ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

ゲーム関連 ニンテンドー 海外レビュー

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(ドラクエ11S)』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月27日(金)発売の、Nintendo Switch向けRPG『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』(ドラクエ11 S)。

本作は2017年にリリースされた『ドラクエ11』を、ニンテンドスイッチ向けに移植したものです。ただ移植するだけでなく、キャラクターには声優が付き、各キャラクターが主人公となる新たな物語が追加されるなど、新要素が大幅に追加されたゲーム内容となっています。

【通常版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch
スクウェア・エニックス
参考価格:¥ 8,778
OFF: 13%
¥ 7,639
Amazon.co.jp
【ゴージャス版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch
スクウェア・エニックス
参考価格:¥ 10,978
OFF: 22%
¥ 8,614
Amazon.co.jp
ハードニンテンド―スイッチ
開発元スクウェア・エニックス, トイロジック, ORCA
価格通常版:7,980円(税抜)

ゴージャス版:9,980円(税抜)

夢のゴージャス版:14,800円(税抜)

ジャンルRPG
プレイ人数1人
リリース日2019年9月27日(金)

Amazonで詳細を見る

以前リリースされたPS4版や3DS版をベースに、さらに多くの新要素が追加された "ドラクエ11の決定版" となっています。

主な新要素は以下の通りです。

ドラクエ11Sの新要素

  • 各キャラクターが主人公になる新ストーリー
  • 3D ⇔ 2Dの切替えが可能
  • オーケストラ音源の追加
  • キャラクターボイスを追加
  • モンスターを乗り物にできる
  • 3段階のバトルスピードを選択可能
  • 好みの見た目で冒険できる "見た目装備"
  • 記念撮影ができる "フォトモード"
  • 歴代ドラクエシリーズの世界を冒険
  • "ふっかつのじゅもん" のパワーアップ
  • 進化した仲間たちとの冒険
  • 進化したバトル
  • "縛りプレイ" 機能
  • 新ボスの追加

・詳細はコチラ ⇒ ドラクエ11S | 新要素一覧(公式)

上記のように非常に多くの要素が追加されるため、未プレイの人はもちろん、既にPS4や3DSで本作をプレイした人でも楽しむことが出来る内容になっています。

元々DS11は、その魅力的なキャラクター達と良く構成されたストーリーにより、国内外で高い評価を得ている作品です。それだけに、今回の移植版にも大きな期待がかかります。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

Vgames -新要素の追加、様々な改善が施された究極のゲームバージョン

Score:95

レビュアー

オリジナル版のベースの楽しさはそのままに、新しいクエスト、追加ストーリー、ゲームインターフェースの強化などが施されることで、まさに本タイトルの究極のバージョンへと仕上がっています。

オーケストラ音源も全体的にエキサイティングであり、2D・3Dに切り替えることのできるグラフィックも見栄えが良いです。ただ、メニュー画面が少しぼやけている印象を受けました。

原文

GOODな点

  • 相変わらず素晴らしいゲーム
  • より多くの追加要素により、ストーリーがさらに豊かになる
  • ゲーム体験をより快適にする、いくつかの小さな改善点
  • ゲームに合った楽しい音楽

BADな点

  • メニュー画面の解像度が低い

Critical Hit -オリジナル版の良さを強調したうえで、さらに驚異的な体験を追加している

 

Score:95

レビュアー

本タイトルは、オリジナル版の時点ですでにビジュアル・サウンドトラック・ゲームプレイ性のすべてが素晴らしいものでした。

そしてSwitch版では、オリジナルの良さをさらに強調したうえで、非常に多くのユニークかつ驚異的な機能を追加しています。

本作は、まさにRPG・JRPGの傑出した成功作であると言えます。

原文

GOODな点

  • 良好なグラフィック
  • スムーズなフレームレートと、短い読み込み時間
  • オリジナル版の良さを継承・強化
  • 豪華になり、場面をさらに盛り上げるサウンドトラック
  • 懐かしさを感じる2Dバージョンの追加

BADな点

  • 特に無し

The Games Machine -過去作への絶妙なオマージュである2Dプレイモード

Score:93

レビュアー

2Dモードでプレイすると、敵とのエンカウントはランダム制になります。また、ジャンプをすることができなくなり、ワールドマップも古典的なビジュアルになります。これらは、過去のドラクエを絶妙にオマージュしたものであり、何百時間もプレイしてきた過去作を思い出すことができる、非常に独創的で興味をそそられるものです。

3Dモードでプレイすると、流石にグラフィックはPS4版には敵いませんが、それほど気にすることはありません。また、サウンドトラック(曲)に関しては、素晴らしいオーケストラ音源により、確実に強化されています。

原文

GOODな点

  • 携帯モードでドラクエ11が楽しめる
  • 多くの改善点
  • 過去作への絶妙なオマージュである2Dプレイモード
  • 長時間プレイし続けられる、豊富なコンテンツ量

