ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

ゲーム関連 ニンテンドー 海外レビュー

『オーバーウォッチ for Switch』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年10月15日(火)発売の、ニンテンドースイッチ向けアクションシューティングゲーム『オーバーウォッチ for Switch』(Overwatch for Switch)。

※本作は、2016年5月にPS4・Xbox One・PC向けに発売された『オーバーウォッチ(Overwatch)』を、スイッチ向けに移植したものです。

本作は『誰でもヒーローになれる』を目指したゲームであり、キャラクターデザインは多様性を重視し、マッチョで力強いラインハルト、美女のシンメトラなど世界各国の老若男女がデザインされ、自分のやりたいヒーローが見つかるように工夫されている。

2016年に発売されて以来、世界中で大きな人気を博し、2016年のゲームオブザイヤー(GOTY)に選ばれています。

Overwatch Legendary Edition (輸入版:北米) – Switch
Activision(World)
¥ 4,297
importcds_com
ハードニンテンドースイッチ
開発元Blizzard
価格5,478円(税込)
ジャンルアクションシューティング
プレイ人数1~12人(オンライン対戦対応)
リリース日2019年10月15日(火)

Amazonで詳細を見る

このゲームについて:

世界は今、ヒーローを求めている!4千万人以上*のプレイヤーが待ち受けているオーバーウォッチの世界に飛び込もう。

月からやってきた遺伝子操作で生まれたゴリラ。時空を超え、目にも留まらぬ速さで相手を翻弄する冒険家など様々なバックグラウンドを持つヒーローの中からお気に入りを選ぼう。

時間と物理法則も超える、ド派手な能力と武器を使いこなして勝利を掴もう。

世界各地の印象的なロケーションを舞台に、チーム対戦型アクションシューティングの決定版を遊び尽くそう!

本作の目玉は、6対6のチーム形式オンライン対戦です。様々な特殊能力を持ったキャラクター達によって繰り広げられる激しいチーム戦を楽しむことが出来ます。

今回発売されたスイッチ版は"レジェンダリー・エディション" となっており、D.Va用“オフィサー”、リーパー用“ブラックウォッチ・レイエス”、マーシー用“ヴァルキリー”などの人気スキン15種や“Nintendo Switch Online”の個人プラン3カ月(90日間)利用券が含まれています。

ちなみに、本作の販売に際して、開発元のBlizzard社による記念イベントが予定されていましたが、香港デモに関して同社に大きなバッシングが起こったため、中止になっています。

参考:香港デモを支持したプロゲーマーに処分を下した企業に対しファンや従業員からも批判の声 | Gigazine

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

The Digital Fix -どこでもスイッチでプレイできる嬉しさ

Score:90

レビュアー

名作『オーバーウォッチ』は、スイッチでも上手く機能しています。グラフィックは相変わらず優れており、フレームレートの低下も見られず安定しています。スイッチでの操作性も問題ありません

外出先でもいつでも手軽にオーバーウォッチを楽しむことができる点も嬉しいです。

また、オリジナル版の発売直後に比べて多くのコンテンツ(マップ・キャラ・モード等)が追加されているため、最初から膨大なコンテンツを楽しむことができます。

原文

GOODな点

  • 優れたグラフィック
  • 外出先でもプレイできる手軽さ
  • フレームレートの低下がなく安定している
  • バグはほとんどない
  • オリジナル版からの多くのキャラクター、モード、マップの追加
  • 能力、スキル値等の微調整
  • スイッチ版でも優れた操作性

