ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『New Fire HD 10』レビュー!抜群のコスパを発揮するAmazonタブレット

2021年7月28日

最近ではリモートワークやウェブ会議、オンライン授業などの形態が一般化しつつありますね!

それに伴い、場所を選ばずに軽作業が出来る『タブレット端末』の需要が一気に高まっています。

しかし初めてタブレット端末を購入する方の中には、製品が多すぎてどのモデルを選べば良いのか分からない!という方も多いのではないでしょうか?

  • 出来るだけコスト(購入価格)を抑えたい
  • だけど性能が低すぎるのはイヤ(実用的な性能が欲しい)

このように考えている方々に、今回オススメしたいのがNew Fire HD 10です!

▼2021年発売の第11世代モデル

製品名 Fire HD 10
世代 第11世代(2021年発売)
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920×1200(フルHD)
OS Fire OS
CPU 2.0GHz オクタコアプロセッサー
RAM 3GB
ストレージ 32GB/64GB
バッテリー持続時間 最大12時間
通信規格 Bluetooth, Wi-Fi対応
マイクロSDカード 対応
SIMカード 非対応
カメラ 前面:2メガピクセル
背面:5メガピクセル
本体サイズ 247 x 166 x 9.2mm
本体重量 約465グラム

『New Fire HD 10』は、アマゾン(Amazon)が開発・販売する10.1インチタブレットです。

ディスプレイは フルHD(1920×1200)解像度 に対応しており、綺麗で色鮮やかな映像を楽しむことが出来ます。

CPUにはオクタコアプロセッサーを採用しており、RAM(メモリ)は3GBを搭載。ストレージは32GB・64GBの2種類のモデルが販売されています。

ストレージ容量に不満のある場合は、別売りのマイクロSDカードを挿入することで、ストレージ容量を拡張することも可能です。

OSにはFire OSを採用しており、Androidタブレットに近い感覚で操作することが出来ます。

また、Amazon製のタブレットということもあって人工知能(AI)の『アレクサ(Alexa)』に対応しており、声で呼びかけることで様々な情報を表示してくれます。

そして何より、本製品は別売りの『キーボード付きケース』を装着することで、ノートPCのような使い方が出来るのです!

▼キーボード付きケースを接続することで、普通のノートPCと同じ感覚で文字入力(タイピング)することが可能となるため、利用の幅が一気に広がります。

▼FireタブレットをノートPCのように使用できる!

約16,000円のタブレットとしては、非常に構成が充実した機種となっています。

何よりAmazonブランドの製品ということもあって、安心感があります。

個人的に、本製品の真価を発揮させたいのであれば、キーボード付きケースも一緒に購入することを強くオススメします。

今回、提携先より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を元に良かった点・悪かった点などをレビューしていきます!

▼上位機種である『New Fire HD 10 Plus』のレビュー記事はコチラ!

『New Fire HD 10 Plus』レビュー!仕事からゲームにまで使える高コスパタブレット

新型コロナウイルスの影響により、最近では自宅から仕事を行う『リモートワーク』や、授業などの講義をオンライン上で受ける『オンライン授業』などが一般的になりつつありますよね。 そこで今、需要が高まりつつあ ...

続きを見る

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧

  • タブレット本体
  • 説明書一式
  • USB Type-Cケーブル
  • 充電用アダプター

▼説明書は日本語にも対応しています。

タブレット本体の外観

▼タブレット正面。10.1インチディスプレイを搭載したシンプルな見た目。

▼裏面。Amazonロゴが印字されています。

▼本体重量は約465グラムと、10.1インチタブレットの中では非常に軽い部類です。

▼厚みは約9.2ミリ。カバンなどに入れて持ち運んでも支障になりません。

▼正面中央には2メガピクセルのカメラを内蔵。ウェブ会議やオンライン授業などに活用できます。

▼背面には5メガピクセルのカメラを内蔵。

▼本体右側面には主要なポート・ボタン類が集約されています。

▼『3.5mmオーディオポート』『USB Type-Cポート』およびマイク穴が用意。

▼リセット穴や『電源ボタン』『音量調節ボタン』が用意。

▼本体上部には2機のスピーカー(デュアルスピーカー)が内蔵。

▼本体左側面には、マイクロSDカードを挿入できるカードスロットが用意されています。

本体ストレージ容量はお世辞にも多いとは言えない(32GB/64GB)ため、必要に応じて別売りのマイクロSDカードを購入しましょう!

