ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー スマホ・タブレット

『realme GT Master Edition』レビュー!激重ゲームも快適に遊べる高コスパなスマートフォン

  • 原神やウマ娘などのゲームアプリを快適に遊べるスマホが欲しい!
  • ウェブサイト閲覧から動画視聴まで、幅広い用途に活用できる高性能モデルが欲しい!
  • ただし値段が高すぎるのはイヤ...

上記のような考えで、スマートフォンを探している方も多いのではないだろうか。

最近はiPhoneやGalaxyなど、ハイスペックスマホの最新機種が次々とリリースされている。いずれも性能が高く、ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、ゲーミングまで快適なパフォーマンスを発揮します。

一方で、ハイエンド機種は往々にして価格が高く、10万円を超えるモデルが多いため、中々手を出しづらいと感じている方も多いと思いのではないでしょうか?

そこで今回は、4万円前後というリーズナブルな価格に対して、ハイエンドモデル似負けず劣らずの高い性能を発揮するrealme GT Master Editionについて紹介したいと思います!

ブランド Realme
型名 GT Master Edition
ディスプレイサイズ 6.43インチ
解像度 2400×1080 FHD+
リフレッシュレート 最大120Hz
OS Android 11
CPU Snapdragon 778G オクタコアプロセッサー, 2.4GHz
RAM(メモリ) 6GB / 8GB
ストレージ 128GB / 256GB
通信規格 Wi-Fi, Bluetooth, GPS
SIMカード 対応
マイクロSDカード 対応(最大256GBまで)
内蔵カメラ フロントカメラ:32MP
リアカメラ:64MP+8MP+2MP
本体サイズ 159.2×73.5×8.0 mm
本体重量 約174g

今回紹介する『realme GT Master Edition』は、Android11を搭載した、4万円前後のリーズナブルなスマートフォンです。

CPUには "Snapdragon 778G オクタコアプロセッサー" を採用しており、RAMは6GB/8GBの2つのモデルが用意。大抵の作業を快適にこなすことのできるスペック構成となっています。

ディスプレイサイズは6.43インチ、解像度は 2400×1080(FHD+)に対応しているほか、リフレッシュレートは最大120Hzに対応。非常に美しくなめらかな映像を楽しむことが可能です。

ストレージは128GB/256GBの2つのモデルが用意。多くのデータやアプリなどをインストールできる大容量ストレージとなっていますが、もし不足に感じる場合は、マイクロSDカードを挿入することで最大256GBの増設が可能となっています。

通信規格はWi-Fi, Bluetooth, GPSに加えて、SIMカードを挿入することでLTE回線を利用した通信もできます。

そして前面には32メガピクセルのフロントカメラ、背面には64メガピクセル+8メガピクセル+2メガピクセルのリアカメラを内蔵。高解像度カメラで美しい映像を撮影することも可能です。

以上の通り、あらゆる用途に活用できる、高い性能を要する高コスパスマートフォンとなっています。

今回、提携先より 8GB RAM・256GB ストレージ モデルを提供して頂いたので、実際に使用した感想を元に、良かった点・悪かった点などをレビューしていきます!

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な金属製ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子。

