ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

映画

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

2023年3月20日

ジョンウィックシリーズの第4作目である『ジョン・ウィック:コンセクエンス』(John Wick: Chapter 4)(ジョンウィック4)。

本作は、世界中で人気の高いノンストップ・キリング・アクションシリーズ「ジョン・ウィック」の第4作目にあたる作品です。

『ジョン・ウィック:パラベラム』の直接の続編で、マイケル・フィンチが脚本を共同執筆し、チャド・スタエルスキが監督を引き続き務めています。

配給 北米:ライオンズゲート
日本:ポニーキャニオン
制作会社 サンダー・ロード・ピクチャーズ
87イレブン・プロダクションズ
監督 チャド・スタエルスキ
主な出演者 キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
ドニー・イェン
ランス・レディック
リナ・サワヤマ
ビル・スカルスガルド
スコット・アドキンス
真田広之
イアン・マクシェーン
上映時間 169分
公開日 北米:2023年3月24日
日本:2023年9月

Amazonで関連商品を見る

この作品について:

2015年に第1作「ジョン・ウィック」が公開され、17年に「ジョン・ウィック チャプター2」、19年に「ジョン・ウィック パラベラム」と公開される毎に前作の全世界興行収入を大幅に更新し続けてきた「ジョン・ウィック」シリーズ。主人公は、数々の伝説で裏社会を震撼させてきた最強の殺し屋ジョン・ウィック(リーブス)。愛犬を殺されロシアンマフィアを壊滅、家を爆破されイタリアンマフィアも殲滅(せんめつ)、掟を破りながらも粛清の包囲網から生還した男が、遂に裏社会を支配する組織との決着に動き出す。

本作では、リーブスに加え、ジョンを追い詰める盲目の達人ケイン役にドニー・イェン、日本の旧友シマヅ役に真田広之と、各国のリアルアクションのレジェンドが集結。また「主席連合」の高官グラモン侯爵役を「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」のビル・スカルスガルド、シマヅの娘アキラ役でロンドンを拠点に活躍する日本人アーティスト、リナ・サワヤマが出演している。

本作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

IndieWire -シリーズ最高傑作

Score:100

海外レビュアー

「ジョン・ウィック」シリーズは、妻と犬の復讐から始まり、数々の登場人物や神話を生み出す壮大な冒険へと進化しました。第4章では、チャド・スタヘルスキ監督とキアヌ・リーブスがシリーズを原点回帰させ、世界と物語を更に広げることに成功。結果として、これまでで最高の作品が誕生し、ジョージ・ミラーの「マッドマックス:フューリーロード」以来のアメリカのアクション映画の金字塔となりました。

物語は、ジョン・ウィックが復讐のためにどこまで行くのか、身近な人々を危険に晒すことに価値があるのかを問いかける展開へ。そして、彼がかつて捨てたシステムを破壊することに焦点が移ります。このシリーズは、友情や絆に立ち返りつつ、新たな登場人物やスリリングなアクションシーンを加えることで、観客を惹き込み続けています。

本作の見どころは、キアヌ・リーブスが演じるジョン・ウィックの息をもつかせぬアクションシーン。また、ドニー・イェン演じるケインが、キャラクターの魅力を引き立てる要素となっています。物語の終盤では、ジョン・ウィックが自らの行動について熟慮し、感動的な結末が描かれます。

「ジョン・ウィック」シリーズは年々進化し、チャド・スタヘルスキを最高のアクション映画監督の1人に押し上げ、キアヌ・リーブスに再び輝かしいキャリアをもたらしました。これまでのシリーズは最も一貫性のある映画シリーズの1つとして、鮮烈な印象を残しています。最後に、「ジョン・ウィック、帰ってきた」と言い切れる作品です。

原文

良かった点

  • シリーズ最高の映画であり、アメリカのアクション映画の中でも最高傑作
  • 複雑な神話や登場人物が豊富で物語が広がる
  • 人間関係に焦点を当てたストーリー
  • 緊張感のあるアクションシーンが連続
  • ユニークで魅力的な新キャラクターの登場
  • シリーズ全体の感情的な共鳴が最も強い作品