以上の通り、一般的なタブレットと大差ない構成となっています。

見た目・サイズ的には上位機種である『New Fire HD 10 Plus』と全く同じです。

本体重量自体は他のタブレットと比べてもかなり軽いため、長時間持ち続けても疲れにくくなっています。

キーボード付きケース

本製品は『キーボード付きケース』を装着することで、タブレットPCとしての真価を発揮します。

▼『キーボード付きケース』外箱の様子

▼ケースを開くと、下画像のようにノートPCのような形態になります。

▼110~120度ほどの角度まで開くことが可能。

▼キーボードは日本語配列ではないため、慣れるまで少しかかるかもしれません。あとタッチパッドが無い点も残念。

▼ただ、Shiftキー + スペース押しで日本語/英語切替が可能です。

▼各キーには以下の機能が割り振られています。使いこなせば、かなりスピーディに各作業を行うことが出来るでしょう。

▼ケース右側面には『電源ボタン』および充電用の『USB Type-Cポート』が用意。

ちなみに本キーボード付きケースは、Bluetooth接続タイプとなっています。

▼実際にFire タブレットを装着した様子。

もはやノートPCにしか見えませんね!( ゚∀゚)

▼キーボード付きケースを装着することでディスプレイ部が守られるため、持ち運びの際にも便利です。

▼閉じたときの厚みは若干増しますが、それでも持ち運びに支障をきたさないレベルです。

▼キーボード付きケースを装着しても、手のひらに乗るコンパクトさ!

▼ケースを着けたままでも、縦持ちで使用できないこともありません。邪魔な場合は、キーボード部分のみを切り離すことも可能です。

AnTuTuベンチマークスコア結果

『New Fire HD 10』の AnTuTuベンチマークスコア を計測してみました。

AnTuTuベンチマークとは?

スマートフォンやタブレットなどのデバイスの性能を測るための、標準的なベンチマークのこと。

結果は 約15.4万点 でした!

約16,000円で購入可能なタブレットとしては、非常に高いスコアが出ました!

同価格帯のタブレットの中には10万点ほどしかでない機種も多々あるので、それらと比べると圧倒的にコスパが高いと言えます。

ウェブサイトの閲覧や動画視聴はもちろんのこと、軽~中程度のゲームアプリであれば快適に遊ぶことが出来るでしょう!

なお、上位機種である『New Fire HD 10 Plus』のスコアは約15.5万点でした。体感的にはパフォーマンスにそこまで差は感じないかもしれません。

他機種とのベンチマーク比較

以下に、最新スマホ・タブレットの機種別ベンチマーク比較表を紹介します。

【最新スマホ&タブレット 性能ランキング】

種別 機種名 AnTuTuスコア 価格
スマホ moto edge X30 約 993,000点 6万円前後
スマホ Xiaomi 12 約 943,000点 7万円前後
スマホ Redmi K50 Gaming Edition 約 852,000点 7万円前後
スマホ OPPO Find N 約 837,000点 14万円前後
タブ Lenovo Xiaoxin Pad Pro 2021 約 720,000点 5万円 前後
スマホ POCO X3 GT 約 600,000点 4万円 前後
タブ Xiaomi Pad 5 約 570,000点 4万円 前後
スマホ POCO M4 Pro 約 350,000点 3万円 前後
スマホ Xiaomi Redmi Note 10 Pro 約 330,000点 3万円 前後
タブ Blackview Tab 13 約 257,000点 3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 約 250,000点 3万円 前後
タブ Teclast T40 Pro 約 244,000点 2.7万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 Pro 約 244,000点 3.3万円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40H 約 240,000点 2.6万円 前後
スマホ moto g50 5G 約 238,000点 2.3万円 前後
タブ Teclast T40 Plus 約 234,000点 3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I11 約 216,000点 3万円 前後
タブ Teclast M40 約 200,000点 2.3万円 前後
タブ BMAX MaxPad I10 約 190,000点 1.7万円 前後
タブ TECLAST M40SE 約 188000点 1.8万円 前後
タブ VASTKING KingPad K10 約 159,000点 1.6万円 前後
タブ New Fire HD 10 Plus 約 155,000点 1.9万円 前後

ぜひ参考にしてみてください!

