傷などに高い耐性があります。

▼正面中央には8MPのフロントカメラが内蔵。

フロントカメラ

▼背面の様子。

本体背面から見た様子

▼背面上部には20MPカメラ&LEDフラッシュライトを搭載。

リアカメラ

▼背面下部にはスピーカーを内蔵。

内蔵スピーカー

▼また、下部にはストラップを装着できるようになっています。

ストラップ装着部

▼一般的なスマホの約2倍の重さがあり、結構なズッシリ感があります。ただ、以前レビューした『Fossibot F106 Pro』よりは軽めです。

Fossibot F105を手に持った様子-正面

Fossibot F105を手に持った様子-背面

▼厚みは17.3mmと分厚いですが、この手のタフネススマホの中では薄型なデザインとなっています。

Fossibot F105の横幅

Fossibot F105を手に持った様子-真横

▼一般的なAndroidスマホ(右)と並べた様子。そこまで厚みは大きく変わりません。

Fossibot F105の厚みを他のAndroidスマホと比較

Fossibot F105の厚みを他のAndroidスマホと比較-ズーム

本体インターフェース

続いて、インターフェース構成について紹介していきます。

▼本体上部の様子。

本体上部の様子

▼下部の様子。Type-Cポートが用意。

本体下部の様子

▼水分や砂塵などの侵入を防ぐため、キャップでシッカリと保護されています。

Type-Cポートを開いた様子

▼右側面の様子。電源ボタン音量調節ボタン指紋認証部が用意。

本体右側面の様子

▼指紋を登録しておくことで、スムーズなロック解除が可能。

指紋登録部に指をかざしている様子

指紋登録の様子

▼左側面の様子。カードスロットが用意。

本体左側面の様子

▼カードスロットもキャップで頑丈に保護。付属のピンでスロットを開き、マイクロSDカードやデュアルnanoSIMカードの挿入が可能です。

カードスロットのカバーを外した様子

カードスロットを開いた様子

AnTuTuベンチマークスコア結果

『Fossibot F105』の AnTuTuベンチマークスコア を計測してみました。

AnTuTuベンチマークとは?

スマートフォンやタブレットなどのデバイスの性能を測るための、標準的なベンチマークのこと。

結果は、AnTuTu Benchmark v10.2.8で約13.8点でした!

AuTuTuベンチマークテスト結果

スコアはあまり高くはありませんでした。

ウェブサイト閲覧や動画視聴などの一般的なスマホ利用程度であれば、問題なく快適にこなせる性能だと言えますが、ゲーミング性能に関しては、あまり期待できないでしょう。

実際に使用した感想

それでは、実際に『Fossibot F105』を使用した感想について紹介していきます。

一般的なスマホ用途は快適にこなせる性能

スマホを起動した様子

スマートフォンを様々な用途に利用した際のパフォーマンスを確認してみました。

まずはブラウザアプリを用いて複数のウェブサイトを閲覧してみましたが、いずれの場合もスムーズかつ迅速にページが表示されました。

ウェブサイト閲覧の様子

▼画像多めのサイトでもスピーディーに読み込まれます。

ウェブサイト閲覧の様子-2

続いて、YouTubeなどで動画を視聴してみました。

ゲーム動画視聴の様子-1

発色も良く、映像がカラフルで綺麗!実車映画からアニメまで、満足度の高い視聴体験を楽しめました。

ゲーム動画視聴の様子-2

ただし、WidevineはL3サポートのため、ネットフリックスやAmazon Primeビデオなどにおいて高画質設定の映像を再生することはできません。

Widevineの結果

以上の通り、ウェブサイト閲覧や動画視聴など、一般的なスマホ用途であれば快適にこなせるだけの性能となっています。

趣味やアウトドア目的だけでなく、リモートワークやオンライン授業、ウェブ会議用などあらゆる作業に対して快適にスマホを利用できるでしょう!

