ゲマステ!- Gamers Station

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

映画 海外レビュー

洋画『IT2 イット THE END』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2019年9月5日

2019年10月4日(金)に日本国内で公開の洋画『IT: CHAPTER TWO(IT 2 THE END)』。

本作は2017年に公開された映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編であり、前作と同じくスティーブン・キングの小説『It - イット -』を元に制作されています。監督は同じくアンディ・ムスキエティ氏。

監督アンディ・ムスキエティ
ジャンルホラー
配給会社ワーナーブラザーズ
公開日北米:2019年9月6日(金) 日本:2019年11月1日(金)
主な出演者James McAvoy
Jessica Chastain
Bill Hader
Isaiah Mustafa
Jay Ryan
James Ransone
Andy Bean
Bill Skarsgård
上映時間169分

あらすじ:

子供が消える町に "それ" は現れる。

静かな田舎町で連続児童失踪事件が再び起きた。幼少自体に "それ" の恐怖に襲われたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前の約束を果たすために町に戻ることを決意する。

なぜ、その町では子供が消えるのか?なぜ、事件は27年周期で起きるのか?"それ"の正体と目的とは?

果たして、彼らはすべてを終わらせることができるのか!?

公式サイト

『IT - イット - 』シリーズは、恐怖のピエロが子供を襲うホラー映画です。今作は、前作の出来事から27年が経ち、大人になった前作主人公らが再びピエロの謎に挑む物語となっています。

北米での1作目の評判は非常に良く、『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回る3億2,748万ドルの興行収入を叩き出し、ホラー映画としてはNo.1の大ヒットとなりました。そのため、続編となる今作には大きな期待がかかっていました。海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

今回は『IT: CHAPTER TWO(IT 2 THE END)』について、現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

EMPIRE -容赦なく心理的にクる続編

Score:100

レビュアー

続編では容赦なく心理的にクる演出によって恐怖がより高められています。物語もキャラの過去やトラウマに踏み込んだ、より深い内容になっています。まさにホラー映画のあるべき姿です。

原文

Chicago Sun-Times -中々良い映画、だが前作ほど良くない

Score:75

レビュアー

1作目に続いてペニーワイズ役のビル・スカルスガルドは相変わらずの怪演を見せています。しかし、怖がらせる対象であるルーザーズクラブの面々が大人になったためなのか、1作目ほどの恐怖は感じませんでした。

原文

Arizona Republic -中々良い映画、だが前作ほど良くない

Score:70

レビュアー

1作目には恐怖だけでなく、子供たちの目を通して成長する喜びを見るという "何か" があった。しかしチャプター2ではその面白さが欠けてしまった。

原文



Total Film -ファンタジー性の強すぎるホラー描写

Score:60

レビュアー

チャプター2は、キューブリックの「シャイニング」以来見たことのないような、非常に野心的なホラー映画となっています。しかし一方でホラー描写のファンタジー性が強すぎるので、恐怖が多少欠けており、昨今のフレディ映画のようになっている。

原文

Los Angeles Times -幻想的な不気味さがある

Score:60

レビュアー

映画の隅々には幻想的な不気味さがあります。しかし映画が最後に近づくにつれ、急いで終わらせるためにキャラクターの心理的な描写が詰め込まれ、一口サイズに短縮されてしまっているのが残念です。

原文

総合評価(トータルスコア)

総合Score:59

GOODな点

  • 容赦なく心理的にクる演出
  • キャラの過去やトラウマに踏み込んだ深い内容
  • より高められた恐怖

BADな点

  • 1作目ほどの恐怖は感じない
  • 1作目のデジャヴを感じる描写の数々
  • 子供が成長していくのを見る楽しさが失われた
  • ラストに詰め込み過ぎ

公式サイト

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

1作目に引き続き、2作目もかなり心理的な恐怖を与えてくる作品に仕上がっているようです。また、成長したルーザーズクラブの面々を見る楽しさもあります。

しかし、恐怖描写に関しては1作目のデジャヴを感じるため、恐怖感は薄れていると述べるレビュアーが多かったです。また、1作目は怖がらせる対象が子供でしたが、今作は成長した大人になってしまったため、共感性からいって前作の方が怖かったと述べられています。

それでもホラー映画の中では優秀な部類と評価するレビュアーも多いため、1作目を気に入った方なら続編も楽しめるかもしれません!(゚∀゚)

▼ちなみに1作目『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』はアマゾンプライム会員なら数百円でレンタルすることができます!配達料無料やお急ぎ便配達など様々な特典もあるので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか!

-映画, 海外レビュー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- Gamers Station , 2019 All Rights Reserved.