ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『Xiaomi 12』レビュー!ゲーミングも快適なSnapdragon 8 Gen 1搭載ハイエンドスマホ

2022年2月22日

2021年12月末、シャオミ(Xiaomi:中国)は最新のフラグシップスマートフォンである『Xiaomi 12』および『Xiaomi 12 Pro』を発表しました。

現時点(記事執筆時点)で以下の3モデルが販売中。

  • 8GB+128GBモデル:3699元(約6.7万円)
  • 8GB+256GBモデル:3999元(約7.2万円)
  • 12GB+256GBモデル:4399元(約7.9万円)

『Xiaomi 12』はコンパクトでスタイリッシュな筐体にSnapdragon 8 Gen 1を搭載。約7万円前後というハイエンドスマホとしては比較的リーズナブルな価格に対して、ゲーミングを含め大抵の作業を快適にこなすことのできるハイパフォーマンスなモデルとなっています。

またスクリーンはエッジスクリーン(曲面ディスプレイ)となっており、コンパクトな筐体いっぱいに画面が広がっています。

今回はこのXiaomi 12について、提携先より提供していただいたので、実際に使用した感想を元に良かった点・悪かった点などを紹介していきたいと思います!

ブランド Xiaomi(シャオミ)
型名 Xiaomi 12
ディスプレイサイズ 6.28インチ IPSスクリーン
解像度 2400 x 1080(FHD+)
リフレッシュレート 最高120Hz
OS MIUI 13(Android 12準拠)
CPU Snapdragon 8 Gen 1 オクタコアプロセッサー, 3.0GHz
GPU Adreno 818MHz
RAM 8GB / 12GB LPDDR5
ストレージ 128GB / 256GB
マイクロSDカード 非対応
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Wi-FI
Bluetooth
GPS
2G Bands:GSM B2/B3/B5/B8
3G Bands:WCDMA B1/B2 /B4/B5/B6/B8/B19
4G Bands:LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B26/B34/B38/B39/B40/B41/B42
5G Bands:NR N1/N3/N5/N8/N28a/N38/N40/N41/N77/N78/N79
バッテリー容量 4500mAh
搭載カメラ フロントカメラ:32MP
リアカメラ:50MP+13MP+5MP
本体サイズ 152.7 x 69.9 x 8.16mm
本体重量 約180g

今回紹介する『Xiaomi 12』は、6.28インチ IPSエッジ(曲面)スクリーンを搭載した、スタイリッシュな外観のスマートフォンです。

2400 x 1080(FHD+)解像度、最高120Hzの高リフレッシュレートに対応しており、滑らかで美しい映像を楽しむことが出来ます。

▼横幅69.9mmのスラっとしたボディ。

OSはAndroid 12準拠のMIUI 13を採用。通常のAndroid端末と同様の感覚で扱うことが出来ます。

CPUにはパワフルな "Snapdragon 8 Gen 1 オクタコアプロセッサー" を採用。大抵の作業を快適にこなせるパフォーマンスを発揮します。RAMは8GB/12GBの2モデルが用意されています。

ストレージ容量に関しても256GB/512GBの2モデルが用意。マイクロSDカードの挿入には対応していません。

Wi-FiやBluetoothといった通信規格に加え、nano Simカード(デュアルSIM対応)を挿入することで4G・5G回線での通信を行うことも出来ます。

そして筐体全面には3200万画素のフロントカメラを、背面には5000万画素メインカメラ+1300万画素超広角カメラ+500万画素マクロカメラを搭載しており、遠景から近景、自撮りに至るまで非常に綺麗で高精細な写真・動画を撮影することが可能です。

4,500mAhの大容量バッテリーを内蔵しているほか、67Wの急速充電にも対応。少しの充電で長時間の利用が可能となっています。

これだけ充実したスペック構成に対して価格は7万円前後と比較的リーズナブルであり、コストパフォーマンスにも優れたハイエンドモデルであると言えますね!

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な金属製ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • スマホ本体
  • スマホケース
  • 説明書
  • ブランドシール
  • USB Type-Cケーブル
  • 電源アダプタ
  • カードスロット開閉用ピン

