ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ゲーム・映画レビュー 映画

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 3』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

マーベル・コミックの人気シリーズGotGの最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(Guardians of the Galaxy Vol. 3(GotG3)。

本作は、マーベル・コミックのヒーローチーム『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー(GotG)』の活躍を描いた映画シリーズの第3作目です。

本作品では、アライグマ「ロケット・ラクーン」の故郷であるハーフワールド(Halfworld)という、キーストーン・クアッドラント(Keystone Quadrant)星系内にある惑星とその周辺で物語が繰り広げられていきます。

配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
制作会社 マーベル・スタジオ
監督 ジェームズ・ガン
脚本 ジェームズ・ガン
主な出演者 クリス・プラット
ゾーイ・サルダナ
デイヴ・バウティスタ
カレン・ギラン
ポム・クレメンティエフ
ヴィン・ディーゼル
ブラッドリー・クーパー
ショーン・ガン
マリア・バカローヴァ
ウィル・ポールター
エリザベス・デビッキ
シルヴェスター・スタローン
チュクウディ・イウジ
上映時間 150分
公開日 北米:2023年5月5日(金)
日本:2023年5月3日(水・祝)

Amazonで関連商品を見る

この作品について:

アベンジャーズの一員として世界を救った《ガーディアンズ》の、最後にして最大のお祭り騒ぎ!サノスとの戦いで最愛の恋人を失ったショックから立ち直れないピーターが率いるガーディアンズに、銀河を完璧な世界に作り変えようとする最凶の敵が現れ、ロケットは命を失う危機に...。大切な仲間の命を救うカギは、ロケットの過去に隠されていた。全銀河の運命とチームの存続を懸けた、最強の落ちこぼれチームvs最凶の完璧主義者の感動のラスト・バトルが今、始まる──。

本作について、海外メディアはどのようにレビューしているのでしょうか?

現時点で出ている海外メディアのレビュー点数(メタスコア)と、評価コメントを抜粋して紹介していきたいと思います!

※可能な限りネタバレを避けた内容を紹介しています。

海外メディアの評価スコア&レビューコメント

The A.V. Club -これまでのシリーズの集大成

Score:91

海外レビュアー

本作は、これまでのシリーズの集大成であり、キャラクターやストーリーに終わりのある作品が少ないMCUにおいて、満足できる結末を迎えています。本作はシリーズで最もダークな作品ですが、キャストやスタッフが全力を尽くす姿が描かれ、熱意に溢れたエネルギーが感じられます。

本作ではチームの問題を解決する展開や、各キャラクターの感情的な深みを探求するといた重厚なテーマが盛り込まれている一方で、ジェームズ・ガン監督のアクション・コメディの才能が随所に見られ、楽しいです。キャストの息の合った演技も魅力的です。

第1作が目的を見つける物語であり、第2作が家族を見つける物語であるなら、第3作はレガシーを見つけ、何を残すかを決める物語です。最後まで戦い続けるガーディアンズの姿は、心に残るものとなっています

原文

良かった点

  • シリーズ最後の作品として、登場人物の感情の深さが描かれている
  • ガン監督のアクション・コメディの才能が健在
  • キャストが6年間一緒に過ごしたかのような絆が感じられる
  • 作品全体がエネルギッシュで勇敢な印象
  • 重いテーマが登場人物の成長を引き出す

悪かった点

  • シリーズで最も暗い作品
  • 一部のシーンが過剰に詰め込まれている感じがある
  • 登場人物や状況が多すぎて、時々混乱する
  • 一部のシーンで物語の焦点がぼやける
  • ガン監督が最後のチャンスとしてすべてのアイデアを詰め込みすぎた感じがある

TheWrap -マーベル映画が依然として大ヒットする可能性があることを証明する作品

Score:91

海外レビュアー

本作は、MCUの他の作品よりも地に足がついたストーリーとなっており、現実の世界とのつながりを感じられる鮮やかで感情的なキャラクター達が魅力的です。リアルで共感できるストーリーが展開され、観客は彼らの不思議な冒険に惹き込まれるでしょう。

ジェームズ・ガンの映画はスリルがある一方で、キャラクターや観客にとって必要な息抜きとなるウィットに富んだユニークな場面が盛り込まれています。

感情的なシーンやアクション満載の大作であり、独特のナンセンスなジョークや急激なトーンの変化が楽しめます。また、PG-13の評価が何を意味するかを明確に示す作品であり、おそらく子供や大人をトラウマにするようなシーンが含まれています。

MCUは、30本以上の映画を公開した後でも、まだ衝撃を与える能力があることを示しています。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ボリューム3』の成功は、マーベル映画が依然として大ヒットする可能性があることを証明していますが、ハードルの高さゆえ、新たなインパクトを引き出すのが難しくなってきていることも確かです。

原文

良かった点

  • MCUの中で最もリアリティがあるストーリーライン
  • 高い緊張感と感情的な内容
  • ジェームズ・ガン監督の個性が際立つ
  • 過去と現在のストーリーが美しく組み合わさっている
  • 見ごたえのあるアクションシーン
  • マーベル映画としてのインパクトがある

悪かった点

  • 軽快なシーンが緊張感を損なうことがある
  • 一部の子供や大人にとってトラウマになる可能性がある
  • マーベル映画のハードルが上がりすぎて、新たなインパクトを出すのが難しくなっている