▼スマホ本体および付属品一式がすっぽり収まっている。

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧

  • スマートフォン本体
  • 専用ケース
  • 説明書
  • USB Type-Cケーブル
  • 電源アダプター
  • カードスロット開閉用ピン

スマホ本体の外観

▼スマホ本体。縦159.2mm、横73.5mmであり、iPhone XRよりやや大きめのサイズです。

▼iPhone XR(右)と並べた様子。

▼正面左上には、32メガピクセルのフロントカメラが内蔵。

▼背面の様子。指紋などの汚れが付着しづらく、滑り落ちづらい素材で作られています。

▼背面左上には、64メガピクセル+8メガピクセル+2メガピクセルのリアカメラを内蔵。

▼本体重量は約174gと軽く、持ち歩きにも適しています。

▼筐体素材的にそこまでの高級感はありませんが、しっかりとした頑丈な造りです。

▼厚みは約8ミリほど。ズボンのポケットなどに入れても支障はありません。

搭載インターフェース

続いて、スマホのインターフェースについて紹介していきます。

▼右側面には『電源ボタン』が用意。

▼本体下部には『USB Type-Cポート』と『3.5mmオーディオポート』、そしてスピーカーが搭載。

▼本体上部の様子。

▼そして左側面には『カードスロット』および『音量調節ボタン』が用意。

▼付属のピンを用いることでカードスロットを開き、SIMカードやマイクロSDカードを挿入することが可能となります。

このように、インターフェース自体はオーソドックスな構成となっています。個人的に、3.5mmオーディオポートが用意されている点は嬉しいですね。

専用ケースが付属

なお、本製品には専用のケースが付属しています。

▼ケースを装着した様子

付属ケースの品質は正直あまり良いものではなく、最低限の品質となっています。

▼付属ケースを装着すると、Type-Cポートにケーブルを挿入しづらくなってしまいます(´・ω・`)

自身で好みのケースを購入するまでのあいだ、応急的に利用すると良いでしょう。

AnTuTuベンチマークスコア結果

『realme GT Master Edition』の AnTuTuベンチマークスコア を計測してみました。

AnTuTuベンチマークとは?

スマートフォンやタブレットなどのデバイスの性能を測るための、標準的なベンチマークのこと。

結果は 約53.8万点 でした!

v9.1.3のAnTuTuベンチマークテストにおいて、約54万点を記録しました!

ウェブサイトの閲覧から動画視聴にいたるまで、大抵の作業を快適にこなすことのできる高スコアです。これほどのスコアであれば、原神などの激重ゲームもスムーズに動作するでしょう。

この価格帯でこれだけのスコアを記録するモデルは多くありません。しかし、以前紹介した『POCO X3 GT』は、同価格帯で約60万点を記録しています。

ベンチマークスコアの観点から見ると、コスパ的には『POCO X3 GT』の方が優れていると言えるかもしれません。

▼『POCO X3 GT』のレビュー記事はこちら

『POCO X3 GT』レビュー!原神を高画質設定で快適に遊べるAnTuTu約60万点の高性能スマホ

『原神』や『マインクラフト』『ウマ娘』など、最近ではスマートフォンでゲームを遊ぶのが、もはや主流になりつつありますね! ゲームアプリによっては、家庭用ゲーム機のタイトルに負けず劣らずのクオリティとボリ ...

続きを見る

他機種とのベンチマーク比較

以下に、スマホ・タブレットの機種別ベンチマーク比較表を紹介しておきます。

【2020 ~ 2021年発売の最新機種一覧】

種別 機種名 AnTuTuスコア 価格
スマホ POCO X3 GT 約 600,000点 40,000円 前後
スマホ Xiaomi Redmi Note 10 Pro 約 330,000点 30,000円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 約 250,000点 30,000円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40 Pro 約 244,000点 33,000円 前後
タブ ALLDOCUBE iPlay40H 約 240,000点 26,000円 前後
タブ Teclast T40 Plus 約 234,000点 30,000円 前後
タブ BMAX MaxPad I11 約 216,000点 30,000円 前後
タブ Teclast M40 約 200,000点 23,000円 前後
タブ BMAX MaxPad I10 約 190,000点 17,000円 前後
タブ TECLAST M40SE 約 188000点 18,000円 前後
タブ VASTKING KingPad K10 Pro 約 160,000点 25,000円 前後
タブ VASTKING KingPad K10 約 159,000点 16,000円 前後
タブ New Fire HD 10 Plus 約 155,000点 19,000円 前後
タブ ALLDOCUBE Kpad 約 154,000点 18,000円 前後
タブ New Fire HD 10 約 154,000点 16,000円 前後
タブ CHUWI Hipad Plus 約 144,000点 32,000円 前後
タブ VASTKING Kingpad SA10 約 110,000点 15,000円 前後
タブ VANKYO 2-in-1 P31 約 110,000点 20,000円 前後
タブ VUCATIMES N20 約 100,000点 18,000円 前後
タブ Teclast P20HD 約 100,000点 15,000円 前後
タブ VANKYO MatrixPad S30 約 100,000点 15,000円 前後

ぜひ機種選びの参考にしてみてください!