スマホ本体の外観

▼本体サイズは152.7 x 69.9 x 8.16mm。やや縦長のスタイリッシュなデザインです。

▼前面中央には32メガピクセルのフロントカメラを搭載。

▼背面の様子。独特な光沢が見られ、高級感があります。本体重量も約180gと軽め。

▼背面には5000万画素メインカメラ+1300万画素超広角カメラ+500万画素マクロカメラを搭載。

▼厚みは8.16mmと非常に薄いです。

▼『iPhone XR』(画像右)と並べた様子。縦幅は『Xiaomi 12』の方がやや大きめですが、横幅はXRの方が太いです。

▼両端にベゼルのあるXRに対して、『Xiaomi 12』はエッジ(曲面)スクリーンにより端いっぱいにまで映像が広がっています。

本体インターフェース

続いて、インターフェース構成について紹介していきます。

▼本体右側面には『電源ボタン』および『音量調節ボタン』を搭載。電源ボタンは指紋認証機能に対応しています。

左側面には特に何もありません。

▼本体上部の様子。Harman Kardonチューニングのスピーカーを1基搭載。

▼本体下部の様子。こちらにもスピーカー1基と、USB Type-Cポートカードスロットを搭載。

▼付属のピンを用いてスロットを開き、nano SIMカードを2枚まで挿入できます。

 

このように、インターフェース自体はオーソドックスな構成となっています。

Harman Kardonチューニングのスピーカーを搭載しているため、サウンド品質には期待できるでしょうね!

筐体デザイン自体もスタイリッシュで高級感があり、ユーザーも所有感を味わえると思います。

スマホケースが付属

ちなみにパッケージには、専用のスマホケースが付属しています。

▼装着した様子。

品質的には及第点といったレベルですが、しばらくの間は汚れなどの付着を防ぐことが出来ます。

自身の好みのケースを見つけるまでの、あくまで応急用として利用するとよいでしょう。

AnTuTuベンチマークスコア結果

『Xiaomi 12』の AnTuTuベンチマークスコア を計測してみました。

AnTuTuベンチマークとは?

スマートフォンやタブレットなどのデバイスの性能を測るための、標準的なベンチマークのこと。

結果は 約94.3万点 でした!

v9.2.6のベンチマークテストにおいて、90万点超えの点数を叩き出しました!さすがはSnapdragon 8 Gen 1を採用しているだけあって、ハイエンドモデルといって差支えのないスコア結果となっています

ウェブサイト閲覧や高画質設定での動画視聴はもちろん、原神などの激重ゲームアプリでも快適にプレイできるでしょう。

スコア的には、以前紹介した『moto edge X30』(スコア約993,000点)あたりがライバル機になると思いますが、個人的には『Xiaomi 12』の方が筐体に高級感があって好みです。

他機種とのベンチマーク比較

以下に、最新スマホ・タブレットの機種別ベンチマーク比較表を紹介します。

【最新スマホ&タブレット 性能ランキング】

種別 機種名 AnTuTuスコア 価格
スマホ moto edge X30 約 993,000点 6万円前後
スマホ Xiaomi 12 約 943,000点 7万円前後
スマホ Redmi K50 Gaming Edition 約 852,000点 7万円前後
スマホ OPPO Find N 約 837,000点 14万円前後
タブ Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2021 約 720,000点 5万円 前後
スマホ POCO X3 GT 約 600,000点 4万円 前後
タブ Xiaomi Pad 5 約 570,000点 4万円 前後
スマホ POCO M4 Pro 約 350,000点 3万円 前後
スマホ Xiaomi Redmi Note 10 Pro 約 330,000点 3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 約 250,000点 3万円 前後
タブ Teclast T40 Pro 約 244,000点 2.7万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 Pro 約 244,000点 3.3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40H 約 240,000点 2.6万円 前後
スマホ moto g50 5G 約 238,000点 2.3万円 前後
タブ Teclast T40 Plus 約 234,000点 3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I11 約 216,000点 3万円 前後
タブ Teclast M40 約 200,000点 2.3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I10 約 190,000点 1.7万円 前後
タブ TECLAST M40SE 約 188000点 1.8万円 前後
タブ VASTKING KingPad K10 約 159,000点 1.6万円 前後
タブ New Fire HD 10 Plus 約 155,000点 1.9万円 前後
タブ New Fire HD 10 約 154,000点 1.6万円 前後

ぜひ参考にしてみてください!

実際に使用した感想

それでは、『Xiaomi 12』を実際に使用した感想について紹介していきます。

FHD+解像度 & 120Hzリフレッシュレートの滑らかな描画

本製品は最高120Hzの高リフレッシュレートに対応しており、設定アプリより切り替えることができます。

120Hzで描画される映像は非常に滑らかで、ウェブサイト閲覧からゲーミングにいたるまで、爽快感のある操作を楽しむことが出来ます。

▼激しく動き回る3Dゲーム等にもうってつけ!

▼FHD+解像度で描かれるビジュアルも、非常に精細で美しいです!

