ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー

『Amazfit GTR 3 Pro』レビュー!Zepp OS搭載で拡張性に優れた高性能スマートウォッチ

2022年7月6日

最近では、Apple Watchをはじめとする "スマートウォッチ" が流行しています。

スマートウォッチとは、手持ちのスマートフォンと連動させることで様々な機能が使える、腕時計型ウェアラブル端末です。

機種により機能は様々ですが、大抵の場合、通話や電子決済などスマートフォンのような機能や、心拍数や消費カロリーの計測といったヘルスケアの機能を持ち合わせています。

今回は、2021年に発売された高機能・高性能スマートウォッチAmazfit GTR 3 Proについて紹介していきます!

▼1.45インチディスプレイ搭載

ブランド Amazfit(アマズフィット)
メーカー ‎Huami
モデル名 Amazfit GTR 3 Pro
画面サイズ 1.45インチULTRA HD AMOLED
解像度/PPI 480×480/331ppi
内蔵センサー BioTracker 3.0 PPGバイオメトリックセンサー(6PD+2LED)、加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、地磁気センサー、環境光センサー、気圧高度計
通信規格 Bluetooth5.0, GPS, WLAN 2.4GHz(音楽ストレージ保存時のみ)
防水規格 5ATM
対応OS iOS, Android, Alexa
対応アプリ Zepp
本体サイズ 46×46×10.7mm
本体重量 32g(ストラップなし)
ボディ素材 アルミニウム合金
バンド素材 ブラウンレザー - 革、インフィニット ブラック - フッ素ゴム
バンド幅 22mm

今回紹介する『Amazfit GTR 3 Pro』は、一般的なスマートウォッチと同様に、心拍数や消費カロリーの計測といったヘルスケア機能はもちろん、血中酸素レベル測定や睡眠モニタリングなどの健康管理機能がもれなく搭載されています。

▼装着しているだけで、1日の健康を管理・分析することが出来ます。

コロナ禍では重宝されている "血中酸素レベル測定機能" のほかにも、ストレスモニタリングや女性の健康記録、呼吸モニタリングなど、ユーザーの健康状態を常に管理する便利機能も充実。

▼一般的なスマートウォッチの機能に加えて、独自の "Zepp OS" に対応する多種多様なアプリが用意。その数は膨大で、使いきれないほど多くの機能が用意されています。

もちろん、スポーツ時の運動計測機能も用意されており、実に150を超える種類の運動に対応しています。

スマートウォッチ内部にはマイク&スピーカーが内蔵されており、スタンドアローンで音楽や音声ガイダンスを聴くことが可能。音声通話はもちろん、日本語対応 Alexa(アレクサ)にも対応しています。

▼スマホの通知をスマートウォッチ上で把握することが可能。

▼2.3GBの内部ストレージに楽曲を保存し、スタンドアローンで再生することも出来ます。

1.45インチの大きなディスプレイは情報を把握しやすく、スワイプ&タッチ操作もラクラク行うことが出来ます。もちろん、文字盤のデザインも専用アプリから自由に変更・カスタマイズが可能です。

▼多種多様なスタイルの文字盤に変更可能。

そして5ATMの防水規格に対応しており、50メートルの深さに相当する圧力に最大10分間耐えることができるため、水泳時に装着しても問題ありません。

▼お湯のあるシャワー、温泉、サウナ(スチームルーム)など、高温多湿の場所での使用には適していないので注意。

このように、高性能・高機能かつ高い汎用性を擁するスマートウォッチとなっています。

今回、提携先より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を基に良かった点・悪かった点を紹介していきたいと思います!