実際に使用した感想

それでは、実際に『realme GT Master Edition』を使用した感想について紹介していきます。

美しくなめらかな2K解像度・120Hz対応ディスプレイ

本製品を起動してまず目につくのが、2K解像度に対応した映像の美しさです。

細かな文字まで鮮明に描画されるため、ウェブサイト閲覧時に小さな文字までとても見やすいです!

▼発色も良好であり、映像視聴時やゲーミングの際も、満足度の高い体験が可能。

また、設定より120Hz高リフレッシュレートモードに切り替えることで、描画がとても滑らかになります。

賞品電力が上がるぶん、ゲームプレイ時などの快適さがかなり向上します。ゲーミング目的で本製品を購入する場合は、ぜひ120Hzモードへの切り替えをオススメします!

ほとんどの作業をスムーズに行うことが可能

ウェブサイト閲覧から動画視聴など、一般的なスマホ用途に利用した際のパフォーマンスを確認してみました。

まず、複数のウェブサイトを閲覧してみましたが、いずれの場合もスムーズかつ迅速にページが表示されました。

▼画像多めのサイトでもスピーディーに読み込まれます。

▼画像やスクリプト読込の多いサイトでも、カクつきや読込遅延などは見受けられませんでした。

安定してストレスのないウェブブラウジングを楽しむことが出来ました。

続いて、YouTubeやネットフリックスなどで、動画を視聴してみました。

この場合も、快適に動画を視聴することが出来ました。

▼再生中に動画がストップしたり、ラグったりすることもなく、安定した再生が可能。

▼映像品質を "最高" に設定した場合でも、スムーズに再生されます。

▼上述した通り発色が良いため、映画やアニメに至るまで、満足度の高い視聴体験が可能でした!

このように、ウェブサイト閲覧や動画視聴など、大抵の動作を快適にこなせるだけの性能を擁しています。

趣味用からビジネス用としてまで、幅広い用途で活躍することが出来るでしょう。

サウンド品質は及第点

音楽などを再生してスピーカー音質を確認してみました。

中~高音域に関してはクリアに響き渡ります。普通に音楽や映像を視聴するぶんには問題のない品質であると言えます。

一方で、低音に関してはほとんど潰れてしまっており、音圧も弱いため、EDMなどの低音を響かせる系ミュージックや、映画の盛り上がる爆発シーンなどでは迫力が半減してしまいます。

もしも迫力のある高音質サウンドを楽しみたいのであれば、イヤホンや外付けスピーカーの利用をオススメします。

フロント・リアともに実用性の高いカメラ

前後のカメラ性能について確認してみました。

まずは前面(フロント)カメラについて。

▼実際に撮影した画像

上画像を見ても分かる通り、画質がクリアで色合いも良く、スマホを激しく振っても目立った残像などは見られませんでした。

背景の様子まで鮮明に映し出すことができており、色合いも肉眼で見た場合に近い印象です。

自撮り以外にも、リモートワークやオンライン授業時などの用途にも利用できるカメラ品質となっています。

続いて、背面(リア)カメラについて。

▼実際に撮影した画像(遠景)

▼実際に撮影した画像(近景)

上画像を見ても分かる通り、遠景から近景まで非常に綺麗な写真を撮影することが出来ました。こちらも、肉眼で見た場合とほぼ同様の自然な色合いを表現できています。

旅行時の風景撮影や、記念日などにおける撮影用のメインカメラとしても十分活躍できるレベルだと思います。

激重ゲームアプリもスムーズに動作

最後に、ゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンスを確認してみました。

ちなみに本製品はRealmeが提供する "ゲームスペース" 機能に対応しており、登録したゲームアプリの動作を最適化することが出来ます。

▼操作性や処理能力の最適化を行うことで、ゲームプレイ時のパフォーマンスを向上させることが可能です。

▼ワンタッチでゲーミングパフォーマンスを調節!