▼なお、設定画面より8GBの仮想メモリ(RAM)拡張が可能となっています。

メモリ拡張画面

スピーカー品質はイマイチ

続いて、音楽を再生した際の "サウンド(スピーカー)品質" についても確認してみました。

スピーカー品質確認

正直、スピーカーの品質は優れているとは言い難く、音の明瞭さが足りていないと感じられました。スピーカー穴が下部にしか用意されていないため、音に立体感が欠けています。ボリュームを上げれば音圧こそ結構な強さがあるものの、中~高音域の解像度に欠けており、低音に関してはほとんど潰れてしまっていました。

映画やアニメ視聴時にセリフを聞き取る分には問題ありませんが、満足度の高い音楽・映像視聴を楽しみたいのであれば、別途イヤホン等の使用をオススメします。

実用的なカメラ性能

前後のカメラ性能について確認してみました。

まずは前面(フロント)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

フロントカメラで撮影した写真

画質は実にクリアで明るく、人物の輪郭から表情、背景にいたるまで明瞭に映し出すことができていました。カメラを大きく動かしても気になる残像は発生しません。

続いて背面(リア)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

リアカメラで撮影したぬいぐるみ-接写

リアカメラで撮影したぬいぐるみ

植物撮影の様子

植物撮影の様子-ズーム

屋外撮影

屋外撮影-遠景

リアカメラに関しても品質の高い写真を撮影することが出来ました。

遠景撮影時には遠くの建物までクリアに映し出すことが出来ており、近景撮影時には葉の表面の葉脈に至るまで、詳細に撮影できていました。肉眼で見た場合に近い色合いを表現できています。

