ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

PCゲーム ゲーム関連 プレステ マイクロソフト 海外レビュー

『eFootball ウイニングイレブン2020』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月10日(火)発売の、PS4, Xbox One, PC向けサッカーゲーム『eFootball ウイニングイレブン2020』。

※Xbox One版およびPC版は、英語版のみとなっています。

大人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズの最新作となります。本作ではJリーグ・ヴィッセル神戸の "アンドレス・イニエスタ選手" をアドバイザーに迎え、狭いエリアを抜け出して局面を打開する新操作『フィネスドリブル』や,個性のきわだつボールタッチ、精度の増したディフェンスなど,より現実に近い駆け引きが実現されています。

ハードPS4, Xbox One, PC(Steam)※PS4版のみ日本語対応
販売元KONAMI
価格スタンダードエディション:8,208円(税込)

レジェンドエディション:10,368円(税込)

ジャンルサッカーゲーム
プレイ人数1~4人(オンライン時:1~22人)
リリース日 2019年9月10日(火)
対象年齢(CERO)A(全年齢対象)

Amazonで見る

このゲームについて:

制作時、かたわらで画面を見ていたイニエスタがふとつぶやいた。

「No hay nada más que decir (これは、もう言うことはないよ)」 それは新しいボールコントロールが繰り出された場面だった。

今作ではまさにイニエスタがピッチの上で見せるような種々の技巧が狭いエリアにおいて表現され、高いレベルでの駆け引きができるようになった。 密集したエリアで敵をかわすドリブル。難しい状況下での、個性に合わせたトラップの数々。 フリーの際、より精度の高いキックが出せるように進化したロングパス。 パスやトラップのミスも如実に表現されるため、これまで引き出しにくかったセンスやテクニックが持ち味の選手の強みが存分に発揮できるようになった。
ボールを持つ。目の前には複数の敵がいる。さあ、君はどう突破するか——ウイニングイレブンの世界に、新たな駆け引きが生まれる。

あのイニエスタ選手が監修しただけあって、以前よりリアルさが増したサッカーゲームとなっています。

今作では、監督就任から始まるクラブ内のさまざまなイベントを体験できる『マスターリーグ』を刷新。世界のビッグマッチを,初心者から上級者まで楽しめる新オンラインイベント『Matchday』などの、多くの新要素が追加されています。

そんな今作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

The Games Machine -シリーズ史上最高傑作

Score:91

レビュアー

グラフィックが向上し、選手の動きは今まで以上に現実的で滑らかなものになっています。各種メニューのインターフェースも洗練され、混乱することなく素早い操作が可能になっています。

本作はシリーズ史上最高傑作弟です。

原文

GOODな点

  • リアルで楽しいゲームプレイ
  • シリーズ最高の出来
  • 現実的で自然な動き
  • 洗練されたインターフェース
  • 可能な限り最も現実的なサッカーシミュレーション

BADな点

  • 現実に沿った選手が登場しない

※リーグライセンスを取れていないため

Multiplayer.it -サッカーの本質を捉えたゲーム

Score:90

レビュアー

NPCと対戦すると、相手はチームは特定のパターンを乱用することなく、かなり多様な方法で攻防を繰り広げてきます。また、特定のキャラクターには癖があり、プレーの端々にその特徴を見ることが出来るので、非常に良くできたAIシステムであると言えます。

グラフィックやサウンド、選手の動きもより現実に近いものになっており、まさにサッカーの本質を捉えたゲームとなっています。

原文

GOODな点

  • スムーズなゲームプレイ
  • ドリブル技をマスターするのは難しいが、上手くできるようになると大きな達成感がある
  • サッカーの本質を捉えたゲーム性
  • 良くできたAI
  • 素晴らしいグラフィックとサウンド

BADな点

  • ゲーム内容的には従来作品とあまり変わりはない

IGN Spain -これまでにない、リアルなコントロール

Score:88

レビュアー

本作ではパスとショットの精度が低下しているため、プレイ中により注意深く考えて操作しないとコントロールできません。これによりゲームのペースは遅くなるものの、集中性が高まり、リアリズム(現実性)も向上しています。

