ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

VRコンテンツ ゲーム関連 プレステ 海外レビュー

『アッシュと魔法の筆』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ(PSVR対応)

2019年10月10日(木)発売の、PS4向けアクションアドベンチャーゲーム『アッシュと魔法の筆』(英題:Concrete Genie)。

※本作はVRモードプレイに対応しています。

※VR対応プレイにはPlayStation Moveモーションコントローラー2本必須となります。

本作は、絵を描くことが好きな少年 "アッシュ" が、ある日手に入れた魔法の筆を使って、町に活気を取り戻していくアクションアドベンチャーゲームです。筆で描いた不思議な生き物『かいぶつ』の力を借りつつ、マップ上のギミックを解いて街中を冒険します。

【PS4】アッシュと魔法の筆
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格:¥ 3,190
OFF: 18%
¥ 2,626
Amazon.co.jp
【PS4】アッシュと魔法の筆 【Amazon.co.jp限定】PC壁紙 配信
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥ 3,190
Amazon.co.jp
ハードPS4(PSVR対応)
開発元Pixelopus
価格パッケージ版:2900円(税抜)
ダウンロード版:3132円(税込)
ジャンルアクションアドベンチャー
プレイ人数1人
リリース日2019年10月10日(木)

Amazonで詳細を見る

このゲームについて:

廃れた港町「デンスカ」でかつて暮らしていた、絵が大好きな心優しい少年。

ある日魔法の筆を手に入れ、絵を描いてみると、描いた絵には生命が吹き込まれ、描かれた景色や不思議な生き物――“かいぶつ”たちは動き出します…

アッシュは“かいぶつ”と色々なコミュニケーションを取ることができます。仲良くなったかいぶつ達はユニークな能力で謎解きの手助けをしてくれます。一緒に「デンスカ」を探索しよう!

魔法の筆を使って、街の壁に自由に絵を描いていく創造力豊かなゲームとなっています。絵から生まれた "かいぶつ" と協力してギミックを解くといった謎解き要素も用意されています。

また、本作はPSVRでのプレイに対応しており、2つのVR専用コンテンツ『ポタリと不思議なキャンバス』と『VRフリーペイントモード』を楽しむことが出来ます。

▼まるで本作の世界に入り込んだような体験が可能。

視覚的にも世界観的にも、非常に独特なゲームとなっています。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

オンライン購入時に万全のセキュリティ

職業ユーチューバーにオススメ!

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

Gaming Nexus -現世代で最高のゲームの一つ

Score:100

レビュアー

本作はこの世代で最高のゲームの1つです。ゲーム性自体が楽しいのは言うまでもなく、芸術性、共感性、美しさなどの価値観が抜きんでており、日常に疲れているゲーマーにはうってつけのタイトルです。

VRのミニゲームも、シンプルながら素晴らしい没入感を感じることが出来ます。

まさにゲームの可能性を広げる体験が可能です。

原文

GOODな点

  • 優れた芸術性、共感性、美しさを併せ持つゲーム
  • クオリティの高いVRモード
  • 独創的なゲーム性
  • 描いた絵に生命を感じる
  • 幻想的な風景の数々

BADな点

  • 特に無し

Hardcore Gamer -今年のPS4タイトルで最も注目すべきゲームの一つ

Score:90

レビュアー

本作のゲーム体験は短いです。しかし長さは重要ではありません本作の体験は非常に素晴らしく、楽しい絵描きアクションで美しく鮮やかな世界を作る、独創的な体験が可能です。ゲームのクレジットロールでは思わず笑顔がこぼれてしまいます。

アクション要素が豊富で、素敵なパズル(謎解き)要素も数多く用意されています。

PSVRを使ったプレイでは、2本のPS MOVEを使って、目の前の空間に思うままのビジュアルを作成することができます。これは驚くほど素敵な体験ですが、体験は1時間ほどで終わってしまいます。

原文

GOODな点

  • 楽しいアクション
  • 素敵なパズル(謎解き)要素
  • 美しく鮮やかな世界
  • 短いが、驚くほど愛らしいVR体験
  • 楽しく創造的なゲーム性

BADな点

  • メインストーリ―は短い(3~4時間程度)

Critical Hit -暗い路地を鮮やかな絵で満たす満足感

Score:85

レビュアー

絶望的で不気味な街をキャンバスとして、生きた明るい絵を描いて明るく照らすことが出来ると、大きな満足感を感じることができます

本作は創造性と人生の魅力に満ちた、深く感動的な表現が成されています。私が今年見た中で最も素晴らしい美学を含んだゲームです。

原文

GOODな点

  • 愛らしい魅力にあふれた『かいぶつ』
  • アートを通して人生を創造するゲーム
  • 深く感動的な表現
  • 大胆で情熱的なゲーム性
  • 最も素晴らしい美学をもったゲームの1つ