実際に使用した感想

それでは、『New Fire HD 10』を実際に使用した感想について紹介していきます。

満足度の高いフルHD解像度ディスプレイ

本製品のディスプレイは1920×1200のフルHD解像度に対応しており、実際に見ても、十分に綺麗で色鮮やかな映像を楽しむことが出来ます。

▼インターフェースの操作性はAndroidの感覚に近いです。

▼色の濃淡が良く表現されているため、映画などを見ていても臨場感が感じられます。

▼ウェブサイトなどを閲覧した際にも、細かい文字までが明瞭に表示されるため、実に見やすいです。

発色も良好であり、全体的に鮮やかに描画されます。

流石に4K画質と比べると劣ってしまいますが、1万円台のタブレットとしてはかなり満足度の高い映像を楽しめると思います!

一般的なタブレット用途は快適

一般的なタブレット用途におけるパフォーマンスを確認してみました。

まずはウェブサイト閲覧(ウェブブラウジング)について。

様々なサイトを閲覧してみましたが、いずれの場合においても、スムーズかつストレスなく閲覧することが出来ました。

▼画像多めのサイトでもスピーディに読み込まれます。

ページスクロール時にカクついたり、読込遅延が発生することもありませんでした。

通信環境にも左右されますが、一般的なウェブサイトであれば問題なくスムーズに閲覧することが出来るでしょう。

続いて、YouTubeやアマゾンプライムビデオにて動画を視聴してみました。

アニメから実写映画、ゲームPVまで様々な映像を再生しましたが、いずれの場合においても、スムーズかつ高画質な映像を視聴することが出来ました。

画質を "最高設定" まで上げた場合でも、再生中にカクついたり停止することはありませんでした。

ウェブサイト閲覧や動画視聴目的でタブレットを購入した場合でも、満足度の高い体験が可能です!

作業用ソフトも快適動作

また、Microsoft Officeの各ソフトも利用してみました。

▼Excel(エクセル)を使用した場合。文字入力から表計算に至るまで、デスクトップPCの場合と同様、快適に動作しました。

▼PowerPoint(パワーポイント)でプレゼン用の資料を作ることも十分可能です。

▼キーボード付きケースさえあれば、Word(ワード)で長文を入力する作業もラクに行うことが出来ます。

各種Officeソフトを利用した場合でも、通常のノートPCなどと変わりない快適な動作が可能でした。

外出先でちょっとした作業を行いたい場合にも重宝すると思います!

クリアで高品質なサウンド

本製品は上部に2基のスピーカー(デュアルスピーカー)を内蔵しています。

実際に音楽を再生してみたところ、予想以上にクリアなサウンドを楽しむことが出来ました。

確かに音に立体感はなく、低音の響きも弱いです。

しかし中~高音域に関しては明瞭に響き渡っており、映画のセリフからボーカル音声まで、かなりクリアに聴きとることが可能です。

同価格帯のタブレットの中でも、最も優れたレベルの音質を実現できていると思います。

ビデオ通話から風景撮影まで活躍できるカメラ性能

カメラ性能についても確認してみました。

まずはフロント(前面)カメラについて。

▼実際にフロントカメラで撮影した様子。

上画像を見ても分かる通り、解像度が高く、色温度も自然なため、ウェブ会議やオンライン授業用に使用するには十分な性能であると言えます。

続いてリア(背面)カメラについて。

▼遠景を撮影した様子。

▼近景を撮影した様子。

遠景・近景の両方を撮影してみましたが、いずれの場合においても、比較的キレイな写真を撮影することが出来ました。

リモートワークやオンライン授業用、そして純粋に風景撮影用としても十分に実用性の高いカメラ性能となっています。

ゲームプレイ時のパフォーマンス

そして最後に、ゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンス(ゲーミングパフォーマンス)についても確認してみました。