悪かった点

  • ジョン・ウィックの友人たちが彼の行動の代償を払う展開
  • 魔法のような防弾スーツがキャラクターを現実離れさせる
  • ジョン・ウィックが車に轢かれても痛みを感じない描写
  • スピンオフ作品が製作されることで、シリーズの質が低下する恐れ

slashfilm -圧倒するアクションシーンで観客を魅了

Score:90

海外レビュアー

『ジョン・ウィック:チャプター4』は、観客を圧倒するアクションシーンで魅了します。キアヌ・リーブスの献身的な演技とアクションヒーローとしての魅力が輝き、映画は彼の苦悩とともに進行します。キアヌはジョン・ウィックの役割において、限界を超えたキャラクターでありながら人間的な弱さも見せることで、観客に共感を呼び起こします。

本作は、シリーズの複雑な世界をさらに拡張し、物語の中で新たな登場人物や細かなルールが織り成す世界に観客を惹き込みます。また、キャストには魅力的なキャラクター俳優たちが揃っており、彼らとキアヌ・リーブスとの掛け合いも見どころの一つです。

映画は三つの巨大なアクションシーンを軸に展開し、そのスコープや武器、環境が次々と変わることで、飽きさせることがありません。さらに、香港のアクションスター、ドニー・イェンとの共演もファンに喜ばれることでしょう。

最終的に、『ジョン・ウィック:チャプター4』は、キアヌ・リーブスの魅力とアクションの融合により、シリーズファンにとって満足度の高い作品となっています。リーブスのアクションヒーローとしての姿勢は献身的で、ジョン・ウィックが100人の悪党を倒した後でも共感を持たせることができるのは、彼独自の演技力によるものです。シリーズを愛する人々にとって、本作は期待に応えるものであり、彼の復活を喜ぶことでしょう。

原文

良かった点

  • キアヌ・リーブスがアクションヒーローとして痛みを表現するのが素晴らしい
  • 人間的な弱さを持つスーパーヒューマンキャラクターが魅力的
  • シリーズの世界観が独特で引き込まれる
  • アクションシーンが大迫力で退屈しない
  • 俳優陣が豪華で魅力的なキャラクターを演じる
  • キアヌ・リーブスの演技力がジョン・ウィックの魅力を引き出している

悪かった点

  • 上映時間が3時間近くで長すぎるかもしれない
  • いくつかの登場人物が十分な活躍ができていない
  • ランス・レディックやローレンス・フィッシュバーンがほんの少しの出演に留まる
  • アクション以外のシーンが多いため、アクションを求める人には物足りないかもしれない
  • すでにジョン・ウィックシリーズを観尽くした人には、あまり新鮮味がない


The Daily Beast -
アクションの連続で飽きの来ない169分間

Score:80

海外レビュアー

『ジョン・ウィック:チャプター4』は、シリーズの第4弾としては良すぎるほどのものであり、169分という巨大な上映時間も圧倒的なアクションの連続で許容範囲内です。物語は完結編と続編の両方の要素を持ち、一貫性がない場面もあるものの、アクションシーンが熱く展開されます。

シリーズの特徴である美しいスタイルと獰猛な破壊力の融合が見事に再現され、キアヌ・リーブス演じるウィックの緻密な殺し屋ぶりが引き立ちます。このシリーズでは、彼の無口ながらも重力に満ちた存在感や疲れた様子が魅力的に描かれています。

香港の伝説的アクション俳優ドニー・イェンが登場し、ウィックの強力な助っ人として活躍します。彼はその華麗な戦闘能力を見せつけるとともに、緻密な殺陣と酔拳のような動きで観客を魅了します。

本作はアクション映画の競合相手に対して熾烈な戦いを繰り広げ、その中で豊かなキャラクターが活躍します。ジョン・ウィック:チャプター4は、一部の新要素よりも壮大さを追求し、スケールと緊張感を高めて、印象に残る映画となっています。

原文

良かった点

  • アクションが激しく迫力がある
  • 美しいスタイルと壮絶な殺陣が共存している
  • 立体的で魅力的なセットデザイン
  • キアヌ・リーブスとドニー・イェンの演技が素晴らしい
  • 色鮮やかな環境での戦闘シーンが印象的
  • 世界各地を舞台にしたスケールの大きな物語