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • スマートウォッチ本体
  • 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル

▼マニュアルは日本語にも対応しています。

スマートウォッチの外観

▼スマートウォッチ本体の外観。46×46×10.7mmのコンパクトな筐体に、1.45インチの大きめなタッチディスプレイが搭載。

▼筐体自体は32gと非常に軽いです。

▼真横から見た様子

▼右側面には2つのファンクションボタンが搭載されています。

▼後ろから見た様子。ベルトは汚れが付着しづらく、柔軟なフッ素ゴムで造られています(ブラック色の場合)。

▼ベルトを展開した様子。どのような太さの手首でも装着できるようになっています。

▼広げた様子

▼裏面の手首にあたる部分には、装着者の生体情報を読み取る端子と、充電ポートが用意。

このように、スマートウォッチ自体はシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっています。

インターフェース構成自体は、一般的なスマートウォッチと大差ないでしょう。

余計なボタンやダイヤル類が一切ないため、初めてこの手のデバイスを扱う方でも困ることはないと思います。

▼私が以前まで愛用していた『HUAWEI Watch FIT2』(画像右)と並べた様子。

▼1.74インチの大きなディスプレイを搭載した『HUAWEI Watch FIT2』に引けを取らないディスプレイの大きさです。

▼厚みは『Amazfit GTR 3 Pro』の方が若干厚いです。

快適な装着感

『Amazfit GTR 3 Pro』の場合もズッシリ感はなく、快適な着け心地を実現できています。

▼長時間装着し続けても、手首が痛くなることはないでしょう。

▼どのような太さの手首にも、柔軟にフィットします。

マグネット式充電に対応

本製品付属の充電ケーブルは、マグネット吸着式となっています。

充電の際は、スマートウォッチ背面のポートにケーブル端子を近づけるだけでカチッと磁石で吸着し、充電が開始されます。

いちいち端子を手探りで探して接続する必要もないため、普段からストレスなく充電を開始出来ます。

そして充電速度は非常に速く、バッテリー残量がほぼゼロに近い状態でも、20~30分ほど給電を行うことで満充電まで回復させることが可能となっています。

公式アプリでスマホと同期

本製品の利用を開始する際は、スマートウォッチと連携したいスマホやタブレット端末へ、事前に公式アプリをインストールしておきましょう

▼公式アプリ(iOS・Android対応)

Zepp

Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

側面のファンクションボタンを長押しするとスマートウォッチが起動し、ペアリングスタンバイ状態となります。

▼インターフェースは当然、日本語にも完全対応。

アプリ(スマホ・タブレット端末)とのペアリングが完了すると、端末上でスマートウォッチの状態を確認したり、データの分析や機能のカスタマイズなどを行うことが可能となります。

▼本製品を使いこなすうえで必須とも言えるアプリなので、必ず初起動時にインストール&ペアリングしておきましょう。

自然な装着感

▼実際に使用可能状態になった様子。

コンパクトかつ薄型デザインのため邪魔にならず、見た目的にもスタイリッシュなため、フォーマルな場で他人に見られても気になることは無いでしょう。

5ATMの防水規格で設計されているため、装着した状態で手洗いを行ったり、汗をかくスポーツに興じても問題はありません。

このように、普段から自然な気分で装着し続けることが可能となっています。

ただし温水はNGのため、風呂場やサウナ等での使用は避けましょう。

実際に使用した感想

それでは、実際に『Amazfit GTR 3 Pro』を1週間ほど使用した感想について紹介していきます!

非常に豊富な機能が搭載

最近のスマートウォッチには、ヘルスケアをはじめ、日常生活で役立つ機能が豊富に搭載されています。

『Amazfit GTR 3 Pro』はその中でも用意されている機能が特に多く、その種類は使いきれないほどです。

▼画面をスワイプ&タッチすることで、すべての機能にアクセスできます。

▼画面が大きいおかげで、数値などの情報も見やすい!

