ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ガジェットレビュー

『Amazfit Active』レビュー!身体・メンタルの健康を毎日管理、通話にも対応した高性能スマートウォッチ

2023年10月24日(火)、日本国内向けにAmazfitの最新フラグシップスマートウォッチ『Amazfit Balance』(アマズフィット バランス)がリリースされました!

一般販売価格は21,900円(税込)となっています。

見た目・サイズ感的には以前発売されたモデル「Amazfit GTS4 Mini」と似ていますが、バッテリー持続時間を除けば、ハード・ソフトの両面でアップグレードされた最新モデルとなっています。

▼前機種(Amazfit GTS4 Mini)との比較

今回、本製品(ミッドナイトブラック色)についてメーカー様より提供していただいたので、実際に使用した感想を基に良かった点・悪かった点を分かりやすく紹介していきます!

【Amazon割引クーポンコード】

  • 5%OFF割引クーポンコード:Active20
  • クーポンコード有効期限:2023年12月6日(水)~ 2024年5月31日(金)
  • 商品ページ割引クーポン:5%OFF(2024年1月6日(土)まで有効)
  • 合計割引率:10%OFF
Amazfit Active スマートウォッチ 14日間持続ロングバッテリー 音楽保存 通話機能 24時間健康管理 心拍数 睡眠 ストレス GPS内蔵 ナビゲーション ZeppCoach 120種類スポーツモード Line通知 アプリ通知 5atm防水 ZEPP OS搭載 ミニアプリ iPhone対応 アンドロイド対応 腕時計(ミッドナイトブラック)
Amazfit
ブランド Amazfit(アマズフィット)
モデル名 Amazfit Active(アマズフィット アクティブ)
カラー ミッドナイトブラック/ペタルピンク/ラベンダーパープル
画面サイズ 1.75インチ HD AMOLED
解像度/PPI 390×450 / 341ppi
画面常時表示 対応
内蔵センサー 健康:バイオトラッカー™PPG
運動:加速度センサー、地磁気センサー、温度センサー
測位システム 円偏波GPSアンテナ
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
※屋内位置サービスは非サポート
通信規格 Bluetooth 5.2、BLE
防水規格 5ATM
対応OS Android 7.0 以上、 iOS 14.0 以上
対応アプリ Zepp
マイク サポート
スピーカー 内蔵
内部ストレージ 272MB(音楽データ保存用)
本体サイズ 約42.36×35.9×10.75mm(心拍ベース除く)
本体重量 シリコン:約35.7g(バンド含む)/約24g(バンド除く)
ヴィーガンレザー:約35.5g(バンド含む)/約27g(バンド除く)
タッチスクリーン 強化ガラス+指紋防止コーティング
ボディ素材 シリコン:アルミニウム合金+プラスチック
ヴィーガンレザー:ステンレス+プラスチック
バンド素材 シリコン/ヴィーガンレザー
バンド幅 20mm
バンド長 シリコン:135mm-190mm
ヴィーガンレザー:135mm-200mm
バンド仕様 クラシックピンバックル
バッテリー容量 300 mAh
バッテリー持続期間 省電力モード:最大30日間
通常使用:最大14日間
ハード使用:最大10日間

『Amazfit Active』は、約42.36×35.9×10.75mmの筐体に1.75インチの大きめなAMOLEDディスプレイを搭載。390×450 / 341ppi解像度対応のディスプレイは見やすく、操作しやすいです。強化ガラス+指紋防止コーティングの施されたスクリーンのおかげで、汚れや衝撃にも強く、常に綺麗で見やすい状態で利用できます。

公式アプリより、ウォッチフェイスを好みのテーマに変更することも可能。

ミッドナイトブラック/ペタルピンク/ラベンダーパープルの3色のモデルが用意。ラベンダーパープル色は「ヴィーガンレザー+ステンレス+プラスチック」で構成されているのに対し、ミッドナイトブラック/ペタルピンク色は「シリコン+アルミニウム合金+プラスチック」となっています。