悪かった点

  • 第4章はシリーズの過剰な続編に感じる
  • 169分という長い上映時間
  • グラモントが個性的でない悪役
  • ヘッドショットが繰り返されることで映画がやや単調になる

gamesradar -登場キャラクターの魅力が過去作を凌ぐものとなっている

Score:80

海外レビュアー

ジョン・ウィック:チャプター4では、シリーズを象徴するスリリングなアクションが継続して展開されます。第4作目は前作の続きから始まり、ジョンが平和を求めて壮大な戦いに挑む姿が描かれています。彼が鉛筆や本でできることに驚いたファンは、今回のプレイングカードやヌンチャクを使ったアクションにも期待できます。

本作で特筆すべきは、チャド・スタフェルスキ監督が再び登場し、キャラクターの魅力が過去作を凌ぐものとなっています。ドニー・イェン演じる盲目の暗殺者ケインは、個性的で魅力的なキャラクターとしてジョン・ウィックに匹敵する存在です。

また、本作の主要な敵役であるマルキ・ド・グラモントに扮するビル・スカルスガルドは、強烈な印象を与えます。スコット・アドキンスは顔が判別できないほど変貌し、重厚なドイツ人キラー役で見事な演技を見せています。また、シャミエ・アンダーソン演じる人間味あふれるミスター・ノーバディも注目すべきポイントです。

リナ・サワヤマのアキラが見せる階段での印象的なキルシーンは、後に続くパリのステップファイトにつながります。シリーズ最長の上映時間である今作では、一部の視聴者にとって問題となるかもしれませんが、最高の瞬間は非常に鮮明に輝いています。

原文

良かった点

  • これまでのシリーズにない新しいキャラクターが登場
  • ドニー・イェン演じる魅力的な悪役、ケイン
  • ビル・スカルスガルドのインパクトのある敵役演技
  • 高クオリティのアクションシーン
  • シリーズ最長の上映時間にもかかわらず、明るく輝く瞬間がある

悪かった点

  • シリーズ最長の上映時間が、一部の視聴者にとって受け付けない可能性がある


The Guardian -
上映時間が長すぎる(2時間49分)

Score:40

海外レビュアー

ジョン・ウィック:チャプター4は、その冗長な上映時間(2時間49分)でネガティブな意見が多く寄せられています。シリーズがかつて持っていた短くて劇的な魅力が失われ、重苦しい死の行進が描かれています。物語の展開は繰り返しと冗長さに悩まされ、単純なプロットが不必要に複雑化されています。

これまでのシリーズの世界観を拡大する試みが、観客にとって過剰であると感じられる場面も多く見られます。戦闘シーンやアクションの連続は、最初は驚異的で楽しいものですが、やがて飽きてくるものに変わります。さらに、登場キャラクターの一部は、ストーリーにおいて目的が不明確で、結局はどこに向かっているのか理解しきれないまま終わってしまいます。

ハリウッドは3時間に及ぶブロックバスター映画に慣れてきたようですが、ジョン・ウィックの最新作は、かつてのシリーズの魅力であった短くて力強いアクションが失われ、重たくて鈍重な作品になってしまったことで、ファンを失望させています。

原文

良かった点

  • 舞台がニューヨークから大阪、ベルリン、パリへと移る
  • 面白いギミックが盛り込まれた各シーン
  • 盲目の傭兵(ドニー・イェン)のアクションが素晴らしい

悪かった点

  • 上映時間が長すぎる(2時間49分)
  • 冗長で繰り返しになるシーンが多い
  • シリーズの世界観が過剰になっている
  • 戦闘シーンが飽きるほど長い
  • ストーリーが単純すぎる割に複雑化されている
  • かつてのシリーズの魅力が失われている

総評:過去最高のアクションと、ユニークで魅力的な新キャラクター達が登場する傑作

総合Score:77

GOODな点

  • シリーズ最高の映画であり、アメリカのアクション映画の中でも最高傑作
  • ユニークで魅力的な新キャラクターの登場
  • 世界観が独特で引き込まれる
  • キアヌ・リーブスの演技力がジョン・ウィックの魅力を引き出している
  • ドニー・イェンの演技が素晴らしい
  • 世界各地を舞台にしたスケールの大きな物語
  • ビル・スカルスガルドのインパクトのある敵役演技

BADな点

  • 魔法のような防弾スーツがキャラクターを現実離れさせる
  • ランス・レディックやローレンス・フィッシュバーンがほんの少しの出演に留まる
  • すでにジョン・ウィックシリーズを観尽くした人には、あまり新鮮味がない
  • 上映時間が長すぎる(2時間49分)
  • 冗長で繰り返しになるシーンが多い
  • ストーリーが単純すぎる割に複雑化されている