BADな点

  • 特に無し

Daily Star -依然として見事に完成されたゲーム

Score:80

レビュアー

スイッチ版ではグラフィックが劣化し、激しい銃撃戦ではフレームレートも低下します。

しかし、それでも『オーバーウォッチ』としての楽しさ、独特なアートスタイルは依然として健在です。

この作品を外出先でもプレイできることに嬉しさを感じます

原文

GOODな点

  • 依然として見事に完成されたゲーム
  • 独特なアートスタイル
  • 外出先で遊べる嬉しさ

BADな点

  • 激しい銃撃戦でフレームレートが低下する
  • 他プラットフォームに比べ、グラフィックは劣化している

VGC -最高のヒーローシューティングゲーム

Score:80

レビュアー

本作はスイッチ版に移植されても最高のヒーローシューティングゲームであり続けます。

スイッチの携帯(ポータブル)モードプレイ時には、ヘッドセットを接続してフォートナイトのようにゲーム内ボイスチャットを楽しむことができます。

また、ジャイロ操作機能に対応している点に関しても、何気に嬉しい点です。

ただし、スイッチ版の30fpsの動作は、シューティングゲームとして理想的とは言えません。

原文

GOODな点

  • 最高のヒーローシューティングゲーム
  • 携帯(ポータブル)プレイに最適
  • ゲーム内のボイスチャット機能をサポート
  • ジャイロ機能に対応

BADな点

  • スイッチ版の30fpsの動作は、シューティングゲームとしては理想的でない

Metro GameCentral -Joy-Conは激しいシューティングゲームに向いていない

Score:70

レビュアー

本作の独特なグラフィックスタイルは、グラフィックが劣化したスイッチ版においても、その良さは変わっていません

手持ちのポータブルモードでプレイできるのは嬉しく、ジャイロを利用したモーションコントロールは何気に便利な機能です。

一方で、スイッチのJoy-Conは激しい動きのシューティングゲームには向いていません

また、ポータブルプレイ時にはWi-Fiでプレイせざるを得ませんが、他プラットフォームの有線プレイ時と比べ、オンライン接続が不安定になるのは仕方のないことですが、残念です。

原文

GOODな点

  • 独自のスタイルを持つ豊富なキャラクター
  • 独特なグラフィックスタイル
  • ゲーム内ボイスチャットに対応
  • ジャイロ機能を利用したモーションコントロールが便利

BADな点

  • グラフィックの劣化
  • 不安定なオンライン
  • Joy-Conは激しいシューティングゲームに向いていない

IGN Italia -外出先でプレイできるのは嬉しいが、いくつかの妥協点がある

Score:70

レビュアー

本作は今でも最高のヒーローシューティングゲームであり、外出先でもプレイできるのは嬉しいです。

しかし、スイッチに移行するにあたり、いくつかの妥協点があります。

まず、フレームレートは30fpsで固定され、これは他プラットフォーム版の半分の値です。グラフィックも劣化してぼやけて見えます。

また、ポータブルモードの操作性は、あまり快適ではありません

それでも、他プラットフォームを所有しているのならそちらのバージョンをオススメしますが、スイッチしか持っていないのであれば、本作は選択肢には入るでしょう

原文

GOODな点

  • ポータブルモードでプレイ可能
  • ややぼやけているが、それでも美しいグラフィック
  • フレームレートの低下はあまり起こらない
  • 今でも最高のヒーローシューティングゲーム

BADな点

  • フレームレートが低い(30fps)
  • グラフィックの劣化
  • ポータブルモードでは操作性があまり快適でない

総合評価(トータルスコア)

総合Score:76

GOODな点

  • 外出先でもプレイできる手軽さ
  • 相変わらず素晴らしいヒーローシューティングゲーム
  • オリジナル版からの多くのキャラクター、モード、マップの追加
  • 独特なアートスタイル
  • ゲーム内のボイスチャット機能をサポート
  • ジャイロ機能に対応

BADな点

  • 激しい銃撃戦でフレームレートが低下する
  • 他プラットフォームに比べ、グラフィックは劣化している
  • スイッチ版の30fpsの動作は、シューティングゲームとしては理想的でない
  • Joy-Conは激しいシューティングゲームに向いていない

Amazonで詳細を見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『オーバーウォッチ for Switch』についての海外メディアの感想となります。

名作『オーバーウォッチ』の魅力は、スイッチ版でも健在のようです。独特なアートスタイルはもちろん、オリジナル版の発売当初から徐々に追加されていったコンテンツ(キャラクター、モード、マップ等)を、最初から全て楽しむことが出来ます

何より評価が高かったのが、スイッチによる "携帯(ポータブル)モードでのプレイ" です。外出先でも名作を手軽にプレイすることができ、嬉しがるレビュアーが大勢いました。

また、ヘッドセットを繋げばゲーム内ボイスチャットを利用できますし、ジャイロ機能に対応している点も、何気に便利で気に入っていると述べるレビュアーもいました。

一方で、低評価点として挙げられていたのが "劣化したグラフィック" と "フレームレートの低下" でした。

流石に他プラットフォームと比べるとグラフィックは若干ぼやけて見え、フレームレートも30で固定されるため、激しいシューティングゲームとしては理想的でないと指摘されています。

また、スイッチのJoy-Conが激しい動きのシューティングゲームに向いていないとも述べられていました。その場合は、以下のような他社製のコントローラを使えば解決できるかもしれません。

結論としては、従来の『オーバーウォッチ』の楽しさをそのまま引き継いでおり、かつ外出先でもプレイ可能な素晴らしい作品となっているようです。

本作をまだ未プレイで、外出先でも手軽に楽しみたい方には是非ともオススメしたい一作です!









-ゲーム関連, ニンテンドー, 海外レビュー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.