ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

PCゲーム ゲーム関連 プレステ マイクロソフト 海外レビュー

『F1 2019』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月19日(木)発売の、PS4, Xbox One, PC向けレースゲーム『F1 2019』。

※PS4版のみ9月19日の発売であり、PC版・XB1版は2019年6月に発売を開始しています。なおXB1版は日本語未対応。

本作はF1(フォーミュラ・ワン)オフィシャルゲームシリーズの最新作であり、最新レギュレーション、完全オリジナルレースカーのカスタマイズ要素、さらにリーグ戦の追加など、多くの要素が収録されており、ゲーム性の幅が広がっています。

F1 2019 - PS4
Game Source Entertainment
参考価格:¥ 8,448
OFF: 20%
¥ 6,748
Amazon.co.jp
F1 2019 Anniversary Edition (輸入版:北米)- XboxOne
ハードPS4, Xbox One, PC ※Xbox One版は日本語未対応
販売元Electronic Arts
価格PS4:7,680円(税抜)

Xbox One:59.99ドル(約6,000円)

PC:6,290円(税込)

ジャンルレーシングゲーム
プレイ人数1~20人(オンライン対応)
リリース日 2019年9月19日(木)
対象年齢(CERO)A(全年齢対象)

Amazonで詳しく見る

このゲームについて:

F1® 2019は全ての公式チーム、ドライバー、そして2019年シーズンの21全てのサーキットを特徴としています。今年はF2™も含まれており、プレイヤーがGeorge Russell、Lando NorrisやAlexander Albonといったドライバー達と共に、2018年シーズンで競争することが可能です。

グラフィックの忠実性にかなりの重点を置いたことにより、その環境は大幅に改善され、コースは今までにないほどリアルな仕上がりになりました。ナイトレースを徹底的に見直した結果、大幅に改善されたリアルさ、アップグレードされたF1®ブロードキャスト音とビジュアルが、このレースウィークエンド全体に更なるリアルさを追加します。

今作では従来シリーズ以上にグラフィックに力を入れており、特に車体に関しては、実在チームの詳細資料を元に作成しており、実車に限りなく近いリアルさを実現しています。

また今作では、各プレイヤーが自分でリーグ戦を主催し、世界中のプレイヤーと競い合う『リーグ戦』が追加されました。開催日時、レース数、サーキットなど細かな設定が可能なため、今まで以上にマルチプレイの幅が広がっています。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

Impulsegamer -まるで現実のように感じるレース

Score:94

レビュアー

グラフィックは実に素晴らしく、車体表現も完璧です。雨の表現から、コース横の草の表現まで、細部にわたって非常に作り込まれています。

またレース中は、中継コメンテーターがレースの様子にコメントしてくれるため、まるで本当のレースをプレイしているかのような感覚を味わえます。

原文

GOODな点

  • 豊富なキャラクターカスタマイズ
  • 非常にリアルなグラフィック
  • まるで現実のようなレース
  • コメンテーターの音声
  • 細かなレース設定
  • リアルかつ簡単な操作性

BADな点

  • スタンド観客のグラフィックは良くない(あまり気にならないが)
  • オーディオ(ゲーム内曲)のリストが欲しかった

The Games Machine -運転することの喜びとスリルを感じられる

Score:90

レビュアー

今作の車体制御システム(運転・操作性)は、まさに最先端とも言える素晴らしい出来となっており、運転時には純粋な喜びとスリルを感じることが出来ます。また、キャリアモードの改善、フォーミュラ2の導入、その他ゲーム性に関するいくつもの改善により、今世代最高のレースゲームの1つとなっています。

原文

GOODな点

  • 最先端の(運転)操作性
  • 高レベルのAI性能
  • より没入できるキャリアモード
  • 様々なゲーム性の改善

BADな点

  • 時間泥棒(逆に良い点?)
  • テストが十分でない、不安定なオンライン

Jeuxvideo.com -非常に優れたAIのおかげで、さらにエキサイティングになったレース

Score:90

レビュアー

今作の敵AIは、遂にここまできたか、と思わせるほど非常に優れており、通常走行時の挙動が改善されただけでなく、様々な方法で追い抜きをかけてくるので、今まで以上にエキサイティングなレースを体験することができます。

悪魔のようにずる賢いAIですが、これによりレースゲームが新しいレベルに達しました。

原文

GOODな点

  • 超現実的な運転体験
  • 充実のキャリアモード
  • 高レベルのAI
  • 多くのゲームモード
  • ボリューム満点のコンテンツ量

BADな点

  • 去年(2018年)の作品と比較して、そこまで劇的なグラフィックの向上は見られない
  • キャンペーンのF2は、楽しいのに短い



Gaming Age -今までプレイした中で最も困難、かつ最もリアルなレースゲーム

Score:83

レビュアー

今までのレースゲームでは、簡単にドリフトしてカーブを曲がったり、ニトロボタンで追い越すことができました。しかし本作ではそのようなことはできず、難易度が高いため、レースに勝つためには現実のようなドライビングテクニックを取得するなど、真の努力が必要です。

