RSSを購読する
follow us in feedly
ふかふか交易所 | ネットの情報をわかりやすくお届け!
RSSを購読する
follow us in feedly

ニュータウンシリーズ まとめ

マインクラフト関連記事 まとめ

VR関連記事 まとめ

トップ ゲーム 動画 ホームページ 掲示板 お問い合わせ サイトマップ ページ下部へ

ゲームカテゴリ 新着記事

サイト内検索

過去7日間の人気記事

  • 総合
  • ゲーム
  • 動画
  • ホームページ

ホーム > ゲームカテゴリー No.61 ~ No.70 > 記事No.70

[マイクラ] 究極のリアルシェーダー『Continuum』導入&カスタマイズ方法を解説

← 前の記事

次の記事 →

ps4_usb_pc

今回は、影MODで使用するシェーダーの中でも、特にハイスペックPC向けに描画を特化させたシェーダー『Continuum』の導入方法と設定(カスタマイズ)方法について解説していきます!

『Continuum』は作者のdotModded氏がSEUSシェーダーを改造したものであり、全体的な色合いや打ち寄せる波の形などが変化しています。SEUSとの比較に関しては以下のサイトさんが解説されています。

[影MOD] PV撮影に最適なハイスペックPC専用シェーダーパック「Continuum Shaders」をSEUSと比較 [Minecraft] | ナポアンのマイクラ

※対応マイクラバージョン:ver1.7.x 以降(※設定値によってはかなり高負荷となるため、お使いのグラボと相談しながら慎重に導入してください)


『Continuum』シェーダーの導入

※シェーダーの導入には、前提として『Minecraft Forge』と『Shaders Mod』、そして『Optifine』が必要です。事前に導入しておいてください。

DL:http://continuumshader.com/

上記のサイトにアクセスし、"Downloads"からContinuum shader本体をダウンロードします(今回の記事では1.2のタブ内の「Continuum Shader 1.2.1 NON-PBR for 1.9.x」について解説していきます。なお"for 1.9.x"と書いてありますが、1.7.xや1.8.xでも使用できます。

ダウンロードしたContinuum shaderを .minecraft内の"shaderpacks"フォルダにそのまま入れてください。マインクラフトを起動し、shaderからContinuumを選択できれば導入は完了です。


Parallax Occlusion Mapping(POM)対応リソースパックの導入

Continuum shaderはParallax Occlusion Mapping(POM)と呼ばれる描画に対応しています。

POMとはテクスチャ上の凹凸を表現する描画機能のことで、POMに対応するリソースパックを使用することでブロックの描画がよりリアルになります。

POM対応リソースパックとContinuum導入時。ブロックの凹凸が表現されている

Continuum shaderの配布元でもPOM対応リソースパックはダウンロードできますが、リアルさを追求したい方はおすすめの「S&K PhotoRealism」を導入してみてください!

以下のサイトから「S&K PhotoRealism」リソースパック本体と、POM対応用ファイルをダウンロードします。

DL:リソースパック本体

DL:POM対応用ファイル(パック本体と同じサイズのものを選択)


そしてダウンロードしたPOM対応ファイルの中身を、そのままリソースパック本体に入れます。これでS&K PhotoRealismをPOMに対応させる作業は完了です。


「gbuffers_terrain.fsh」の編集

シェーダーとリソースパックの導入が完了したら、最後にContinuum shaderのカスタマイズをおこなっていきます。

Continuum shaderのzipフォルダを開き、"shaders"フォルダ内の「gbuffers_terrain.fsh」というファイルを、Notepad++などで開いてください。(Notepad++の導入方法はコチラの記事などで解説しています)

「gbuffers_terrain.fsh」の19行目~40行目が、おもに編集する部分となります(画像赤枠)

赤枠で囲った部分がおもに編集する箇所

各設定値について説明したものを以下に示します。これを参考にお好みの値に設定してください。

     
行数 設定値 説明 範囲
21行目 #define NORMAL_MAP_MAX_ANGLE 数値が高いほど精細に描画される(高負荷) 0.5f~5.0f
24行目 #define PARALLAX POMを有効にするか否か。先頭に//を付けるとPOMを無効化 -
25行目 #define LQ_POM 先頭の//を消すと、FPSが上がる(ただしPOMのクオリティが落ちる) -
26行目 #define POM_Distance POMの描画距離(高負荷) 10~100
27行目 #define POM_Depth POMエフェクトのつよさ。大きいほどブロックの凹凸がつよく描画される 0.5~5.0
39行目 #define TEXTURE_PACK_RESOLUTION 使用するリソースパックのサイズを選択(正しい値でないとPOMが正常に描画されません) 32~512

個人的にNORMAL_MAP_MAX_ANGLEを"5.0f"、POM_Depthを"3.0"、POM_Distanceを"20"あたりに設定するのがおすすめ。512×512の「S&K PhotoRealism」を入れると下画像のようになりました。


( ゚д゚)


ここまでくると、キャラの手に対して逆に違和感を感じてしまう...。他にもPOMに対応しているリソースパックはたくさんあるので、気になる方はためしてみてくださいね!

最初にも言いましたが設定値によっては予想以上に重くなるので、導入する際はじぶんのグラボと相談しながら慎重に設定値を変えてみてください。グラボが吹っ飛んでも責任はおえません(´・ω・`)


なお「No cubes mod」と一緒に導入すると描画がバグるので絶対にしないように(経験者談)


※2016/09/10追記:シェーダーが正常に動作しない場合についての対処法を解説した記事を書きました!是非参考にしてみてください。

[マイクラ] 影Modのシェーダーがエラーで正常に動作しない場合の対処法

関連記事はこちら

この記事に対するコメント

Comment Box is loading comments...

過去7日間の人気記事

マインクラフト関連記事 まとめ

VR関連記事 まとめ

Aviutl(動画編集)関連記事まとめ

AR関連記事 まとめ

ご意見・ご質問等は 掲示板へ!

コメントを公開されたくない場合は メッセージフォームへ!


当サイトについて  月極広告の募集

©Copyright fukafuka295.jp 2016 All rights reserved.

トップ ゲーム 動画 ホームページ 掲示板 お問い合わせ サイトマップ ページ上部へ