コンパクトかつ軽量な筐体サイズに対して機能は充実しており、独自開発の「バイオトラッカー™PPG生体認証センサー」により、心拍数や消費カロリーの計測といったヘルスケア機能はもちろん、血中酸素レベル測定や睡眠モニタリングなどの健康管理機能をもれなく利用可能です。

▼ワンタッチで身体&精神(メンタル)の健康度数を計測できる「レディネス」機能も用意。

そしてスポーツ時の運動計測機能も充実しており、120を超える種類の運動に対応しています。5ATMの高い防水規格に対応しているため、水泳などのウォーターアクティビティ計測にも利用できます。

5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)に対応。ビルが密集する都市部や、郊外の山間部などにおいても、高精度の位置測位が可能です。

Google FitやApple Healthなど、サードパーティのフィットネスアプリと連携してデータを同期することも出来ます。

そしてAIの力を活用し、ユーザーの現在のランニングレベル、目標とするレースの日付と距離、およびレースの目的に基づいて、ベストパフォーマンスに導くランニングプランを自動生成してくれる「Zepp Coach」も搭載。

▼ーバートレーニングを避けるための休息や、適切なトレーニングのステップアップまでAIが提案してくれます。

スマートウォッチ自体にZepp OS 2.0が搭載されており、スマホ通知確認、天気、コンパス、気圧高度計、Alexa(日本語対応)、通知クイック返信(Androidのみ)、リモート撮影、会員カード(お気に入り店舗のショップカードのポイントコードなどをウォッチに追加)、TO-DOリスト、アラームなど、実用性の高い多くの機能を豊富に取り揃えています。アプリストアから最新のアプリを自由にインストールすることも可能です。

▼スピーカー&マイクを搭載しており、ウォッチ越しに通話を楽しんだり、Amazon Alexa(アレクサ)を利用することも可能です。

また、272MBの音楽用ストレージを内蔵しており、お気に入りの楽曲データをウォッチ内に保存し、オフライン環境で再生することも可能となっています。

300mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、一般的なウォッチ利用頻度であれば、約14日間ほど連続して使用することが可能。いちいち充電する手間を省くことが出来ます。

日常生活からビジネスの場面、本格的な運動まで、幅広い場面で役立つ機能を豊富に搭載した高性能スマートウォッチです!

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子。

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • スマートウォッチ本体
  • 充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル

▼ユーザーマニュアルは日本語にも対応しています。

スマートウォッチの外観

▼スマートウォッチ本体の外観。約42.36×35.9×10.75mmの筐体に1.75インチの大きめなタッチディスプレイが搭載。

▼強化ガラス+指紋防止コーティングの施されたスクリーンは汚れや衝撃に強く、頑丈です。

▼真横から見た様子。ブラック色の本体部分にはアルミニウム合金+プラスチックを採用。軽くて頑丈です。

▼右側面にはファンクションボタンが搭載されています。

▼後ろから見た様子。ベルト仕様はクラシックピンバックル式を採用。

▼バンドを展開した様子。

▼裏面の様子。

▼裏面の手首にあたる部分には、装着者の生体情報を読み取る端子と、充電ポートが用意。

快適な着け心地

『Amazfit Active』を装着しても重みはほとんど感じられず、非常に快適な着け心地を実現できています。

▼長時間装着し続けても、手首が痛くなることはないでしょう。

▼アルミニウム合金+プラスチック製のボディは軽くて頑丈。高級感はあまりありません。

▼シリコン製のバンドは肌触りが良く、擦れて肌が傷ついたり、跡が目立つこともありませんでした。

見た目的にもスタイリッシュで変に主張しすぎないデザインのため、普段から抵抗感なく装着し続けることが出来るでしょう!