その他、細かなスティック操作性などは前作から改善されています。

原文

GOODな点

  • これまでにない、リアルなコントロール
  • 非常に楽しいキャンペーンモード
  • オンライン対戦への新しいアプローチ

BADな点

  • 非常に重要なライセンス(特にヨーロッパのチーム)がまだ欠けている

SpazioGames -今世代の最高のサッカーゲーム

Score:85

レビュアー

美しいグラフィックや優れた物理エンジンなどにより、プレイ中は『サッカーを考えなくてはならない』といった感覚になります。従来作のようなピンボール式のサッカーではなく、プレイヤー自身が11人の選手となってリアルなプレーが実現できます。

セリエAとリーグ1を除いたヨーロッパのチームライセンスが欠如しているのは残念ですが、それでも今世代最高のサッカーゲームには変わりありません。

原文

GOODな点

  • 今世代のベストサッカーゲーム
  • 美しいグラフィック
  • 優れたボールの物理エンジン
  • 簡単な操作性
  • その他、いくつかのシステムの改善

BADな点

  • いくつかのチームライセンスが古い(特にヨーロッパ)

Trusted Reviews -選手たちの動きが大幅に改善

 

Score:80

レビュアー

選手たちの動きやアクションの不格好さは、ウイイレシリーズの長年の欠点でした。しかし今作では大幅に改善されており、さらにミスキックやフィネスドリブルなど新アクションが追加されたことで、非常にリアルな動きを再現しています。

ただ、オフライン・オンラインモードにこれといった追加要素が無いのが残念です。

原文

GOODな点

  • トップクラスのゲームプレイング
  • ミスキックとフィネスドリブル(新テクニック)の追加
  • 印象的なビジュアル
  • 新たなスタジアムカメラ視点の追加
  • 選手の動きの改善

BADな点

  • 物足りないオンラインモード
  • 不完全なマスターリーグ
  • AIに改善の必要あり

God is a Geek -AIの改善が必要

総合Score:75

レビュアー

グラフィックは驚異的です。スタジアムは息を呑むような美しさであり、細部までこだわって作られています。選手だけでなく観客、照明効果もリアルに表現されており、特に新しく追加された『スタジアム視点』では、過去のシリーズ作をはるかに凌ぐ没入感があります。

ただ、特定の試合においてAIが現実的でない動きを見せることが度々あり、良いボールを持っても予想外の動きをするため、得点が失われることが何度もありました。まだまだいくつかの改善が必要です。

原文

GOODな点

  • 非常に素晴らしいグラフィック
  • 流れるような選手な動きによって、非常にリアルな試合になる
  • 新規ライセンスの追加

BADな点

  • AIの頭が悪いときがある
  • ファウル判定に改善の余地あり

総合評価(トータルスコア)

Score:84

GOODな点

  • 美しいグラフィック
  • 非常にリアルな選手の動き
  • ミスキックやフィネスドリブルなど、新アクションの追加
  • 没入感の高まる新カメラ視点の追加
  • ボールの優れた物理エンジン
  • 新規ライセンスの追加
  • その他、いくつかの改善点

BADな点

  • 主にヨーロッパのチームライセンスが欠けている
  • AIの頭が悪い時がある

Amazonで見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『eFootball ウイニングイレブン2020』についての海外メディアの感想となります。

長年続くウイイレシリーズですが、本作ではグラフィック面、選手の動きの点について、過去作を遥かに凌駕する出来となっているようです。スタジアムや観客の描写にも目を見張るものがあると、各レビュアーとも高得点を出しています。

また、ミスキックやフィネスドリブルなど、新アクションの追加が追加されたことにより、シリーズをプレイし続けているプレイヤーでも新たな戦術で挑む楽しさがあるとのこと。

その他、オフライン・オンラインモードについても従来作通りの楽しさがあり、シリーズの中でも最高峰の出来となっています。

一方で、いずれのレビュアーも指摘していたのが "ヨーロッパライセンスの欠如" についてです。

ウイイレシリーズは以前より、公式チームライセンスの取得が遅れていることが問題視されていましたが、今作でもレアル・マドリードやアトレンティコ・マドリードを含む、いくつかの有名チームのライセンスが取れていないため、ガッカリしているレビュアーが多くいました。

しかし、近年発売されたサッカーゲームの中では間違いなく最高峰の出来だと高得点が連発しています。シリーズファンの方々なら間違いなく買いの一作ですね!(゚∀゚)









-PCゲーム, ゲーム関連, プレステ, マイクロソフト, 海外レビュー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.