▼ウェブサイト閲覧時も、細かな文字まで鮮明に描画されるので読みやすいです。

▼曲面ディスプレイ(エッジスクリーン)でスマホの縁ギリギリまで映像が描画されます。

ディスプレイの発色も良好で、動画視聴やゲーミング用のスマホを探している方にとって、満足度の出来る映像品質となっています。

大抵の動作を快適に行うことが可能

ウェブサイト閲覧から動画視聴など、一般的なスマホ用途に利用した際のパフォーマンスを確認してみました。

まず、複数のウェブサイトを閲覧してみましたが、いずれの場合もスムーズかつ迅速にページが表示されました。

▼画像多めのサイトでもスピーディーに読み込まれます。

ページスクロール時にカクつきや遅延などを感じることもなく、いたって快適なウェブブラウジングが可能でした。

続いて、YouTubeやネットフリックスなどで、動画を視聴してみました。

この場合も、スムーズに動画を再生することが出来ました。

▼最高画質設定でも、再生中に動画がストップしたりラグることもなく、安定した再生が可能。

▼発色も良好で、実写映画からアニメまで品質の高い映像を楽しめます。

このように、ウェブサイト閲覧や動画視聴など、大抵の動作を快適にこなせるだけの性能を擁しています。

仕事・趣味問わず、いずれの用途でも十分に活躍できるでしょう。

Harman Kardonチューニングのスピーカーによる高品質サウンド

続いて、音楽を再生した際の サウンド(スピーカー)品質についても確認してみました。

実際に音楽をいくつか再生しましたが、流石はHarman Kardonチューニングのスピーカーを搭載していることもあり、音質は非常に素晴らしいです。満足度の高い映像・音楽視聴が可能でした。

搭載スピーカー数が2基ですが、上下に分かれて配置されているため、サウンドにもそこそこの立体感があります。中~高音域に関しては間違いなくクリアなサウンドを楽しめます。低音はそこまで響きませんが、音圧は比較的強いです。

普通に音楽や映像メディアを視聴する分には、問題のない音質を実現できていると思います。

フロント・リアともに実用的なカメラ性能

前後のカメラ性能について確認してみました。

まずは前面(フロント)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

フロントカメラに関しては、実に綺麗な自撮り写真を撮影することが出来ました。

ヒトの顔から背景にいたるまで、クリアに映し出されており、激しく動いた場合でも気になる残像等は発生せず、発色も良好で肉眼で見た場合に近い色合いを実現できています。

ウェブ会議やオンライン授業などにも十分に活用できるレベルです。

続いて、背面(リア)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

リアカメラに関しても、近景から遠景まで非常に綺麗な写真を撮影することが出来ました。

こちらも、肉眼で見た場合とほぼ同様の自然な色合いを表現できています。

旅行時の風景撮影や、記念日などにおける撮影用のメインカメラとしても活躍できるレベルでしょう!

ゲーミングパフォーマンスの確認

ゲームアプリを遊んだ際のゲーミングパフォーマンスを確認してみました。

ちなみに本製品は、開発元であるXiaomiの提供する "ゲームターボ(Game Turbo)" 機能を利用することで、スマホ処理をゲーム向けに最適化することが出来ます。

ゲームターボのメニュー画面では、GPUの処理や操作の反応性など、ゲーミングに関する細かな調整を行うことが出来ます。

ゲーミングにも適したスマホだと言えますね!

『PUBG』プレイ時

まずはオンラインバトルロワイヤルゲーム『PUBG』プレイ時について。

▼グラフィック品質は "FHD" まで、フレーム設定は "ウルトラ" まで設定可能でした(※現時点でUHD対応デバイスは存在していないため、FHDが実質的に最高設定となります)。

実際にいくつか試合に参加してみましたが、プレイヤーの密集する場所などでもカクつきを感じることはなく、全体的にとても快適なゲームプレイが可能でした。

▼FHD画質プレイ時。光や影の表現が美しく、遠くの景色までクリアに描画されます。

▼激しく動き回ったり視点移動した場合でも、フレームレート低下やラグを感じることはありませんでした。

▼水の描画から光の陰影まで美しいです。

このように、最大100人のプレイヤーが同時参加するPUBGにおいては、最高設定でも動作に全く問題のない快適なゲーミングが可能でした。

『マインクラフト』プレイ時

続いて『マインクラフト』(旧マイクラPE)プレイ時について。

ワールドを作成した入ってみましたが、こちらも『PUBG』の場合と同様、快適にプレイすることが出来ました。

▼遠くのチャンクまで瞬時に読み込まれます。

▼動作は実に滑らかであり、処理の重くなりがちな森林バイオームでも、フレームレート低下を感じることは一切ありませんでした。

たくさんのMOD(アドオン)を導入してマイクラPEをバリバリ遊びたい方や、友達と一緒にマルチサーバーで遊びたい場合でも、問題なく快適に動作するでしょう。

『原神』プレイ時

そして最後に、激重ゲームとしても有名な『原神』をプレイしてみました。

『原神』はかなり重めのゲームアプリであり、下手なスマホ・タブレットでは起動すらできません。

『Xiaomi 12』では画質設定がデフォルトで "" に設定されており、カクつくこともなく快適に遊ぶことができていました。

▼画質設定を "最高" まで上げるとデバイス負荷が "非常に高い" となりますが、この状態でもフレームレート低下をほとんど感じることなく快適にプレイすることが可能でした

▼画質を "最高" に設定したときの様子。隅々まで美しいビジュアルで原神の世界を楽しめます!

