ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

管理人が投稿するマイクラ動画シリーズ

【Minecraft】ニュータウン建設物語【ゆっくり実況】

YouTubeで観る

よかったらぜひ観ていってね!(゚∀゚)

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

PCゲーム ゲームレビュー ゲーム関連 ニンテンドー プレステ マイクロソフト

『Bloodstained: Curse of the Moon 2』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2020年7月10日(金)発売の、PS4, ニンテンドースイッチ, Xbox One, PC向けアクションゲーム『Bloodstained: Curse of the Moon 2』。

本作は、2018年に発売された『Bloodstained: Curse of the Moon』の続編にあたる作品で、悪魔城ドラキュラシリーズなどで知られる "IGA(五十嵐孝司氏)" が監修したストーリーが楽しめる2D横スクロールアクションゲームです。

登用も退魔士である主人公 "斬月" たちを操作して、魑魅魍魎のはびこる悪魔城に挑みます。

▼前作『Bloodstained: Curse of the Moon』

created by Rinker
Game Source Entertainment
¥4,194 (2020/10/21 20:08:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Game Source Entertainment
¥4,099 (2020/10/21 20:08:06時点 Amazon調べ-詳細)
ハード PS4, Nintendo Switch, Xbox One, PC
開発元 Inti Creates
価格 1,480円
ジャンル 2D横スクロールアクション
プレイ人数 1~2人
リリース日 2020年7月10日(金)

Amazonで詳細を見る

このゲームについて:

耽美的で厳かな世界観を8bit風に表現した、懐かしくも新しいグラフィックの2D横スクロールアクションゲームです。

Curse of the Moon 2では、前作に続く複数のシナリオから構成される、IGA(五十嵐孝司氏)が監修した壮大なストーリーが展開されます。

プレイヤーは悪魔と錬金術師を憎む東洋の退魔士である主人公「斬月」を操作し、魑魅魍魎が潜む悪魔の城に挑みます。

また、斬月が物語の中で出会う人物たちを仲間にすることで操作可能なキャラクターが増加します。

本作は怪物たちが住まう悪魔城にて様々なアクションを駆使しつつ攻略していく、まさに "悪魔城ドラキュラ" のような作品となっています。

前作に登場したキャラ以外にも新たに3人のプレイアブルキャラクターを道中で仲間にすることができ、各々のスキルを駆使することで行けなかった場所に行くことが出来たり、攻略の幅を広げることが可能になります。

そして1台のスイッチで最大2人まで一緒に楽しむことが出来るローカルマルチプレイにも対応しており、お互いの能力を上手く組み合わせながら、協力して攻略を楽しむことも出来ます。

▼ローカルマルチプレイを楽しむには、2人分のコントローラが必要です。

そんな本作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な一流ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

Destructoid -悪魔城シリーズのようなレトロで楽しい2Dアクション

Score:90

レビュアー

続編となる本作では、一作目のゲーム性を引き継ぎつつ、楽しさとプレイアビリティをさらに拡張させた素晴らしい作品となっています。

固有のスキルを持った新キャラクター達の追加により、ステージ攻略やボス戦におけるプレイの幅が広がりました。

ステージはいずれの場所も多様性があって作り込まれており、能力を駆使して多くの隠し通路やアイテムを見つけるのは実に楽しいです。

その他にも細かな改良が多々施されており、ボリュームもあるためファンであればきっと満足できる作品です。

原文

良かった点

  • 多くのアンロック要素
  • プレイの幅を広げる新キャラクター達
  • 悪魔城シリーズのようなアクション性
  • 多様性があり作り込まれたステージ
  • 一作目の楽しさを拡張したコンテンツ

悪かった点

  • 特に無し

GamesBeat -美しいピクセルアートによって描かれる楽しい横スクロールゲーム

Score:85

レビュアー

本作は美しいピクセルアートによって描かれた横スクロールアクションゲームであり、悪魔城ドラキュラシリーズが好きな方であればオススメしたい一作です。

新たなキャラクターが追加されてプレイスタイルが大幅に広がったほか、多くのアンロック要素が用意されているため長時間やり込むことができます。

そしてオフライン協力モードが追加されたことにより、友人や家族と自宅で楽しく遊ぶことが出来るようになったことは実に嬉しいです。

一作目から大きなゲーム性の変化はありませんが、相変わらずのレトロな楽しさに溢れた作品です。

原文

良かった点

  • 美しいピクセルアート
  • 悪魔城シリーズのような楽しいゲーム性
  • やり込み甲斐のあるアンロック要素
  • オフライン協力モードの追加
  • 異なったプレイスタイルが可能なプレイアブルキャラ達

悪かった点

  • 前作と似たゲーム体験(パンチを欠いている)

2020年10月現在のトップセールス

Noisy Pixel -友人と悪魔を倒すのが非常に楽しい

Score:85

レビュアー

本作では、前作から多くの点で見なおし・改良が施されており、全体的に遊びやすいゲームへと調整されました。

キャラクター・敵・背景グラフィック等のビジュアル面は豪華で、特にボス敵は迫力と魅力のある素晴らしいデザインとなっています。

マップ上には多くの隠し要素が用意されており、追加されたプレイアブルキャラ達の能力も駆使しつつそれらを探すのはやりがいがあります。

そして何より、協力プレイが可能になったことで、友人と協力してステージを攻略したり、連携してボスを倒せるようになったことはとても嬉しいです。

ぜひ本作を友人とプレイして、楽しさを味わってほしいと思います。

原文

良かった点

  • 非常に楽しい協力プレイ
  • より遊びやすく調整が成された
  • キャラクター・敵・背景等の豪華なデザイン
  • 素晴らしいサウンドトラック
  • マップ上の多くの隠し要素