▼気温も現時点の数値がリアルタイムで更新されます。熱中症への注意が必要な夏場には大切な機能ですね。

スマートウォッチの画面に表示するウィジェットは、連携済みの公式アプリ上で自由にカスタマイズ可能です。

ヘルスケア機能全般からアラーム、メッセージ&着信通知、天気予報、そのほか便利機能など、一般的なスマートウォッチで利用できる機能はほぼすべて用意されている。

▼音楽再生機能も搭載。スマホ音楽の再生/停止/曲送り・戻し/ボリューム調整などの操作を行うことが出来るほか、2.3GBの内部ストレージに音楽データを取り込み、スタンドアローンで音楽再生が可能です。

『Zepp OS』対応でアプリストアから自由に追加可能

本製品は独自の『Zepp OS』を搭載しており、デフォルトで用意されている機能以外にも、ストアからアプリを自由に追加することも出来ます。

▼Zeppアプリからストアにアクセスし、各機能を自由にインストール可能。

▼非常に多くの便利機能が用意されており、今後も随時追加予定とのこと。

Zepp OSのおかげで、このように機能を次々に拡張していくことが可能であり、デフォルトで高機能なだけでなく、拡張性にも優れたスマートウォッチとなっています。

日本語対応『Alexa(アレクサ)』搭載

本製品はAIツール『Alexa(アレクサ)』を搭載しており、アカウントにログインすることで音声操作が可能となります。

もちろん日本語に対応しており、Alexa搭載スマートスピーカーと同様に利用することが出来ます。

iOS『ヘルスケア』アプリとも連動可能

上述したZepp OSはiOSの『ヘルスケア』アプリとも互換性があり、データを同期することも出来ます。

今までiOSのヘルスケアアプリを用いて健康管理を行ってきた方は、『Amazfit GTR 3 Pro』にデータを引き継いで管理することが可能です。

バリエーション豊かな時計版

アプリから無料のテーマをインストールすることで、スマートウォッチのホーム画面(時計盤)のデザインを自由に変更できます。

▼公式が配布するテーマを、アプリ経由で無料インストールすることが可能。

▼カッコいい盤からオシャレ、カワイイ系のものまで多数用意!デザイン性を重視するか、見やすさを重視するか、自身の好みのテーマを適用しましょう。

▼ちなみに私はコチラのデザインが気に入って愛用しています。

高度な健康管理が可能

本製品でも、公式アプリと組み合わせることで高度な健康管理を行うことが出来ます。

運動(ワークアウト)計測

本製品は実に150種類以上の運動(ワークアウト)の記録・計測に対応しています。

▼思いつく限りのアクティビティに対応しています。

実際に、私が日課としているランニングで計測機能を利用してみました。

▼ランニング中の様子。タイム・距離・心拍数・消費カロリーなどをリアルタイムで計測。

▼運動終了後は、ワークアウトデータを保存し、いつでも閲覧することが出来ます。

▼Zeppアプリ上では、GPS機能を利用したルートトラッキングや、より詳細なワークアウト情報を確認できます。

このように、ユーザーがどの程度の運動を行ったかを細かく確認できるようになっており、日ごろから健康管理に気を付けている方にも非常に役立つツールと言えます。

なお、仮想ペーサー機能も用意されているため、目標ペースを設定して効果的なトレーニングを行うことも出来ます。

健康モニタリング機能

健康モニタリング機能では、心拍数・睡眠・ストレス・血中酸素飽和濃度などのパラメータを常時監視(モニタリング)することが出来ます。

▼各数値に異常のあった際には、即座に通知されます。

コロナ禍における昨今において、血中酸素飽和濃度を常時確認できるのは役立ちますね。

睡眠モニタリングに関しても、睡眠時の寝返りや心拍数等を測定し、眠りの質を可視化でき、活用すればより良い睡眠を実現することが出来るでしょう。

座りっぱなし防止機能

そして座りっぱなし防止機能では、ユーザーが座り続けている状況を通知して、こまめに運動することを促してくれます。

▼長時間座り続けていると、バイブレーションで通知する。

もちろん、機能のON/OFFや通知時間などは、アプリ上で詳細にカスタマイズすることが可能です。

長時間座り続けることは、エコノミー症候群や脳卒中、ひいては寿命が縮まることにつながると言われています。

本機能を利用して普段から意識的に体を動かすことで、健康寿命の延長につながるでしょう!

