ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー タブレット

約2万円のコスパ抜群タブレット『Teclast M40』レビュー | ゲーミング性能から動画視聴まで確認

2020年12月14日

  • 動画視聴やゲーム用に、手ごろな価格で購入できるタブレットが欲しい!
  • でも性能が低すぎるのはイヤ...(´・ω・`)

最近では老若男女問わず、多くの方が "タブレット端末" を使う時代になりましたね!

▼スマホよりも大きな画面で各種メディアを楽しめるのがメリット。

仕事の書類データを確認したり、外出先で映画を観たり、様々な使い道があります。

特に若い人達のなかには、ゲーミング用端末として購入する方も多いのではないでしょうか?

しかし、タブレット端末の欠点として "値段が高い" ということが挙げられますよね。

▼最新機種の場合、一番下のモデルでも約5万円ほど必要になります。

Teclast M40 | Banggood

※Banggoodでの購入時に以下のクーポンコードを適用することで、通常約19,000円のところ、16,896円で購入することが出来ます!

割引クーポンコード:BGJPaec5

  • 4, 5万円もする高いタブレットなんて買えないよ!
  • でも価格をケチって変な性能の機種を買うのもイヤだし...

このように思って、なかなか良いタブレットを見つけられない方も多いと思います。

そこで今回は、約2万円という低価格ながら、ウェブブラウザ・ゲーム・動画視聴などいずれの機能においても十分に高いパフォーマンスを発揮するオススメの Android搭載タブレットTeclast M40』について、実際に使用した感想を元に紹介していきます!

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な一流ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

Antutuベンチマーク20万点超え!おすすめの高コスパタブレット

『Teclast M40』は UNISOC Tiger T618 CPU を搭載しています。

タブレットの性能を示すベンチマークスコア "AnTuTu" において約210,000のスコアを記録するなど、同価格帯のタブレットにおいてはトップクラスの性能を誇る製品となっています。

▼楽天でオトクに購入できる商品リンクはコチラ

【5%OFFクーポン】初発売 高コスパ 10.1インチ Android10.0 大画面 6GBRAM 128GBROM タブレット PC 本体 端末 wi-fiモデル 4G wifi 10インチ IPS タブレットpc パソコン android tablet アンドロイド Teclast M40 1年品質保証 即日発送

製品名称 Teclast M40
発売時期 2020年8月
メーカー希望価格 179.99 USD(約19,000円)
メーカー Teclast
画面サイズ 10.1 インチ
OS Android 10.0
パネル IPS
解像度 1920 × 1200
CPU UNISOC Tiger T618
GPU Mali-G52
メモリ 6 GB
ストレージ 128 GB(Micro SDカードスロット搭載)
サイズ(高さ×横幅×厚さ) 243 × 163 × 9.3 mm
本体重量 約531 g
本体カラー ブラック
カメラ 前面カメラ&背面カメラ(8MP)
防水・防塵 非対応
イヤホンジャック あり
バッテリー容量 6000 mAh・10 W(ワイヤレス充電非対応)
ポート USB Type-C
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0

上表のとおり、約2万円というリーズナブルな価格ながら、現行世代のミドル~ハイエンドタブレットにも決して引けを取らない端末となっています。

OSは Android(アンドロイド)を搭載しているため、Androidスマートフォンを使った経験のある方であればすぐに慣れることができるでしょう。

筐体自体も、10.1 インチの画面サイズに対して縦24.3cm・横16.3センチ・厚み0.93センチと、比較的コンパクトなデザインとなっています。

重さも たったの530グラム なため、10.1インチタブレットとしては優秀な部類と言えます。

▼前面と背面にそれぞれ8メガピクセルのカメラを搭載しており、写真撮影のみならずテレワークなどにも便利。

▼ポートタイプはUSB Type-Cに対応。イヤホンジャックも搭載しています。

Wi-Fi・Bluetoothなどの主要通信規格に対応しているほか、別売りのSIMカードを挿し込むことで、4G LTE通信も可能です。

対応通信規格

  • IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth V5.0
  • GSM:B2、B3、B5、B8
  • WCDMA:B1,B5,B8
  • LTE:B1、B3、B5、B7、B8、B20、B34、B38、B39、B40、B41

ドコモやソフトバンクなどの電波も良好につかむことができるでしょう。

そして何より、20万点超えのベンチマークスコアは驚異的!メモリも6GB搭載しているため、タブレットとしては十分な性能であると言えます。

スペック表だけを見ると、約2万円のタブレット端末としては非常に優秀な部類であると言えます

では実際に使用してみると、一体どのように感じるのでしょうか?

今回、提携先より本製品をご提供いただいたので、実際に使用した感想を元にレビューしていきたいと思います!

製品外観

まずは製品・付属品の外観について紹介していきます。

▼外箱の様子。

▼フタを開けると製品本体がすっぽり収まっている。

▼すべての同梱物を取り出した様子。

なお、ケーブル類が入っていた箱の上部には、SD・SIMカードスロットを開けるためのピンが付いています。

▼分かりづらいので、箱ごと処分しないように注意してくださいね!