▼激しく動き回った場合でも、気になるカクつきやフレームレート低下はほとんど生じませんでした。

最も重いゲームアプリの1つである『原神』がこれだけ快適に遊べるのであれば、大抵のゲームアプリは問題なく動作するでしょう。

以上の通り、ゲーミングに適したスマホを探している方にも、迷うことなくオススメできるモデルとなっています!

発熱がやや気になる

本製品を長時間利用していると、スマホ背面が徐々に熱を帯びてきます。

特にゲームアプリなど、端末に負荷をかける処理を数分行っているだけで、かなりの発熱がありました。

▼正直、心配になってくるほどの熱を帯びてきます。

高い処理性能の弊害だとは思いますが、発熱が続くとパフォーマンスにも顕著な影響が見られるようになってきます。

例えば原神を "中" 画質設定でプレイしたとき、30分ほどプレイし続けていると急激に本体が熱くなり、フレームレート低下や多少のカクつきが生じ始めます。

せっかくの高スペック構成であるにもかかわらず、処理熱でパフォーマンスが低下してしまうのは勿体ないと感じてしまいますね。

スタイリッシュなハイエンドモデル

【個人的な評価】

  • 性能:(☆5)
  • デザイン:(☆5)
  • 扱いやすさ:(☆5)
  • 価格(コスパ):(☆4.5)
  • 総合評価:(☆5)

今回紹介した『Xiaomi 12』について、特徴をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • スタイリッシュな外観
  • 比較的リーズナブルな価格
  • 大抵の作業を快適にこなせる性能の高さ
  • 優れたゲーミングパフォーマンス
  • 高品質スピーカー
  • 実用的なカメラ性能

悪かった点

  • 発熱が気になる

以上の通り、AnTuTuベンチマークテストで90万点超えのスコアを記録する一方で、約7万円前後という、ハイエンド機種の中では比較的リーズナブルな価格のモデルとなっています。

ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、高負荷ゲームアプリでも快適に動作することが確認できました。

Harman Kardonチューニングのスピーカーからは実に高音質なサウンドを楽しむことが出来ます。この価格帯のスマホの中ではトップクラスのサウンドではないでしょうか。

カメラ性能も優れており、接写・遠景撮影のほか、テレワークやオンライン授業といった用途にも問題なく活用できるレベルです。

一方で、長時間利用した際の筐体の発熱が気になりました。特に高負荷なゲームアプリをプレイする際は、パフォーマンスに顕著な影響もみられたため、リフレッシュレートを落とすなど負荷を減らす対策が必要でしょう。

何はともあれ、総合的に見ると高コストパフォーマンスなモデルであると言えます。

ハイエンドスマホを探している方であれば、選択肢の1つに入れても良いでしょう。

▼こちらの記事もオススメ!

『OPPO Find N』レビュー!折りたたみ式の高性能Androidスマホ | エントリーモデルとしてオススメ

続きを見る

『Xiaomi Pad 5』レビュー!格安ながらハイエンド機種に迫る性能の高コスパAndroidタブレット

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  • PCアクセサリ
  1. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥49,800
    新品最安値 :
    ¥49,800
  2. タブレット
  3. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥72,800
    新品最安値 :
    ¥72,800
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット・アクセサリ
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. 一体型
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. タワー
  10. タワー
  11. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥92,800
    新品最安値 :
    ¥92,800
  12. ミニ
  13. ミニ
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. タワー
  17. タワー
  18. タワー
  19. タワー
  20. タワー
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 2 in 1ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
  1. microSDカード
  2. microSDカード
  3. ライトニングケーブル
  4. microSDカード
  5. HDMIケーブル
  6. SDカード
  7. インクジェットインクカートリッジ
  8. USBケーブル
  9. ライトニングケーブル
  10. USBケーブル
  11. 変換アダプタ
    発売日 : 2015年04月16日
    価格 : ¥7,658
    新品最安値 :
    ¥7,658
  12. USBケーブル
  13. モニターアーム
  14. ライトニングケーブル
  15. インクジェットインクカートリッジ
  16. microSDカード
  17. microSDカード
  18. PCアクセサリ・サプライ
  19. ヘッドセット
  20. HDMIケーブル

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.