▼キチンと動いている場合は、逆に褒めてくれます((´∀`*))

上記で紹介した以外にも、ストレス管理機能や、女性の方向けに生理周期の記録機能なども用意されています。

本製品を使いこなすことで、日々の健康習慣を改善・向上させることが出来るでしょう!

マイク&スピーカー搭載で通話が可能

本製品にはマイクとスピーカーが内蔵されているため、スマートウォッチで音声通話を行うことが可能です。

▼もちろん、付近にBluetooth接続済みスマートフォンが存在していることが前提です。

スピーカーおよびマイクの品質は実に良好で、スマホのスピーカー通話を行った際と同程度の快適さで、会話を楽しむことが出来ました。

▼ダイヤル機能も用意されており、スマートウォッチから発信することも可能です。

さすが値段相応と言うべき機能ですね!

運動中に急な着信が来た場合でも、安心して対応できるでしょう。

あらゆる機能を搭載した、高性能スマートウォッチ

【個人的な評価】

  • 性能:(☆4.5)
  • デザイン:(☆5)
  • 扱いやすさ:(☆5)
  • 価格(コスパ):(☆4.5)
  • 総合評価:(☆5)

今回紹介した『Amazfit GTR 3 Pro』について、特徴をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • 軽量かつコンパクトで、快適な着け心地
  • スタイリッシュな見た目
  • 公式アプリ上で詳細なカスタマイズ、調整、データ確認が可能
  • 非常に豊富な機能を搭載
  • 高度な健康管理が可能
  • 便利なスマホ通知連動機能
  • バッテリーの持ちが良い

悪かった点

  • タッチ決済機能に非対応
  • たまにアプリ通知が届かない場合がある(LINEなど)

以上の通り、非常に機能の充実した高性能・高機能スマートウォッチとなっています。

Zepp OS搭載により、デフォルトで用意されている機能に加えて、ストアから多種多様なアプリを自由に追加できるため、拡張性にも優れたモデルだと言えます。血中酸素測定や睡眠モニタリング機能をはじめとした多くの健康管理ツールも用意されており、装着しているだけで、普段から健康を意識できるようになるでしょう。

デザイン的にもスタイリッシュかつ軽量なため、動きやすさや、装着時の見た目を気にする方でも抵抗感なく装着できると思います。バッテリーの持ちも良好で、充電なしで3~4日ほど連続利用しても問題はありませんでした。

マイク&スピーカー搭載で、スタンドアローンで通話や音楽再生を行える点も嬉しいですね。

一方で、この価格帯であれば、個人的にはタッチ決済機能に対応してほしかったところですね。また、たまにLINEなどでアプリ通知が届かない場合がある点は修正してほしいところです。

何はともあれ、思いつく限りの機能をすべて詰め込んだ、実に多機能なモデルとなっています。

決済機能が不要で、同価格帯でスマートウォッチを探している方には、是非オススメしたい一品です!

▼こちらの記事もオススメ!

Frontier ボーナスセール FINAL
【2024年7月】フロンティアの最新セール情報まとめ | オススメのゲーミングPCをピックアップ!

更新履歴 2024年7月12日(金):『ボーナスセール FINAL』の情報を更新しました。 公式サイト:FRONTIERダイレクト ショップの特徴 全体的に他社より安く購入できる 季節ごとに実施される ...

続きを見る

『Blackview BV8800』レビュー!防水防塵・耐衝撃でアウトドアにうってつけのタフネススマホ

最近は屋内だけでなく、キャンプなどのアウトドアな場面にまでスマートフォンを持参することが当たり前になってきましたね! しかし海や川辺、高温多湿な森林などの過酷な環境では、スマホが故障してしまうリスクが ...

続きを見る

この記事をシェアする

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー
-, , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.