BADな点

  • グラフィック的には、PS4版には敵わない

Nintenderos -全てのファンが待ち望んでいたドラゴンクエスト

Score:90

レビュアー

本作は、カリスマ的なキャラクター、素晴らしいストーリーとユーモアのセンス、そして何時間も楽しむことのできるシンプルかつ深い戦闘システムが備わっています。

収集品やサイドミッション、クリア後の要素も豊富に用意されており、100時間は軽く超えるプレイボリュームがあります。

まさに、すべてのファンが待ち望んでいたドラゴンクエストであり、必需品です。

原文

GOODな点

  • 非常に壮大で面白い物語
  • 見栄えの良いポータブルモード
  • 大量のコンテンツによる高いリプレイ性
  • 追加された新要素の数々
  • 100時間を超えるプレイボリューム

BADな点

  • 大画面のテレビに映すと、若干ぼやけて見える
  • 若干反復的になる音楽

Eurogamer Italy -名作を持ち歩いてプレイできる嬉しさ

Score:90

レビュアー

本作ではフォトモードが追加されており、ゲームの記念すべき瞬間を撮影して、シェアすることが出来ます。その際、各キャラクターにポーズをとってもらったり、いくつかのフィルターを追加することも出来るため、写真愛好家にとっては嬉しいシステムです。

また、他にも高速戦闘機能や、ムービーのスキップ機能など、ゲームプレイをより快適にする機能の数々が追加されています。

このような素晴らしい名作を持ち歩いてプレイできることは、ほんの数年前には考えられなかったことです。崇高なプレイアビリティを実現しているゲームです。

原文

GOODな点

  • 楽しい2Dゲームプレイ
  • 新たな追加要素
  • オーケストラによる美しいサウンドトラック
  • フォトモードで最高の瞬間を保存できる
  • 高速戦闘モードなど、ゲーム体験をさらに快適にするいくつかの調整
  • 安定したフレームレート
  • 名作を持ち歩くことが出来る

BADな点

  • わずかに色あせたテクスチャと照明効果の品質

My Nintendo News -名作を持ち歩いてプレイできる嬉しさ

Score:80

レビュアー

本作は広大なワールドでの冒険、クエストの数々、楽しい戦闘など、数えきれないほどのJRPGの楽しさを提供してくれるタイトルです。

しかし、スイッチ版では音声(キャラクターボイス)が追加された弊害として、全くしゃべらない主人公が、特にカットシーン中では非常に浮いていることが気になります。

また、2Dプレイは楽しいのですが、ボイスが流れなかったり、ランダムエンカウントがうっとおしかったりと、完全な体験を提供できていないように感じます。

原文

GOODな点

  • 数えきれないほどのJRPGの楽しさを提供する
  • ドラマチックなストーリー
  • グラフィックは全体的に滑らか
  • 多種多様なワールド
  • ノスタルジックな2Dプレイモード

BADな点

  • カットシーン中で浮いている主人公(喋らない)
  • ボイスが無く、ランダムエンカウントになる残念な2Dプレイモード

総合評価(トータルスコア)

総合Score:90

GOODな点

  • オリジナル版の良さをベースに、大量の新要素を追加した決定版
  • オーケストラによる美しいサウンドトラック
  • ゲームプレイをさらに快適にするいくつかの新機能
  • 名作を持ち歩いてプレイできる
  • 楽しく、懐かしさを感じる2Dプレイモード
  • 100時間を超えるプレイボリューム

BADな点

  • グラフィック(テクスチャ・照明効果等)はPS4版に劣る
  • ボイスが付いたことで、(喋らない)主人公の違和感が強まっている

公式サイト(英語)

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』についての海外メディアの感想となります。

元々が名作だっただけに、新たに大量の要素が追加されたスイッチ版は、まさにドラクエの決定版とまで言われています。

ただ新要素を追加しただけでなく、高速戦闘機能やカットシーンのスキップ機能などが追加されたことで、プレイアビリティも向上しているようです。

サウンドトラックについても、オーケストラ音源になったことにより、オリジナル版を超える臨場感が味わえると、高評価を得ています。

一方で、グラフィックに関してはさすがにPS4版よりは劣るとされています。しかし、スイッチ版の中でも十分にキレイな部類であり、この点については特に気にする必要は無いみたいです。

また、スイッチ版では各キャラクターにボイスが付いたことで個性が強化されていますが、作中で全く発言しない主人公に関しては、逆に違和感が強調されてしまっていると述べるレビュアーもいました。

まあ、この点については仕方がないかもしれませんね...(´・ω・`)

いずれにせよ、スイッチに移行されたことで、名作を持ち運んでプレイすることが出来るようになった点は、各レビュアーとも非常に喜んでいる様子でした。

新ストーリーも追加されているため、PS4版・3DS版をプレイ済の方でも楽しめる内容になっていますね!私もPS4版を120時間くらいプレイしましたが、スイッチ版でまたプレイしたいと思います(゚∀゚)









-ゲーム関連, ニンテンドー, 海外レビュー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.