例えば私がVery Easyモードで9位だった時、少しぎこちないカーブの曲がり方をしただけで、スピードはほとんど落としていないにもかかわらず一気に20位まで急落しました。

本物のレースゲームに調整したい方には是非オススメしたいゲームです。

原文

GOODな点

  • 高難易度かつ、非常に現実的なレースゲーム
  • 頭の良いAI
  • 充実したチュートリアル
  • やりがいのある難易度

BADな点

  • 特になし

BaziCenter -シリーズの中で最も最高、かつ完全なバージョン

Score:80

レビュアー

今作は、本物のドライバーの席にプレイヤーを置くという目的を達成しており、F1シリーズの中で最高かつ最も完全なバージョンだと言えます。

しかし一方で、グラフィックの細部をよく見ると、ギザギザ(ジャギ)があり、完璧に洗練されているわけではありません。また、車両がクラッシュした際の破壊表現は、いまいち物足りない感じがあります。

原文

GOODな点

  • 完全なフォーミュラワン体験
  • 激しく変動するレース
  • 初心者・熟練者のどちらにも適したゲーム
  • キャラクター、車両、レポーター等の素晴らしいサウンド

BADな点

  • グラフィックはそこまで磨かれていない(いくつかのジャギが見られる)
  • 観客のグラフィックは洗練されていない
  • クラッシュ時の物理的な表現が甘い

DualShockers -F1としてのスピード感に欠けている

Score:65

レビュアー

レースに勝つことが出来ると確かに嬉しいのですが、本作で致命的なのは、他のレースゲーム(Forza、Project Cars、Dirt)などと比較して、スピード感に欠けている点です。爽快感があまり感じられず、スピードレースの頂点であるF1としては皮肉的な事です。

本作で一番気に入っているのは、レース前のセットアップです。本レース前の練習走行や予選にて、タイヤの摩耗、コース認識力、燃費など各要素においてレース能力をテストすることができるユニークなものです。

原文

GOODな点

  • レース前の充実したセットアップ(練習走行やチューニングなど)
  • たくさんの楽しめるモード
  • 多くのやり込みコンテンツ
  • 世界最速タイムを狙うなど、やりがいのあるオンラインモード

BADな点

  • スピード感に欠ける
  • アップグレードした要素が、レース中に実感できない
  • キャリアモードでのF2の時期はあっという間に終わる

総合評価(トータルスコア)

総合Score:84点(XB1版)

GOODな点

  • リアルなグラフィック
  • 現実のように感じるレース
  • リアルな操作性(車両の挙動)
  • AIのレベルが高い
  • 多くのゲームモード
  • コンテンツ量が豊富
  • レース中の効果音や、コメンテーターの発言など、サウンド面も素晴らしい

BADな点

  • 観客スタンドのグラフィックはイマイチ
  • キャンペーンにおけるF2は、すぐに終わってしまう
  • 前作からグラフィックは大きく進化していない
  • スピード感に欠ける

Amazonで詳しく見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『F1 2019』についての海外メディアの感想となります。

本作について、各レビュアーが最も高評価を出していたのが『車両の挙動(操作性)のリアルさ』でした。加減速・カーブなどについて、まるで現実の車両のような挙動を魅せるため、コメンテーターの実況が付いたレース映像を見ていると、まるで本当のレースに出ていたかのような気分になれるとのことです。

従来作品に比べてAI(敵NPC)のレベルが非常に高くなっており、ただ追従するだけでなく、どのように追い越せばいいのかを自分たちで考えて運転しているため、Easy難易度でプレイしていても、一度でも気を抜くと簡単に追い越されてしまう難しさがあります。そのため、非常にやりがいのあるレースゲームに仕上がっているようです。

グラフィックに関しても従来作品同様に素晴らしいものに仕上がっていますが、レビュアーの中には前作(F1 2018)と大した差は無いと述べる人もいました。

また、観客席のグラフィックに至っては、ほとんど2Dのようなグラフィックだと言い切るレビュアーも中にはいました。やはりレースゲーム・スポーツゲームの観客というのは、細部まで作り込むためのマンパワーが物凄く必要なんでしょうね。

そしてスピード感に欠けているというレビュアーもいましたが、人によってスピードの慣れなどで感じ方は異なってくるため、一概には言えないかもしれません。

なにはともあれ、いずれのレビュアーも『最高峰のレースゲームだ』と太鼓判を押しており、同ジャンルに興味のある方なら、プレイしてみて損はないかと思います(゚∀゚)









-PCゲーム, ゲーム関連, プレステ, マイクロソフト, 海外レビュー
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.