以上の通り、リア・フロントともに優れたカメラ性能であると言えます。

ウェブ会議やオンライン授業にはもちろん、旅行時などの記念撮影用端末としてもそこそこ活躍できるでしょう。

なお、IP68 / IP69Kの防水規格に対応しているため、水中撮影も可能となっています。

グローブモードに対応

グローブモードをオンにすることで、手袋を装着した状態でも画面をタッチ操作できるようになります。

グローブモード設定画面

アウトドアアクティビティの際に、スマホを操作する度にいちいち手袋を外す手間を省くことができます。

様々な便利アプリが用意

本製品には様々な便利アプリがプリインストールされており、アウトドアな場面から緊急時まで、応用性の高い機能が揃っています。

▼高さ測定機能、コンパス、フラッシュライト、万歩計など、多彩なツールが用意。

便利機能一覧

▼高さ測定機能。

高さ測定機能

▼フラッシュライト機能。SOSを伝えるモールス信号を発する機能も用意されています。

フラッシュライト機能

▼フラッシュライトは非常に明るく、緊急時の懐中電灯代わりとしても十分に重宝するでしょう。

フラッシュライト点灯の様子

ゲーミング性能について確認

いくつかゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンスを確認してみました。

『マインクラフト』プレイ時

まずは『統合版マインクラフト』(旧マイクラPE)プレイ時について。

実際にワールドを作成して入ってみましたが、そこそこ快適にプレイすることが出来ました。

▼遠くのチャンクまで瞬時に読み込まれます。

マイクラプレイの様子-4

マイクラプレイの様子-2

▼大規模バイオームを読み込む際などにはカクつきを感じることもありますが、プレイに支障をきたすレベルではありません。

マイクラプレイの様子-3

マイクラプレイの様子-1

非常に快適とは言えませんが、普通にプレイする分には問題ありませんでした。

『PUBG』プレイ時

続いてオンラインバトルロワイヤルゲーム『PUBG』プレイ時について。

▼グラフィック品質は "普通" まで、フレーム設定は "" まで設定可能でした。

PUBGの画質設定画面

実際にいくつか試合に参加してみましたが、プレイヤーの密集する場所などでもカクつきを感じることはなく、全体的に快適なゲームプレイが可能でした。

▼普通画質プレイ時。画質は荒いですが、プレイ自体に支障をきたすレベルではありませんでした。

PUBGプレイの様子-5

PUBGプレイの様子-2

▼発色は良好。大きめの画面で遠方まで索敵しやすいです。

PUBGプレイの様子-1

PUBGプレイの様子-3

素早く動いたり視点移動を行った場合にも描画遅延や酔いを感じることが無く、終始快適なゲームプレイが可能でした。

PUBGプレイの様子-6

PUBGプレイの様子-4

『原神』レベルのゲームは難しい

一方で、『原神』などの処理の重めなゲームもプレイしてみましたが、お世辞にもスムーズなゲームプレイとは言えませんでした。

本製品ではマイクラやPUBGなどの軽めのゲームであれば十分スムーズに遊べますが、原神やその他処理の重いゲームアプリを遊ぶことは難しいでしょう。

長持ちする大容量バッテリー

本製品は10.300Ahの大容量バッテリーを内蔵しています。

実際に使用してみたところ、動画視聴、ウェブブラウジング、少々のゲームアプリ起動などを日中に行ってみましたが、丸1日は充電なしでも利用し続けることが可能でした。

バッテリー設定画面

一般的な利用方法であれば、外出先に持参しても、充電せず1~2日間は余裕でバッテリーがもつと思います。

また、10W急速充電に対応しているおかげで、わずかな充電時間であっという間にバッテリーを回復することが可能です。

充電の様子

そして本製品はリバースチャージに対応しているため、アウトドアな場面で他のデバイスへ電力をおすそ分けすることもできます。

Fossibot F105のバッテリー仕様

防水・防塵・耐衝撃のアウトドア特化タフネススマホ

FOSSiBOT F105のアイコン画像

今回紹介した『Fossibot F105』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • IP68 & IP69K等級の防水・防塵規格に対応
  • STD-MIL-810H等級の耐衝撃性能を備える
  • 頑丈な筐体設計
  • タフネススマホの中では薄型&軽量なデザイン
  • 指紋認証に対応
  • グローブモード対応
  • 高性能カメラ搭載
  • 長持ちする大容量バッテリー
  • 高輝度LEDライト搭載
  • 多彩な便利ツールがプリインストール済み
  • リバースチャージ対応
  • 比較的リーズナブルな価格

悪かった点

  • ワイヤレス充電に非対応
  • WidevineはL3サポート
  • ゲーミングには不向き

以上の通り、優れた頑丈さと洗練されたデザインとを併せ持ったタフネススマホとなっています。

筐体自体はかなりガッチリとした造りとなっており、水辺でも壊れづらく安心して利用できる設計がなされています。タフネススマホの中では薄型&軽量なデザインとなっており、従来モデルと比べて携行性の面でも改善がなされています。

グローブモードに対応しており、手袋等を装着した状態でも操作できる点は嬉しいですね!指紋認証&顔認証に対応している点もGOOD。

カメラ性能も高く、リモートワークから風景撮影に至るまで幅広い用途で活躍できるでしょう。

長持ちする大容量バッテリーのおかげで、外出先でも安心して利用し続けることが出来ます。10W急速充電に対応しているおかげで、わずかな時間であっという間に充電を完了できる点もGOOD。

そして何より、リバースチャージ対応のため、アウトドアな場面で他のデバイスへ給電することができます。モバイルバッテリー代わりとしても利用できるため、実に有用性の高いモデルだと言えます。

アウトドアな場面での利用にも適したスマホを求めているのであれば、『Fossibot F105』は間違いなくオススメです!

FOSSiBOT F105 12+64GB 10300mAh Large Battery 6.745 inch Waterdrop screen Rugged Phone
Fossibot

▼こちらの記事もオススメ!

『Fossibot F106 Pro』レビュー!高輝度ライト&大型スピーカー搭載のタフネススマートフォン

数多くのモバイルデバイスやポータブル電源などの開発を手掛けてきたFossibot(フォッシボット)社は、2024年4月同ブランドの最新タフネススマートフォンとして『Fossibot F106 Pro』 ...

続きを見る

『Blackview N6000』レビュー!頑丈で性能も高い4.3インチのミニタフネススマホ

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、2023年7月に同ブランドの最新スマートフォン『Blackview N6000』を発売しました ...

続きを見る

この記事をシェアする

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.