このように、ゲーミングを前提とする機能が用意されたスマホとなっています。

今回のレビュー時には、ゲーミングパフォーマンスを最適化したうえで、動作の検証を行っています。

『PUBG』プレイ時

まずはオンラインバトルロワイヤルゲーム『PUBG』プレイ時について。

▼グラフィック品質は "HDR" まで、フレーム設定は "ウルトラ" まで選択可能でした。

実際にいくつか試合に参加してみましたが、プレイヤーの密集する場所などでもカクつきを感じることはなく、全体的に快適なゲームプレイが可能でした!

▼遠景まで鮮明に描画されます。

▼草木から建物などのテクスチャに至るまで美しいです。

▼光や影の表現もキレイ!

120Hz高リフレッシュレートのおかげで、素早く動いたり視点移動を行った場合にもラグや酔いを感じることも無く、いたって快適なゲームプレイが可能でした。ミドルスペックのPCでプレイした時と同程度のクオリティで『PUBG』を楽しむことが出来ます。

『マインクラフト』プレイ時

続いて『マインクラフト(統合版)』(旧マイクラPE)プレイ時について。

実際にワールドを作成して入ってみましたが、こちらも『PUBG』の場合と同様、スムーズで快適にプレイすることが出来ました。

▼遠くのチャンクまで一瞬で読み込まれます。

▼処理の重くなりがちな場所でも、処理落ちやフレームレート低下などは発生しませんでした。

大規模なチャンクを読み込む場合でもヌルヌル動かすことが可能です。

ちなみに、グラフィックを大幅に向上させる "影MOD" を導入した場合でも問題なく動作しました。

▼影MODの導入方法はこちら

統合版(旧マイクラPE)に無料で影MODを導入する方法を分かりやすく紹介(Android版)

以前の記事で、スマホ・タブレット(iOS)版マインクラフトPE(統合版)向けの、影MOD導入方法を紹介しました。 ▼iOS端末で影MODを無料導入する方法 しかし、iOS版とAndroid版とでは導入 ...

続きを見る

たくさんのMOD(アドオン)を導入してマイクラPEをバリバリ遊びたい方や、友達と一緒にマルチサーバーで遊びたい場合でも、問題なく快適にプレイすることが可能でしょう。

『原神』プレイ時

そして最後に、激重ゲームとしても有名な『原神』をプレイしてみました。

『原神』はかなり重めのゲームアプリであり、下手なスマホ・タブレットでは起動すらできません。

しかし『realme GT Master Edition』では画質設定がデフォルトで "" に設定されており、カクつくこともなく快適に遊ぶことができていました。

▼設定を "中" に引き上げた場合、負荷が "非常に高い" となりますが、いたってスムーズに動作しました。

▼グラフィックスを "" にまで上げると、さすがにフレームレートが顕著に低下して、ゲームプレイ時にカクついてストレスを感じるようになります。

個人的には "中" グラフィック設定でプレイすることをオススメします。

▼通常移動から戦闘時のアクションにいたるまで、遅延やフレームレート低下を感じることも無く、スムーズに遊ぶことができました。

▼とても美しいグラフィックで原神を楽しむことが出来ます!

最も重いゲームアプリの1つである『原神』がこれだけ快適に遊べるのであれば、大抵のゲームアプリは問題なく動作するでしょう。

以上の通り、ゲームプレイ用にリーズナブルなスマホを探している方にも、迷うことなくオススメできるモデルです!