『荒野行動』プレイ時

まずは人気バトルロワイヤルゲームである『荒野行動』をプレイした場合について。

▼画質レベルは『HD』まで選択可能。

▼実際に試合にも参加してみました。

走ったり・拾ったりといった基本アクションはもちろんのこと、射撃や車両の運転まで、基本的に全ての動作をスムーズに行うことが出来ました。

HD画質で描画されるグラフィックも綺麗であり、遠景から遠くの敵の姿などもクリアに描画されます。

ただし、車などの車両で高速移動した場合は、若干のカクつきが感じられました。

ゲームプレイ自体に支障をきたすレベルではありませんが、どうしても気になる場合は、画質設定を落とすことをオススメします。

『マインクラフト』プレイ時

続いて統合版『マインクラフト(Minecraft)』をプレイした場合について。

マイクラの場合も、実際にワールドを作成して参加してみましたが、問題なくスムーズに操作することが可能でした。

▼チャック読み込みもスムーズに行われます。

▼数時間ほど遊んでみましたが、非常に快適にクラフター生活を堪能できました。

以上のように、『荒野行動』や『マインクラフト』レベルのゲームアプリであれば、問題なく快適に遊ぶことが可能です。

少なくとも、Amazonの公式アプリストアで配信されているタイトルであれば、動作に問題はないものと思われます。

アプリの種類が制限されている

『New Fire HD 10』を使用していて個人的に不満に感じることは、アプリストアにおけるバリエーションの少なさです。

▼Amazonアプリストア

Fireタブレットシリーズは各種アプリをAmazonのアプリストアから購入(ダウンロード)するのですが、そもそものアプリストアに並んでいるラインナップが、『Appストア』や『Google Playストア』に比べて少ないです。

例えば現時点(本記事執筆時点)において『ネットフリックス』や『LINE』、『PUBG』や『原神』といった人気アプリが、Amazonアプリストアにはありません。

普段からスマホや他タブレットで使用しているアプリが、Fireタブレットにおいては使えないことが多々あるので、個人的にはもっとバリエーションを充実させてほしいところです。

キーボードのタイピングには慣れが必要

タブレット本体のレビューとは異なりますが、キーボード付きケースのタイピングには多少の慣れが必要です

そもそものキー配置が日本語配列とは異なるため、普段の感覚で使用すると、タイプミスを連発します。

また、1つ1つのキーが結構小さめなので、指が大きい方は慣れるまでタイピングしづらいでしょう。

あと『Enterキー』が小さいです。個人的には右側のShiftキーを潰して、その分Enterキーを大きめにしてくれると助かります。

非常に実用性が高い!高コスパのおすすめタブレット

【個人的な評価】

  • 性能:(☆3.5)
  • デザイン:(☆4)
  • 扱いやすさ:(☆4)
  • 価格(コスパ):(☆5)
  • 総合評価:(☆4.5)

今回紹介した『New Fire HD 10』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • リーズナブルな価格
  • 軽量かつコンパクトな筐体デザイン
  • 実用性の高い性能(スペック)
  • 高品質なカメラ性能
  • 高音質スピーカー
  • ゲームアプリも快適に遊べる

悪かった点

  • Amazonストアのアプリバリエーションが少ない
  • キーボード付きケースにタッチパッドが非搭載
  • キーボードが少々タイプしづらい(慣れが必要)

以上の通り、約16,000円のタブレットとしては、かなり充実した性能を誇る10.1インチタブレットとなっています。

ウェブサイトの閲覧から動画視聴、各種アプリを用いた作業はもちろんのこと、ゲームアプリも快適に動作します。

また、専用のキーボード付きケースを購入することで、作業効率をさらに高めることが出来ます。

基本性能はもちろん、カメラ・スピーカーなどの品質も、同価格帯の他タブレットと比べても実に優れていると感じました。

あと上では述べていませんが、AI音声機能である『アレクサ(Alexa)』が搭載されている点が、かなり便利に感じました。

▼天気などを聞くと、充実した情報をタブレット上に表示してくれます。

総合的に見ても、かなりコストパフォーマンスに優れた製品であると言えます。

ちなみに、上位機種である『New Fire HD 10 Plus』との性能の差はそこまで実感できなかったため、できるだけ購入価格を抑えたいのであれば、本製品(New Fire HD 10)の方がオススメです。

仕事や学業用、または外出先でちょっとした作業を行いたい方には、非常にオススメ度の高いタブレットです!

▼こちらの記事もオススメ!

『New Fire HD 10 Plus』レビュー!仕事からゲームにまで使える高コスパタブレット

新型コロナウイルスの影響により、最近では自宅から仕事を行う『リモートワーク』や、授業などの講義をオンライン上で受ける『オンライン授業』などが一般的になりつつありますよね。 そこで今、需要が高まりつつあ ...

続きを見る

『CHUWI Hi10 Go』レビュー!Win10搭載タブレットPCでオールマイティに活躍

新型コロナウイルスの影響や働き方改革により、最近では決められたオフィスで仕事をするのではなく、ワーケーションなどで旅行先から仕事を行う人々が増えてきましたね! 出先で作業を行うために必要なガジェットと ...

続きを見る

この記事をシェアする

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.