Amazonで関連商品を見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『ジョン・ウィック:コンセクエンス』についての海外メディアの感想となります。

魅力的な登場人物たちによる、更に迫力の増したアクション

「ジョン・ウィック:チャプター4」は、壮大な舞台がニューヨークから大阪、ベルリン、パリへと移り変わる壮大なアクション映画です。美しく仕立てられたスーツを着たジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)が、緻密に描かれたアクションシーンで終始魅せます。

また本作は、面白いギミックが盛り込まれた各シーンで魅力を引き出しています。特に盲目の傭兵(ドニー・イェン)がユニークな方法で敵を倒す場面や、爽快感のある空撮シーンが印象的だとのこと。

さらに、アクションのシーンの連続によって、ミュージカルのような構成が作品全体に息づいています。これにより、登場人物たちが次々と見せ場を迎えることができ、観客の興味を引き続けることができます。

映画のストーリーは単純でありながら、シリーズの世界観がしっかりと描かれており、ファンには楽しめる要素がたくさん詰まっています。シリーズの魅力を引き続き楽しみたいファンにとって、「ジョン・ウィック:チャプター4」は見逃せない作品と言えるでしょう。

上映時間が長すぎる

一方で本作は、2時間49分という長尺な上映時間が観客にとって疲れを感じさせる要因となっているとのこと。シリーズの前作から脱却せず、無駄に長いシーンが多く、物語の進行が緩慢であることが問題点として指摘されています。

監督であるチャド・スタフェルスキは、興味深いアクションシーンを作り出すことに気を取られすぎて、ストーリーやキャラクターの目的について考慮しきれていないと感じられるとのこと。これにより、物語の全体構造が中途半端になっている印象を与えていると述べられています。

また、複雑な世界観やサブクエストが多く登場するため、本筋のストーリーが簡潔にまとめられず、冗長な展開になってしまっています。このため、観客はストーリーに集中することが難しく、映画の魅力を十分に引き出せない状況となっているようです。

アクション映画愛好家であれば必見の作品

いずれにせよ、『アクション映画愛好家であれば必見の作品』であるとして、いずれのレビュアーからも高い評価を付けられていました。

アクション映画ファンにはたまらない、息を呑むようなアクションシーン満載の一作です。ニューヨークから大阪、ベルリン、そしてパリと、世界を舞台に繰り広げられるジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)の戦いは、観客を圧倒的なスケールで魅了するとのこと。

複数の新たなキャラクターや斬新なアクションギミックが盛り込まれた本作は、物語の面白さも十分に楽しめます。

緻密に計算された戦闘シーンや、息をもつかせぬ展開は、ジョン・ウィックシリーズの魅力を最大限に引き出しています。また、ドニー・イェン演じる盲目の傭兵や、スコット・アドキンスの変貌ぶりも注目すべきポイントです。

シリーズファンだけでなく、アクション映画愛好家であれば必見の作品です。今作には、圧倒的なアクションと緻密な世界観が詰まっており、映画館での体験がその魅力をより一層引き立てます。

ぜひ、映画館でこのエキサイティングなアクションを体感してみてはいかがでしょうか!

過去の『ジョン・ウィック』シリーズ作品を観るには?

過去の『ジョン・ウィック』シリーズは、記事執筆時点において、Amazonプライムで有料レンタル配信(400円)されています。Amazonプライムは30日間の無料お試し期間があり、見放題作品の動画は全話、無料視聴が可能です。

また、U-NEXTに登録すると、無料でフル視聴することができます。U-NEXTでは31日間無料トライアルも実施されており、お得に視聴するにはうってつけの方法です!

▼こちらの記事もオススメ!

Frontier ボーナスセール FINAL
【2024年7月】フロンティアの最新セール情報まとめ | オススメのゲーミングPCをピックアップ!

更新履歴 2024年7月12日(金):『ボーナスセール FINAL』の情報を更新しました。 公式サイト:FRONTIERダイレクト ショップの特徴 全体的に他社より安く購入できる 季節ごとに実施される ...

続きを見る

この記事をシェアする

関連コンテンツ

-映画
-, , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.