BADな点

  • 物語はいたって単純

Video Chums -非常にキュートで楽しいVR体験

Score:78

レビュアー

本作のVRモードでは、2本のモーションコントローラーを使って、フィールド上に3Dペイントを行うことができます。木を育てたり、夜空を星で埋めつくしたり、風を吹かせることでフィールドに命を吹き込むことができます。

また、4つの地区で自由にペイントするモードもあり、これらは非常にキュートで楽しい体験です。

本編は短くて簡単ですが、間違いなく最も想像力豊かなゲームの1つです。

原文

GOODな点

  • 魅惑的で夢中になれる世界観
  • ゴージャスで想像力に富んだゲーム性
  • 実に愛らしいVRモード
  • 町を生き生きと復活させるゲームプレイ

BADな点

  • 非常に簡単なキャンペーン
  • 短く、小さなゲームの世界
  • 余りにも典型的な "イジメ" 描写

Areajugones -美しく野心的な作品だがコンテンツ量に欠ける

Score:75

レビュアー

本作は美しく野心的なゲームであり、光の粒子が飛び散るグラフィックは美しく、絵を描く際のコントローラーによる操作性は優れています。また、描いた絵はフォトモードによってコレクションして残しておくことも可能です。

一方でコンテンツ量は少なく、すべてクリアするのに10~12時間ほどです。また、クリア後のやり込み要素はほとんど無く、フォトモードが唯一のやる事となります。

リプレイ性は弱いと言わざるを得ません。

原文

GOODな点

  • 光の粒子が美しいグラフィック
  • コントローラーによるブラシ操作は良好
  • 写真モードでは非常に美しい作品をコレクションしておける
  • ポジティブなメッセージ性

BADな点

  • クリア後のやり込み要素はほとんどない
  • 短いコンテンツ(10~12時間ほど)
  • マルチプレイコンテンツは無い
  • 戦闘はそれほど魅力的でない

EGM -アイデアは素晴らしいが、描いたものにインタラクティブ性が無い

Score:40

レビュアー

本作の直観的なペインティング(絵描き)システムについては、最初は印象的でした。しかし、描いたものにインタラクティブ性(双方向・対話性)がないと気づくと、一気に意味の無い作業になります。都市を輝きで満たしても、特に意味はありません。

ゲームプレイ自体も子供向けの難易度に作られており、戦闘システムも中途半端な出来です。また、ストーリー中の大部分はスキップできないカットシーンの数々で占められています。

一方、VRモードに関しては本編よりも遥かに印象的な体験ができます。PSVRを持っているのなら試す価値はありますが、コンテンツ量についてはあまり期待しない方が良いでしょう。

原文

GOODな点

  • 印象的なゲーム性
  • 魅力的なVRモード
  • 直観的なペイントシステム

BADな点

  • 中途半端な戦闘システム
  • 描いたものにインタラクティブ性(双方向・対話性)が無い
  • スキップできないカットシーンの数々
  • 子供向けのばかげたゲーム性

総合評価(トータルスコア)

総合Score:77

GOODな点

  • 独創的なゲーム性
  • ポジティブなメッセージ性のあるゲーム
  • 愛らしい『かいぶつ』達
  • 楽しいアクションとパズル(謎解き)要素
  • 粒子が美しいグラフィック
  • 直観的なペイントシステム
  • 魅力的な体験ができるVRモード

BADな点

  • 中途半端な戦闘システム
  • 子供向けの単純なゲームプレイ
  • 短いコンテンツ(10~12時間ほど)
  • クリア後のやり込み要素はほとんど無い

Amazonで詳細を見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『アッシュと魔法の筆』についての海外メディアの感想となります。

本作の独創的なゲーム性については非常に評価が高く、"優れた芸術性、共感性、美しさを併せ持つゲーム" であると高評価を得ています。

絵を描く際に飛び散る光の粒子は美しく、暗く退廃的な街並みを、自身で描いた絵の輝きで満たすと達成感が感じられます。アクション要素も含んでおり、マップ上には多くのパズル(謎解き)要素が点在しています。

また、本作に実装されているVRミニゲームモードでは、2本のモーションコントローラを使って、空間に3Dの絵を自由に描くことが出来ます。これは素晴らしく愛らしい体験だと、いずれのレビュアーにも好評でした。

一方で、ゲームコンテンツ自体は短く、10~12時間ほどでクリアできてしまうとされています。また、クリア後のやり込み要素についてはほとんど無く、カメラモードで自身の作品を撮影するくらいしかやる事は無いようです。

ゲームプレイ自体も基本的に子供向けに作られており、戦闘も中途半端な出来だと、辛口を飛ばすレビュアーもいました。

しかし、本作の肝は独創的なペイントシステムであり、その優れた芸術性から "今年のPS4タイトルで最も注目すべきゲームの一つ" と評するレビュアーもいるほどです。

クリエイティブなジャンルのゲームを好きな方や、PSVRを所有している方には、是非ともプレイしてもらいたい傑作の1つです!









-VRコンテンツ, ゲーム関連, プレステ, 海外レビュー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.