悪かった点

  • 2人協力プレイ時はボス攻略が簡単になり過ぎる

Nintendo Life -バラエティー豊かな7人のプレイアブルキャラ

Score:80

レビュアー

前作の登場キャラと今作の新キャラとを含めた計7人のプレイアブルキャラを切り替えつつ攻略することができ、いずれもバラエティーに富んだ能力を有しているためキャラを開放するごとに楽しさが倍増していきます

ボスのデザインはどれも素晴らしく、アクションも見ごたえのある演出が成されているため悪魔城シリーズのファンも満足のいく出来となっています。

そして本作から追加された2人協力プレイは皆が待ち望んでいた追加であり、難易度も程よく調整されているためやり甲斐のある攻略を楽しめます。

非常に堅実なゲームであり、キャッスルバニア好きであれば絶対に気に入るでしょう。

原文

良かった点

  • マルチプレイモードの搭載
  • バラエティー豊かな7人のプレイアブルキャラ
  • 素晴らしいボスデザイン
  • 優れたアクション性
  • やりがいのある難易度

悪かった点

  • 前作から大きく変わった点は無い

NintendoWorldReport -昔ながらのゲームに敬意を払った素晴らしいゲーム

Score:80

レビュアー

本作は昔ながらの2D横スクロールゲームに敬意を払って制作された作品であり、広いマップや多種多様なキャラクター達により悪魔城シリーズのような体験が出来ます。

物語の展開も楽しく、世界観を上手く表現できています。

一方で、キャッスルバニア系ではおなじみのことですが、難し過ぎるボス戦ではイライラすることがあります

また、協力プレイに関しては楽しさよりもギスギス感が生まれる可能性が強く、どちらかがミスをすると迷惑がかかるため責任を感じてしまいます。

しかし上記の点を差し置いても、素晴らしいゲームであることに変わりはありません。

原文

良かった点

  • 十分に広いマップ
  • プレイするのが楽しい新しいキャラクター
  • 楽しい物語

悪かった点

  • ボス戦でイライラすることがある
  • ギスギスする可能性のある協力プレイ

総評:悪魔城シリーズのように魅力的な横スクロールアクションゲーム

総合Score:84

GOODな点

  • 多くのアンロック要素
  • プレイの幅を広げる新キャラクター達
  • 悪魔城シリーズのようなアクション性
  • 多様性があり作り込まれたステージ
  • 一作目の楽しさを拡張したコンテンツ
  • 非常に楽しい協力プレイ

BADな点

  • 前作と似たゲーム体験(パンチを欠いている)
  • 前作から大きく変わった点は無い
  • 2人協力プレイ時はボス攻略が簡単になり過ぎる

Amazonで詳細を見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『Bloodstained: Curse of the Moon 2』についての海外メディアの感想となります。

キャッスルバニアの精神を受け継いだ作品

IGA氏が監修しているともあって、本作は古き良きキャッスルバニアの精神を受け継いだ、優れた2Dアクションゲームであるとしていずれのレビュアーからも高い評価を得ています。

ゲーム性自体は悪魔城シリーズと似ており、各所に配置されたボスを撃破しつつ最深部を目指していきます。

新たに追加されたキャラを含む全7人のプレイアブルキャラを使い分けることができ、いずれも個性的な能力を有しているためプレイスタイルの幅が広がったとのこと。

前作に引き続き、キャラクター・ステージ背景・敵キャラ等のデザインは相変わらずクオリティが高く、昔ながらの悪魔城ファンでも満足できる出来となっているようです。

前作から大きく変わった点は無い

今作ではゲームプレイに関する様々な改善が施されており、新たに2人協力プレイモードも追加されました。

一方で、ゲーム性について前作から大きく変化はしていないとのこと。

まあ広く根付いているキャッスルバニアのゲーム性を大きく変える必要は無いため、マイナスポイントとは言えませんね。

新たな楽しみ方を見出す協力プレイモード

本作は悪魔城シリーズのようなキャッスルバニアの楽しさを存分に発揮している作品として、高い評価を受けた作品となりました。

特に新たに追加された協力プレイモードでは、キャッスルバニアに新たな楽しみ方を見出す斬新なコンテンツとして、いずれのレビュアーもオススメしています。

シリーズファンの方だけでなく、友人や家族と協力して遊べるゲームを探している方は、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか!(゚∀゚)

関連:

『Huntdown』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

『Valfaris』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

ゲームも仕事も快適に!

2020年10月時点:最も人気なゲーミングPCはこちら

管理人が投稿するマイクラ動画シリーズ

【Minecraft】ニュータウン建設物語【ゆっくり実況】

YouTubeで観る

よかったらぜひ観ていってね!(゚∀゚)

関連コンテンツ


ゲームレビューを検索する


  • リリース年

  • 対応機種

  • レビュー点数

  • ジャンル

  • プレイ人数


-PCゲーム, ゲームレビュー, ゲーム関連, ニンテンドー, プレステ, マイクロソフト
-, , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2020 All Rights Reserved.