ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

PCゲーム ゲーム関連 ニンテンドー プレステ マイクロソフト 海外レビュー

『Blasphemous』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月10日

2019年9月10日(火)発売の、PS4, Nintendo Switch, PC(Steam)・Xbox One向け2Dアクションゲーム『Blasphemous』。

※PC版は日本語未対応です。また、PS4, スイッチ, Xbox版は海外版のみとなっています。

ハクスラ系の2D横スクロールアクションゲームとなっており、ダークな世界観をピクセルアートで描いています。登場する敵は中々グロテスクな魔物ばかりで、血がドバドバ出る演出も刺激的。さながら『悪魔城ドラキュラ』シリーズを彷彿とさせるゲームとなっています。

ハードPS4, Nintendo Switch, Xbox One・PC(Steam)※いずれも日本語未対応
開発元The Game Kitchen
価格24.99ドル(約2,500円)
ジャンル2Dアクションゲーム
プレイ人数1人
リリース日 2019年9月10日(火)

公式サイト(英語)

このゲームについて:

Cvstodiaとその住人に邪悪な呪いが降り注いだ。この事件は単に「奇跡」としてしか認識されていない。

あなたは「静寂の悲劇」の唯一の生き残りである「悔い改める者」となり、ゲームをプレイすることになる。死と転生の輪廻に閉じ込められたあなたは、たった一人で世界を恐ろしい運命から救い、そしてこの苦悩の根源を突き止めなければならない。

すべてが歪曲した悪夢のような世界を探索して、巧妙に隠された秘密を探り出そう。必殺のコンボや冷酷無比な断罪を駆使し、醜悪なモンスターや巨大なボスを撃退するのだ。奴らはあなたを八つ裂きにするつもりなのだから。レリック、ロザリオビーズ、祈りを探しだして装備すると、天の力を授かることができ、永遠に続くかと思われる破滅の日々からあなたを救済するだろう。

ダークソウルのようなディープな世界観と、ハック&スラッシュ(ハクスラ)要素を足したゲーム内容となっており、悪魔城ドラキュラシリーズや、メトロイドシリーズを好きな方は楽しめると思います。

しかし、上述したように血がドバドバ飛び出て、身体欠損表現もあるため、グロテスクな描写が苦手な人は要注意です。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

LaPS4 -非常に壮観なボスのデザイン

Score:87

レビュアー

本作は素晴らしいピクセルアートと、キリスト教神話の暗い部分を組み合わせることで、視覚的に非常に壮大なゲームとなっています。

特にボスのデザインは非常にインパクトがあって素晴らしく芸術的で、必ずプレイヤーの記憶に残るでしょう。また、スペインの伝統的な楽曲に基づいたサウンドトラックも素晴らしいものになっています。

原文

GOODな点

  • 非常に挑戦的なゲーム難易度
  • 素晴らしいピクセルアートとキリスト教神話の組合せにより、壮大なビジュアルを演出している
  • 会話やオブジェクトを通して語られる、ダークで深い物語
  • 優れたサウンドトラック

BADな点

  • 敵モンスターは多様性に欠ける
  • 一部の演出を改善すれば、ゲーム体験はもう少し磨かれる

IGN Italia -ソウルシリーズのように魅力的な演出

Score:80

レビュアー

作り込まれた設定と、素晴らしいピクセルアートによって描かれるビジュアルは、本作をダークソウル並みに魅力のあるゲームにしています。

武器は一種類(剣)しか無いものの、様々な技でコンボを組むことで、爽快で飽きない戦闘を実現しています。

原文

GOODな点

  • 優れたレベル(難易度)設計
  • 良い雰囲気
  • 細部まで作り込まれたゲーム
  • 比較的長く遊べるコンテンツ(クリアまで20時間弱)

BADな点

  • 攻撃を受けた後の無敵時間が不均一であり、連続攻撃をくらうとイライラする
  • 魔法ダメージのバランスがおかしい

Areajugones -2019年で最も魅力的なビジュアルの作品

Score:80

レビュアー

本作のピクセルアートは芸術的とも言えるほど完璧です。作り込まれたキャラクタ―デザイン、アニメーション(動き)、そしてゲーム内の雰囲気など、視覚的に非常に満足できるクオリティとなっています。

マップ上のオブジェクトや収集品にもそれぞれ物語が設定されており、最初から最後まで本ゲームの物語に没入することが出来ます。

原文

GOODな点

  • メトロイドのようなゲーム設計
  • 複雑で興味深いマップデザイン
  • テンポの良い戦闘
  • 優れたグラフィック
  • オリジナリティのある、グロテスクな設定
  • 終始興味深いストーリー
  • 驚くほど楽しいボス戦

BADな点

  • 通常のザコ敵との戦闘は退屈

TheSixthAxis -難易度は高いが魅力的な戦闘

Score:70

レビュアー

ゲームのすべてのエリアは敵でいっぱいであり、すべての敵は独自のパターンと弱点を持っています。ボス戦の難易度は特に高く、正確な場所とタイミングで攻撃を行わないとあっという間に死んでしまう難しさがあります。しかし、次こそ勝つために剣をアップグレードして攻撃力を高めるなど、試行錯誤をする分やりがいを感じます。

原文

GOODな点

  • 優れた戦闘システム
  • 効果的に雰囲気を演出する素敵なビジュアル
  • 挑戦的なボス
  • 伝承に隠された深いストーリー
  • 物語の背景を語る様々な収集品

BADな点

  • 一部のプラットフォームで操作性が悪い

総合評価(トータルスコア)

総合Score:77

GOODな点

  • 優れたピクセルアートのグラフィック
  • 挑戦的でやりごたえのあるゲーム難易度
  • オリジナリティのある、ダークで深い物語
  • オブジェクトの設定など、細部まで作り込まれたゲーム
  • ボスキャラの壮大なデザイン
  • 爽快感のある戦闘

BADな点

  • 敵モンスターは多様性に欠ける
  • 攻撃をくらった後の無敵時間が不均一であり、立ち上がる前に連続攻撃を受けるとイライラする

公式サイト(英語)

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『Blasphemous』についての海外メディアの感想となります。

PVやスクリーンショットを見ても分かる通り、本ゲームはダークな世界観のマップに、グロテスクなデザインの敵がうようよ出現します。また、ボスに至ってはもはや芸術と言えるほどのビジュアルであり、この点が多くのレビュアーから好評を得ていました。

また、なかなかやりごたえのある難易度になっており、ソウルシリーズのように、ボス敵に関しては基本的にトライ&エラーを繰り返して挑んでいくスタイルになっています。難しいアクションゲームに挑戦したい方にとってはうってつけのゲームであるようです。

一方で、通常のザコ敵のバリエーションはあまり多くなく、戦闘もイマイチ退屈だとされています。また、吹っ飛ばされても無敵時間が無いことがあるため、連続攻撃をくらって一気に殺されてしまうと非常にイラつく、といったレビュアーもいました。

しかし共通して高得点だったのは、やはりビジュアル面と、作り込まれた魅力的な世界観です。もしメトロイドやダークソウルが好きな方であれば、非常に楽しいゲームになるのではないでしょうか(゚∀゚)!









-PCゲーム, ゲーム関連, ニンテンドー, プレステ, マイクロソフト, 海外レビュー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.