同梱物一覧は以下の通り。

ポイント

  • タブレット本体
  • コンセントアダプタ
  • USB Type-Cケーブル
  • 開閉ピン
  • 説明書(日本語対応)
  • 保証カード
  • 製品カード

上述した通り本体の重量はたったの530グラムであるため、片手で軽々と摘まむことが出来る軽さです。

▼購入時点では前面・背面に保護シールが貼ってあります。

厚みは9.3ミリであり、iPad air ほど薄くはないにしろ、十分コンパクトで合格圏内でしょう。

下部には2つのスピーカー(デュアルスピーカー)が搭載。

▼前後に8メガピクセルのカメラを搭載。

▼左側面には電源ボタン、音量調整ボタン、リセット穴、USB Type-C端子が用意。

▼上部にはイヤホンジャックと、SDカード・SIMカードのスロットが用意されている。

なおカードスロットは、付属のピンを穴に差し込むことで開けることが出来ます。

本体ストレージは128GBと十分満足できる容量が用意されていますが、もしも足りないと感じた場合は、別途マイクロSDカードを購入すると良いでしょう!

電源ボタンを長押しすることで本体が起動します。

いくつかの本体設定を経た後、タブレットが使用可能になります。

▼もちろんインターフェースは 完全日本語対応 です!

他機種とのベンチマーク比較

以下に、タブレット機種ごとのベンチマーク比較表を紹介しておきます。

タブレット名 AnTuTuスコア 価格
ALLDOCUBE iPlay 40 約 250,000点 30,000円 前後
Teclast M40 約 200,000点 23,000円 前後
BMAX MaxPad I10 約 190,000点 17,000円 前後
VASTKING KingPad K10 約 159,000点 16,000円 前後
New Fire HD 10 Plus 約 155,000点 19,000円 前後
CHUWI Hipad Plus 約 144,000点 32,000円 前後
VUCATIMES N20 約 100,000点 18,000円 前後
Teclast P20HD 約 100,000点 15,000円 前後
VANKYO MatrixPad S30 約 100,000点 15,000円 前後

ぜひ参考にしてみてください!

実際に使用した様子・感想

それでは実際に使用した様子および感想について、簡単に紹介していきます!

※掲載している画像は、いずれも実機で撮影したスクリーンショットを使用しています。

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年7月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年7月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

使い慣れたAndroidのインターフェース

本機のOSにはAndroidが搭載されており、インターフェースも普段から見慣れたAndroidの画面となっています。

中華製タブレットですが、中身は他のAndroidタブレットと変わりないため安心して使用できます。

▼通常通りGoogle Playストアからアプリをインストールして使用可能。

ストレージは初期状態でシステムファイルに11GBを使用されており、実質的に使用できるのは117GB分となります。

1920 x 1200の高画質スクリーン、ただし彩度は低めな印象

『Teclast M40』は10.1インチ・1920×1200のスクリーンを採用しており、文字や映像の細かい部分まで鮮明に映し出されます

▼小さな文字もくっきりと見える。

▼動画サイトでも、滑らかでキレイな映像を楽しめる。

▼動きの激しい場面でも、遅延など気になる点は無かった。

ただし発色に関しては、iPadなどに比べると少し彩度が低めな印象を受けました。

▼十分にキレイだけど、ちょっぴり色合いが抑えられているように感じた

かと言ってそこまで気にするレベルではなく、動画視聴目的で購入した方でも、十分に満足できるクオリティであると思います。

音質に関しては "可もなく不可もなく" といった感じ

上述した通り『Teclast M40』は下部にデュアルスピーカーを搭載しています。

動画サイトやSpotifyなどでいくつかの音楽を聴いてみましたが、音声に関してはそこそこ(及第点)といった感じ

動画中のヒトの声や効果音などはクリアで問題なく聞こえます。音楽に関してもボーカルや高音はくっきりと聞こえてくるため、音の聞き取りでストレスを感じることは無いでしょう

一方、低音に関しては潰れてしまっていてほとんど響きません。あくまでタブレットなので仕方がないと言えばそうなのですが、EDMの視聴や激しい爆発シーンを含む映画などでは、少し迫力に欠けるかもしれません。

とはいえ、同価格帯のタブレットの中では、間違いなく高い水準であるとは思います。

ゲーミングに関しては満足度の高い体験が可能

そして肝心の ゲーミング(ゲームプレイ)性能 について確認してみました!