マグネット式充電に対応

本製品付属の充電ケーブルは、マグネット吸着式となっています。

充電の際は、スマートウォッチ背面のポートにケーブル端子を近づけるだけでカチッと磁石で吸着し、充電が開始されます。

いちいち端子を手探りで探して接続する必要もないため、普段からストレスなく充電を開始出来ます。

なおバッテリー持ちは良好で、そこまでヘビー利用をしないのであれば、2週間ほど装着し続けても平気で充電がもちます。

そして充電速度も速く、バッテリー残量がほぼゼロに近い状態でも、100~120分ほどで満充電まで回復させることができました。

公式アプリでスマホと同期

本製品の利用を開始する際は、スマートウォッチと連携したいスマホやタブレット端末へ、事前に公式アプリをインストールしておきましょう

▼公式アプリ(iOS・Android対応)

Zepp

Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

側面のファンクションボタンを長押しするとスマートウォッチが起動し、ペアリングスタンバイ状態となります。

▼インターフェースは当然、日本語にも完全対応。

表示されたQRコードをZeppアプリで読み取り、ペアリングを行います。

アプリ(スマホ・タブレット端末)とのペアリングが完了すると、端末上でスマートウォッチの状態を確認したり、データの分析や機能のカスタマイズなどを行うことが可能となります。

▼本製品を使いこなすうえで必須のアプリなので、必ず初起動時にインストール&ペアリングしておきましょう。

▼アプリ上では、スマートウォッチに関する多岐にわたる設定項目にアクセスできます。

▼ファンクションボタンを押した際に呼び出される機能も、自由にカスタマイズできます。

▼実際に使用可能状態になった様子。

普段から自然な気分で装着し続けることが可能となっています。

そして本製品は5ATMの防水規格で設計されているため、装着した状態で手洗いを行ったり、汗をかくスポーツに興じても問題はありません。

ただし温水はNGのため、風呂場やサウナ等での使用は避けましょう。

非常に豊富な機能を利用可能

最近のスマートウォッチには、ヘルスケアをはじめ、日常生活で役立つ機能が豊富に搭載されています。

『Amazfit Active』はその中でも用意されている機能が特に多く、その種類は使いきれないほどです。

▼画面をスワイプ&タッチしたり、サイドのファンクションボタンを押すことで、豊富な機能にアクセスできます。

1.75インチの大きめな画面は、文字が見やすくタッチ操作もしやすいです。

▼音楽再生機能も搭載。スピーカー内蔵、音楽保存用の272MBストレージ内蔵のため、スマートウォッチ上でのスタンドアローン楽曲再生が可能となっています。

▼マイクもサポートしているため、Alexa機能を利用することが出来ます。

▼現在地の天候情報もリアルタイムで確認できます。

ヘルスケア機能全般からアラーム、メッセージ&着信通知、天気予報、そのほか便利機能など、一般的なスマートウォッチで利用できる機能はほぼすべて用意されています。

「会員カード」機能でスムーズな認証&決済を実現

本製品には「会員カード」という機能が用意されており、登録済みのQRコードをウォッチ上へ瞬時に表示させることが出来ます。

▼アプリ上で、会員証などのQRコード、もしくはバーコードを登録。

そしてスマートウォッチと同期することで、ウォッチ上で会員証のQRコードやバーコードを表示させることが可能になります。

この機能をうまく活用することで、電子名刺交換や、一部のQRコード決済などをスムーズに行えるようになるでしょう!

『Zepp OS』対応でアプリストアから自由に追加可能

本製品は独自の『Zepp OS』を搭載しており、デフォルトで用意されている機能以外にも、ストアからアプリを自由に追加することも出来ます。

▼Zeppアプリからストアにアクセスし、各機能を自由にインストール可能。非常に多くの便利機能が用意されており、今後も随時追加予定とのこと。

Zepp OSのおかげで、このように機能を次々に拡張していくことが可能であり、デフォルトで高機能なだけでなく、拡張性にも優れたスマートウォッチとなっています。

バリエーション豊かな時計版

アプリから無料のテーマをインストールすることで、スマートウォッチのホーム画面(時計盤)のデザインを自由に変更できます。

▼公式が配布する100種類以上のテーマを、アプリ経由で無料インストールすることが可能。カッコいい盤からオシャレ、カワイイ系のものまで多数用意!

