ゲーム関連 テクノロジー関連

『PS4 Pro』でPlaystationVR(PSVR)をプレイしてみた感想&旧型との比較

投稿日:

今月の10日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から、PS4の機能を向上させた上位互換機種である『PS4 Pro』が発売されました。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格:¥ 43,178
OFF: 5%
¥ 41,202
Amazon.co.jp

PS4 ProはGPU(描画を行う部分)が大幅に強化されており、メモリも増設されています。そのため、PS4 Pro向けに対応された通常のタイトルでは、4K画質・60fpsのゲームプレイが可能になるなど、グラフィック面が大きく向上します。

またPS4 Proでは、PlaystationVR(PSVR)の一部の対応タイトルもグラフィックの向上フレームレートの向上といった、描画面でのアップグレードが期待できるとされています。

そこで今回は、実際にPSVRをPS4 Proでプレイしてみた際の感想と、旧型との比較についてまとめてみました!

PS4 Proに対応するPSVRタイトル一覧

現時点(記事投稿時点)で発表されている対応タイトルの一覧です。2016年11月10日時点の発売元会社の申告によるリストだとのこと。

2017年1月末までに発売予定のタイトルを掲載しています。なおPS4 Pro対応タイトルのパッケージには以下のような「PS4 Pro ENHANCED(エンハンスド)マーク」が付くようです。

PS4 Pro対応 PSVRタイトル 一覧:

  • Battlezone VR
  • Bound
  • Call of Duty:Infinite Warfare(Jackal Assault)
  • DriveClub VR
  • PlayStation VR Worlds
  • Rez:Infinite
  • RIGS:Mechanized Combat League
  • Rise of the Tomb Raider
  • The Playroom VR
  • Thumper
  • Until Dawn:Rush of Blood
  • Robinson:The Journey(日本未発売)
  • Super Stardust Ultra(日本未発売)

関連:『PS4 Pro』で映像表現のクオリティが上がる対応タイトル一覧

PS4 ProでPSVR対応タイトルをプレイした感想

ジャギの軽減、ピクセル感の解消

従来のPS4とPS4 ProによるVR体験の差を比較するため、『RIGS』や『BattlezoneVR』など、いくつかのPSVRタイトルをプレイしてみました。

その結果、ほぼすべての対応タイトルでグラフィックおよびフレームレートの向上を確認できました。大きな点としては、ゲーム内のオブジェクトに発生していたジャギ(テクスチャのギザギザ)が軽減し、全体的に輪郭がすっきりとした印象を受けました。

 

▼また、『Rez:Infinite』などのタイトルでは以下の画像のように、爆発などのエフェクト効果のピクセル感が無くなり、さらにリアルに描画されるようになりました。

画像元:https://twitter.com/enhance_games

ぼやけが軽減し、全体的にクッキリとした印象に

また、通常のPS4を使用していた際、VRタイトルによっては視界にぼやけを感じることがありました。しかしPro版ではそのぼやけが大きく改善し、PSVRを起動すると、以前より全体的にクッキリとした印象を受けました。

▼『Batman Arkham VR』プレイ時の比較。右端の文字を見ても分かるように、ぼやけが改善されている。

▼特にSIEがリリースした『VR WORLDS』では、Proによる効果を特に顕著に感じることができます。特に遠くの風景が格段に見やすくなりました。

ロード時間も短縮、ゲームプレイが快適に

Proによって得られた恩恵はグラフィック面だけではなく、ゲームのロード時間もかなり短縮され、起動時のストレスが減りました。

▼VRゲーム『Robinson』起動時の比較動画。通常のPS4では起動までに52秒かかるのに対し、Proでは40秒に短縮された。(24%短縮)

ただしタイトルによっては感じられる効果に差も

ここまでProによる改善効果を述べてきましたが、これはあくまでPS4 Pro対応コンテンツでの話です。Pro非対応ゲームもいくつかプレイしてみましたが、そちらではほとんど差を感じることができませんでした。

また、対応タイトルでも『Rez:Infinite』などでは大きなグラフィック向上効果を感じることができましたが、『RIGS』のように元々から比較的グラフィックの良いタイトルでは、あまり差を感じることができませんでした。

 

▼『Battlezone VR』の分かりやすい比較動画。Proに対応しているコンテンツのはずが、あまり違いは見られない。

描画の向上を感じることは可能、ただし期待のし過ぎは禁物

以上、PS4 Proによって特に感じることのできる利点についてまとめました。

対応タイトルによっては大きなグラフィックの改善を感じることができます。しかし現状では、あくまで細部の描画が改善されるのみに留まっており、VR体験自体に大きな変化はありません。そのため、ProによりVR体験が別物になると期待し過ぎている方は要注意です。肩透かしをくらってしまう可能性もあります。

しかし描画自体は確かに向上します。またフレームレートも向上するため視点移動がより滑らかになり、多少酔いにくくなっていると感じました。

そのため、現状で得ることのできる最大限のVR体験を味わいたいという方にとっては、PS4 Proを購入する価値は大いにあると思います。少なくとも私は、通常版PS4からProにわざわざ乗り換えましたが、結果的に満足しています!(゚∀゚)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格:¥ 43,178
OFF: 5%
¥ 41,202
Amazon.co.jp

-ゲーム関連, テクノロジー関連
-, , , , , , , ,

Copyright© ふかふか交易所 , 2019 All Rights Reserved.