ゲーミング用スマホとしてもオススメできる高性能モデル

【個人的な評価】

  • 性能:(☆4.5)
  • デザイン:(☆4.5)
  • 扱いやすさ:(☆5)
  • 価格(コスパ):(☆4.5)
  • 総合評価:(☆4.5)

今回紹介した『realme GT Master Edition』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • コンパクトかつ軽量なデザイン
  • 2K・最大120Hz対応のなめらかで美しい映像
  • 大抵の作業を快適にこなすことのできるスペック構成
  • 『原神』などの激重ゲームもスムーズに動作
  • 実用的なカメラ性能
  • 性能に対してリーズナブルな価格

悪かった点

  • 付属ケースは品質があまり良くない
  • スピーカー品質はイマイチ
  • 性能面のコスパ的には『POCO X3 GT』に劣る

以上の通り、約4万円前後のリーズナブルな価格に対して、AnTuTuベンチマークスコア53万点超えのパワフルな性能を要する、高コスパなAndroidスマートフォンとなっています。

ウェブブラウジングや動画視聴はもちろん、『原神』などの激重ゲームアプリに至るまで快適に動作することを確認できました。ゲーミング用のスマホを探している方にも、問題なくオススメできるモデルでしょう!

カメラ性能も高く、記念撮影だけでなく、ウェブ会議やオンライン授業などビジネス用途にも十分に活用できる品質です。

可能な限るコストを抑えつつ性能の高いスマホを探している方には、ぜひオススメしたい一品です!

ただし、個人的にコスパは以前紹介した『POCO X3 GT』の方が高いと感じます。

『POCO X3 GT』はマイクロSDカードの挿入に対応していないため、容量の拡張性を求めるか否かの点で、『realme GT Master Edition』と『POCO X3 GT』のどちらを選ぶかを決めると良いでしょう。

▼こちらの記事もオススメ!

『POCO X3 GT』レビュー!原神を高画質設定で快適に遊べるAnTuTu約60万点の高性能スマホ

『原神』や『マインクラフト』『ウマ娘』など、最近ではスマートフォンでゲームを遊ぶのが、もはや主流になりつつありますね! ゲームアプリによっては、家庭用ゲーム機のタイトルに負けず劣らずのクオリティとボリ ...

続きを見る

『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』レビュー!原神やマイクラを快適に遊べる高コスパスマホ

最近は『ウマ娘』や『原神』などなど、スマートフォン向けに面白いゲームアプリが多く登場してきましたね! 特に『原神』などは、家庭用ゲーム機のタイトルに負けず劣らずのボリュームを遊べるゲームとして、大きな ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  • PCアクセサリ
  1. タブレット
  2. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥77,800
    新品最安値 :
    ¥77,800
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット・アクセサリ
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット・アクセサリ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. 一体型
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥79,800
    新品最安値 :
    ¥79,800
  7. タワー
  8. タワー
  9. タワー
  10. ミニ
  11. 一体型
  12. タワー
  13. タワー
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. タワー
  17. タワー
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. 一体型
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
  1. microSDカード
  2. ライトニングケーブル
  3. microSDカード
  4. タッチペン
    発売日 : 2018年11月07日
    価格 : ¥13,497
    新品最安値 :
    ¥13,497
  5. インクカートリッジ
  6. AC式充電器
  7. 変換アダプタ
    発売日 : 2015年04月16日
    価格 : ¥5,451
    新品最安値 :
    ¥5,451
  8. USBケーブル
  9. HDMIケーブル
  10. microSDカード
  11. USBケーブル
  12. SDカード
  13. インクカートリッジ
  14. インクカートリッジ
  15. USBケーブル
  16. モニターアーム
  17. タッチペン
  18. PCアクセサリ・サプライ
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. インクカートリッジ

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー, スマホ・タブレット
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.