デザイン性を重視するか、見やすさを重視するか、自身の好みのテーマを適用しましょう。

ちなみに画面常時表示にも対応しています。

高度な健康管理が可能

公式アプリと組み合わせることで高度な健康管理を行うことが出来ます。

運動(ワークアウト)計測

本製品は実に120種類以上の運動(ワークアウト)の記録・計測に対応しています。思いつく限りのアクティビティに対応しており、5ATMの防水規格を擁しているため、マリンアクティビティの計測も可能。

運動終了後は、ワークアウトデータを保存し、いつでも閲覧することが出来ます。

▼Zeppアプリ上では、GPS機能を利用したルートトラッキングや、より詳細なワークアウト情報を確認できます。

Zepp Coach ™でランニングプランを作成

Amazfit Activeは「Zepp Coach ™」に対応しており、 AI の力を利用して、ユーザーの目標に合わせた個別のランニングプランを提供します。

公式アプリからZeppコーチを起動し、自身に最適なランニングプランを作成してみましょう!

▼AIが様々な質問をしてくるので、答えていきましょう。

回答が完了すると、AIが最終的なランニングプランを作成してくれます。

このように、AIの指示に従って回答していくことで、自身の身体状態と目標に最適なランニングプランを自動生成してもらうことができます。スマートウォッチ上でZeppコーチを起動することで、生成したプランを基に運動を開始できます。

むやみやたらに運動するよりも、プランに従って規則正しい運動を行うことで、最短で目標を達成できるでしょう!

健康モニタリング機能

健康モニタリング機能では、心拍数・睡眠・ストレス・血中酸素飽和濃度などのパラメータを常時監視(モニタリング)することが出来ます。

▼体の不調を検知したらすぐに通知する機能も用意。

▼スマートウォッチ上で身体の調子を、ワンタップでスピーディに確認できる!

身体&精神(メンタル)の健康具合をスコア化できる「レディネス」

本製品には、身体&精神(メンタル)の健康具合をスコア化できる「レディネス」という機能が備わっています。

身体と精神(メンタル)の回復具合をスコア化することで、自身でも無意識のうちに溜め込んでいるストレスや疲れなどに気が付くことができ、回復につながります。

▼ワンタッチでフィジカル&メンタルの健康スコアを測定。

睡眠時の安静時心拍数、睡眠時の心拍変動、呼吸の質、体温に基づいて生成される毎朝のスコアで、心身のコンディションを見える化してくれる便利な機能となっています。

▼モニタリングする指標も自由にカスタマイズすることが可能。

上述した「Zepp Coach ™」と組み合わせることで、オーバーワークを避け、より効果的に身体の調子を整えることができるでしょう!

外部アプリとの連携も可能

Zeppアプリはヘルスケアやadidas Running、Stravaといったサードアプリとの連携に対応しており、今までに記録してきた健康データ、運動データを共有できます。

複数アプリで健康管理を行いたい場合にも便利な機能ですね。

各種メッセージやアプリ通知を確認可能

一般的なスマートウォッチと同様の機能ですが、連携するスマートウォッチに届いた通知を、スマートウォッチ上でも確認できます。

▼メッセージや着信のある場合、スマートウォッチが振動するため、瞬時に把握することが出来ます。

▼EメールやSNS通知なども、中身まで確認できます。画面が大きくて解像度も高いため、文字が読みすいです。

▼アプリごとに、通知のON/OFFを切り替えることも可能。

このように、各種通知をスマートウォッチ上で確認できるため、スマホを出さずとも内容を把握することが出来ます。

各通知はバイブレーションで通知してくれるため、重要な着信やメッセージが届いた際にも、気付かずにとり逃してしまった!確認が遅れてしまった!といった事態を防ぐことができるでしょう。

実際に利用してみると、実に便利で重宝する機能です!

