ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

PCゲーム ゲーム関連 ニンテンドー 海外レビュー

『Untitled Goose Game - いたずらガチョウがやって来た』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月20日(金)海外発売の、Nintendo Switch, PC向けステルスアクションゲーム『Untitled Goose Game - いたずらガチョウがやって来た』。

名も無い1匹のガチョウを操作して、村の隅々まで自由に散策し、人の持ち物を盗んだり、ビックリさせたりと悪戯を繰り返し、平穏な人間の日常を台無しにするのが目的のちょっと変わったゲームです。

ハードNintendo Switch, PC
メーカーHouse House
価格1,980円(税込)
ジャンルドタバタアクション・ステルス・サンドボックス・ガチョウシミュレーター(?)
プレイ人数1人
リリース日 2019年9月20日(金)

公式サイト

このゲームについて:

あなたは平和な村に現れた、名も無い1羽のガチョウです。

『Untitled Goose Game』はドタバタアクション・ステルス・サンドボックス・ガチョウシミュレーター(?)。

村の隅々まで自由に散策したりおじさんの帽子を盗んだり、突然鳴いてびっくりさせたりして人間の日常を台無しにしましょう。

ガチョウを操作して町の人々にイタズラしまくるという何とも地味な内容のゲームとなっています。

しかし、出来るイタズラの種類は非常に豊富で、それに対する町民たちのリアクションもユニークなものばかりなので、意外に中毒性の高いゲームとなっています。

また、マップ中のオブジェクトを適切な人物に使うことで特有の反応を見せたりと、ちょっとしたパズル要素も含まれているため結構夢中になれます。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

GameSpot -いかに面白いプレイをするか、に焦点を置いたゲーム

Score:80

レビュアー

本作は、"いかに面白いプレイをするか" に焦点を置いたゲームです。ガチョウは町民たちに意地悪でありながらとても魅力的で、次々と新しい人をいじりまわすのは最高の経験です。

全体的にコンテンツが少し短いのが残念ですが、遊びの幅はプレイヤーの操作次第でいくらでも広がりを見せるので、長時間楽しむ余地は十分にあります。

原文

GOODな点

  • 非常に面白いゲーム性
  • ゲームのコメディ性を強調するサウンドトラック
  • 徳のが非常に楽しい、豊富なパズル要素

BADな点

  • コンテンツ量が少ない
  • 各地点のギミックを解いた際の見返りがあまり無い

IGN -短いゲームだが、たくさんの笑いと単純な喜びでいっぱい

Score:80

レビュアー

本作はまるで "ステルスゲーム" です。茂みや箱の中に隠れて、騒ぎを起こす瞬間を今かと待っているときのワクワク感は、メタルギアやヒットマンシリーズをプレイしている感覚に似ています。

また、同じ人を何度も何度もイタズラし続けていると、ヒステリックになって怒りだしたりと、様々な反応を見せるので何度でも遊ぶことが出来ます。コンテンツ自体は短いですが、その中にはとにかく沢山の笑いが詰まったイジワルなゲームです。

原文

GOODな点

  • 魅力的なデザイン
  • 非常に楽しく笑えるゲーム性
  • 様々な手段でイタズラすることができる
  • ステルスゲームのようなワクワク感

BADな点

  • ゲームが短い

Press Start Australia -短いゲームだが、たくさんの笑いと単純な喜びでいっぱい

Score:75

レビュアー

とある1人の人物に対してイタズラをしかける際も、メガネを盗ったり、靴紐を盗んだり、鳴いて怖がらせたりと、非常に多くの行動パターンとアニメーションが用意されており、いずれも魅力的なものばかりです。

また、水彩調の低ポリゴンモデルはゲームをより魅力的にしており、心を落ち着かせるサウンドトラックとマッチしています。

一方で、ゲームのコンテンツ量自体は多くなく、その割には値段がちょっと高すぎるのではと思います。

原文

GOODな点

  • 良く作り込まれて、やりがいのあるパズル要素
  • プレイヤーを笑わせるゲーム性
  • 心を落ち着かせるサウンドトラック

BADな点

  • 何度もプレイし続けられるだけのボリュームが無い
  • ボリュームの割に、値段がちょっと高すぎる

PC Invasion -値段がコンテンツ量に見合うかどうかは、あなた次第

Score:70

レビュアー

本作の見た目(ビジュアル)とサウンドトラックはとても印象的で、特に追いかけられたりすると、それに合わせてオーディオの速度が変化したりするのがカオスで面白いです。

用意されているパズル(ミッション)には、買い物かごに店のアイテムを入れていくようなシンプルなものから、花瓶を粉砕したり、薔薇の剪定を行ったりするような複雑なものまで、バリエーション豊かなものが揃っており退屈しません。

一方でコンテンツ量自体は非常に短く、クリアするだけなら数時間で終わります。

このコンテンツ量とゲーム性が、値段に見合うかどうかはあなた(プレイヤー)次第です。

原文

GOODな点

  • 優れた陽気なステルスゲーム
  • ゲーム性にフィットしたオーディオ
  • 印象的なビジュアル
  • シンプルなものから複雑なものまで、様々なパズル要素

BADな点

  • ボリュームが少ない(メインゲームは数時間でクリア可能)

総合評価(トータルスコア)

総合Score:78

GOODな点

  • 非常にユニークかつ笑えるゲーム性
  • 魅力的なビジュアルとサウンドトラック
  • 解くのが非常に楽しいパズル要素
  • ステルスゲームのようなワクワク感
  • 豊富なイタズラの手段とリアクション

BADな点

  • コンテンツが短い(メインのクリアまで数時間程度)

公式サイト

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『Untitled Goose Game - いたずらガチョウがやって来た』についての海外メディアの感想となります。

人間をひたすらイタズラしまくるという独特なゲーム性は、非常にユニークで笑えるものに仕上がっています。低ピクセルなグラフィックと、ゲームの展開に合わせて変化するサウンドトラックについても、魅力的だと高評価を得ています。

そしてただイタズラするだけでなく、物陰に隠れながらイタズラのチャンスをうかがっている時のドキドキ・ワクワク感は、まるでメタルギアシリーズのようなステルスゲームっぽさを感じることも出来るようです。

一方で、本作のボリュームが少なく、その割には値段が高い点が指摘されています。

本作のようなゲームは、ただクリアを目指すだけならあっという間に終わってしまうものが大半なので、長く遊び続けられるかどうかは、プレイする人の遊び心にかかっているようですね。

かなり実況動画向けのゲームだと思うので、YouTube投稿する動画について迷っている方は、是非プレイしてみてはいかがでしょうか!(゚∀゚)









-PCゲーム, ゲーム関連, ニンテンドー, 海外レビュー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.