まずは人気FPSアプリの『コースオブデューティーモバイル』でプレイ。

グラフィック品質は『標準』で、何試合かプレイしてみました。

激しい銃撃戦の合間でも目に見えるフレームレートの低下は起こらず、一貫して安定したゲームプレイが可能でした

▼実際のプレイ中のスクリーンショット

上述した通り、動画などと同様に発色(彩度)が低く感じられましたが、ゲーミングに関してはそこまで気になる点でもないでしょう。

続いて『PUBG』もプレイしてみることに。

グラフィッククオリティは『HD』までを選択することができました。その他、フレーム設定『高』、演出を『MOVIE』でプレイしてみることに。

こちらも数時間程度プレイしてみましたが、『PUBG』の場合も、一貫して安定したフレームレートで遊ぶことが出来ました

▼プレイ中は若干のジャギが目立つものの、HD設定における光や影の表現は見事なクオリティ。

問題の発熱に関しては、1時間ほどプレイし続けてもそこまで熱く感じることはありませんでした。ほんのり温かく感じるかな?程度だったので、集中して長時間プレイし続けられると思います。

そのほかにもマイクラ(Minecraft PE)でいくつかアドオンを導入した場合も試しましたが、問題なくヌルヌルと動かすことが出来ました。

実際に試してはいませんが、本機のスペックであればグラフィックを向上させる "影MOD" を導入した場合でも動作するでしょう。

iOS版マイクラPE 影MOD 導入方法
【マイクラPE】誰でもできる!無料で影MODを導入する方法を分かりやすく紹介(iOS版)

当サイトでは以前より、Minecraft(マインクラフト)に関するMODやリソースパック、影MODなどの様々な情報を記事にして紹介してきました。 そこで最近、当サイトを見ていただいている方々から『スマ ...

続きを見る

▼ほかのレビュアーのなかには、オープンワールドRPG『原神』をプレイした様子を紹介している方もいました。

結果として、現時点で配信されているゲームアプリに関しては、いずれも一定(標準)以上のクオリティで快適に動作することが確認できました

ゲーミング目的でタブレットを探している方にも、オススメできる機種であると言えます。

カメラ性能はそこそこ

最後に搭載されているカメラの性能について確認してみました。

感想としては、単純に映像記録用として使用するには十分ですが、本格的な風景撮影などには向かないだろう、といったところです。

いちおう1920×1200の解像度に対応しているため、純粋な映像記録用途としては問題なく使用できるでしょう

しかし画質はお世辞にも良いとは言えないため、ハイエンドスマートフォン機種のような超高画質を期待しない方がいいです

指紋防止フィルムの購入を強く推奨

あとは個人的な意見ですが、指紋防止効果のある保護フィルムの購入を強くオススメします

本機種に限ったことではありませんが、タブレットの画面は非常に指紋が目立ちます。

▼特にゲームなどをプレイする場合は、終了後は指紋だらけになっています(´・ω・`)

指紋や汚れが気にならない方は大丈夫だとは思いますが、私はとても気になる方なので、以下の保護フィルムを購入しました。

画面の映り込み防止機能も兼ね備えているため、『Teclast M40』をより快適に使いたい方にはオススメのフィルムです!

コスパ抜群!価格に対して満足度の高いタブレット『Teclast M40』

今回紹介した『Teclast M40』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • 約2万円の非常にリーズナブルな価格
  • コンパクト&軽量なデザイン
  • AnTuTuスコア20万超えの高性能スペック
  • くっきりと見える1920 x 1200の高画質スクリーン
  • 安定して満足度の高いゲーミングが可能

悪かった点

  • 彩度が若干低い気がする
  • カメラの品質はイマイチ
  • (指紋が非常に目立つ ⇒ 保護フィルムの購入を推奨)

結論としては、約2万円という価格帯で現在入手可能なタブレットの中では、かなりオススメ度の高い機種であると言えます。

6GBのメモリと128GBの本体ストレージを搭載しており、ゲームアプリを複数インストールして遊んだり、たくさんの動画データを保存して鑑賞するなど、エンターテインメント用途として問題なく機能します。

わけのわからないOSではなく正規のAndroidを搭載しているため、安心して使用できる点もGOOD!

低価格・高機能の両点を満たすタブレットを探している方には、ぜひオススメしたい一品です!

▼楽天でオトクに購入できる商品リンクはコチラ

【5%OFFクーポン】初発売 高コスパ 10.1インチ Android10.0 大画面 6GBRAM 128GBROM タブレット PC 本体 端末 wi-fiモデル 4G wifi 10インチ IPS タブレットpc パソコン android tablet アンドロイド Teclast M40 1年品質保証 即日発送

Teclast M40 | Banggood

※Banggoodでの購入時に以下のクーポンコードを適用することで、通常約19,000円のところ、16,896円で購入することが出来ます!

割引クーポンコード:BGJPaec5

▼こちらの記事もオススメ!

厚さ約4ミリ!壁掛け・持ち運びも可能な15.6インチ『モバイルモニター』

どこでも好きな場所に持っていけるモニターが欲しい! 壁掛けで設置できるくらいの軽量ディスプレイが欲しい! 上記のように考えて、持ち運び可能な『モバイルディスプレイ』(モバイルモニター)を探している方は ...

続きを見る

GeForce Nowとは?スマホやタブレットで高画質PCゲームをプレイ可能!(登録受付中)

世界的な大手半導体メーカーの Nvidia(エヌヴィディア)と Softbank(ソフトバンク) が提携して開発する『GeForce NOW』(ジーフォース ナウ)と呼ばれるサービスが、2020年6月 ...

続きを見る

この記事をシェアする

PlayStation 5 ディスク・エディション(CFI-1000A01)
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000A01)

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, タブレット
-, , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.