ウォッチごしの通話も可能

そして本製品はスピーカー&マイクを内蔵しているため、スマートウォッチ越しに通話を楽しむことが出来ます。

通話機能を利用するには、通話用のBluetooth接続が必要となります。

▼そしてZeppアプリ側で、Bluetooth通話機能をオンに。

▼スピーカー&マイクの品質は良く、スマートフォンのスピーカー機能で通話した場合と同様の感覚で会話を楽しめました。

▼ダイヤル機能も用意されています。

身体・メンタルの健康を毎日管理!通話にも対応した高性能スマートウォッチ

今回紹介した『Amazfit Active』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 軽量かつ快適な着け心地
  • 公式アプリ上で詳細なカスタマイズ、調整、データ確認が可能
  • 非常に豊富な機能を搭載
  • 高度な健康管理が可能
  • 「レディネス」機能を実装
  • 便利なスマホ通知連動機能
  • バッテリーの持ちが良い
  • ワークアウトプランニングに役立つ「Zepp Coach 」対応
  • マイク&スピーカー内蔵
  • 比較的リーズナブルな価格

悪かった点

  • タッチ決済機能に非対応

以上の通り、機能性・利便性・価格のすべてが優れた、非常にオススメ度の高いモデルとなっています!

Zepp OS搭載により、デフォルトで用意されている機能に加えて、ストアから多種多様なアプリを自由に追加できるため、拡張性にも優れたモデルだと言えます。血中酸素測定や睡眠モニタリング機能をはじめとした多くの健康管理ツールも用意されており、装着しているだけで、普段から健康を意識できるようになるでしょう。

新機能「レディネス」を備えており、フィジカル・メンタルの両面で健康度数をスコア化できます。「Zepp Coach 」と組み合わせることで、無理のない運動計画を立てやすくなっています。

バッテリーの持ちも良好で、充電なしで2週間ほど連続利用しても問題はありませんでした。

そして通話機能や音楽保存用の内部ストレージまで搭載しており、非常に汎用性の高いスマートウォッチであると言えます。

2万円前後の価格帯でスマートウォッチを探しており、決済機能の有無にこだわらない方には、本製品は間違いなくオススメできるモデルの1つです!

【Amazon割引クーポンコード】

  • 5%OFF割引クーポンコード:Active20
  • クーポンコード有効期限:2023年12月6日(水)~ 2024年5月31日(金)
  • 商品ページ割引クーポン:5%OFF(2024年1月6日(土)まで有効)
  • 合計割引率:10%OFF
Amazfit Active スマートウォッチ 14日間持続ロングバッテリー 音楽保存 通話機能 24時間健康管理 心拍数 睡眠 ストレス GPS内蔵 ナビゲーション ZeppCoach 120種類スポーツモード Line通知 アプリ通知 5atm防水 ZEPP OS搭載 ミニアプリ iPhone対応 アンドロイド対応 腕時計(ミッドナイトブラック)
Amazfit

▼こちらの記事もオススメ!

『Amazfit Balance』レビュー!体組成測定が可能、通話・カード機能にも対応したオールマイティなスマートウォッチ

2023年10月24日(火)、日本国内向けにAmazfitの最新フラグシップスマートウォッチ『Amazfit Balance』(アマズフィット バランス)がリリースされました! 一般販売価格は41,9 ...

続きを見る

『Amazfit Bip 5』レビュー!抜群のコストパフォーマンスを実現した高性能スマートウォッチ

2023年7月、スマートウォッチメーカーのZepp Health Corporation(中国)は、Amazfit(アマズフィット)ブランドの最新モデルである『Amazfit Bip 5』を発売しまし ...

続きを見る

この記事をシェアする

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー
-, , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.