The Independent -これまでのMCUの最高傑作の1つ

Score:80

海外レビュアー

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』はシリーズの締めくくりであり、これまでのMCUの最高傑作の1つとして評価されています。監督は、緻密なキャラクター描写と丁寧なストーリー展開を用いて、独自で完結した世界観を構築しています。

本作は、ロケットを中心とした物語となっており、彼の起源を探るストーリーが展開されます。洗練された邪悪な悪役としてハイ・エボリューショナリーが登場します。ロケットの子供時代の回想シーンや、彼が実験で知り合った仲間たちとの家族のような絆が感動的に描かれています

本作はキャラクターの成長だけでなく、これからのMCUの進化にも期待がもてる作品だと言えます。すべてのキャラがキチンとした役割を果たしており、無駄に消耗されることはありません。恋愛や友情、家族の意味を見つめ直す深みのある物語が織り成されています。MCUにとってGotGシリーズが終わるのは大きな損失かもしれませんが、DCスタジオにおけるジェームズ・ガン監督の新たな役割には大きな期待が寄せられます。

原文

良かった点

  • ヒーロー映画に新たな可能性を示した作品
  • 緻密なキャラクター描写とストーリー展開
  • MCUの全体的な物語から独立した世界観を持つ
  • ロケット・ラクーンの起源が感動的に描かれる
  • キャラクターの成長と進化に焦点が当てられている

悪かった点

  • 特に無し

Little White Lies -マーベルのこれまでのいくつかの失敗から一歩前進した作品

Score:60

海外レビュアー

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の最新作は、シリーズの魅力あるキャラクターたちが引き続き登場し、過去の出来事に触れることでストーリーがより深まります。ジェームズ・ガン監督は、感動的なシーンを効果的に描き、キャラクターたちの家族としての絆を強調しています。また、本作はMCUから独立したストーリーであり、マーベル映画の中で初めて将来の大きな続編を設定するため、単なる布石としての作品ではないことが魅力的です。

映画の音楽は、前作でクイルが贈られたZuneプレーヤーから流れるものであり、クリエイティブな統一感が感じられる点も評価できます。本作は独自のビジョンを持つ映画作家の作品であり、これまでのマーベル映画ではやや欠けていた創造的な結束力があると言えます。

全体的に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』は、マーベルのこれまでのいくつかの失敗から一歩前進した作品であると言えるでしょう。

原文

良かった点

  • 感情的なシーンが効果的に描かれている
  • キャラクターの成長と家族としての絆が強調されている
  • ポップミュージックの使用がクリエイティブな統一感を持たせている
  • ジェームズ・ガン監督の独自のビジョンが映画に活きている

悪かった点

  • 2時間半の上映時間が長く感じられる
  • ハイ・エボリューショナリーは他の悪役と区別がつかない
  • キャラクターが多すぎてストーリーが複雑になっている
  • 一部のキャストが今後のシリーズに登場しないため、これが最後の登場となる

LarsenOnFilm -不快感を強く抱くシーンが多い

Score:38

海外レビュアー

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズにはあまり熱心なファンではありませんが、第3作目は特に不快感が強く、驚きました。主要なストーリーは、ロケット・ラクーンの起源を描いています。幼いロケット・ラクーンが狂った科学者「ハイ・エヴォリューショナリー」によって実験される過程を描いており、動物虐待のようなシーンが度々描かれます

また、映画には約3,000ものサブプロットと2,000人もの脇役が登場し、複雑極まりないです。映画後半には6つのアクションシーンが並行して進行するため、さらに混乱が加速します。また、映画のエンディングでは、4分13秒しかないフローレンス+ザ・マシーンの曲『Dog Days Are Over』に合わせて、約45分ものシュレック風ダンスシーンが続き、長すぎてウンザリします。

全体として、第3作目は不快なシーンや複雑なプロット、不器用な編集が目立ち、マーベル映画としては残念な出来だと言わざるを得ません。

原文

良かった点

  • ロケットの起源ストーリーが描かれている
  • コミカルなやりとりの数々

悪かった点

  • 不快感を抱く場面が多い
  • 動物虐待のようなシーンが多く含まれている
  • 複雑すぎるプロットと多くの登場人物
  • 6つの並行アクションシークエンスが不器用に編集されている
  • 踊るシーンが長すぎる

総評:ロケット・ラクーンの過去が描かれる、シリーズ集大成作品

総合Score:68

GOODな点

  • シリーズ最後の作品として、登場人物の感情の深さが描かれている
  • 緻密なキャラクター描写とストーリー展開
  • ガン監督のアクション・コメディの才能が健在
  • 見ごたえのあるアクションシーン
  • キャラクターの成長と家族としての絆が強調されている
  • コミカルなやりとりの数々
  • マーベル映画としてのインパクトがある

BADな点

  • シリーズで最も暗い作品
  • 登場人物や状況が多すぎて、時々混乱する
  • 一部の子供や大人にとってトラウマになる可能性がある
  • マーベル映画のハードルが上がりすぎて、新たなインパクトを出すのが難しくなっている
  • 2時間半の上映時間が長く感じられる
  • 不快感を抱く場面が多い
  • 動物虐待のようなシーンが多く含まれている

Amazonで関連商品を見る

※『総合スコア』は、本記事で紹介している以外にも、現時点でレビューを出している全ての海外メディアのスコアを集計して算出されているスコアです。

以上が、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』についての海外メディアの感想となります。

楽しく、感動的で、魅力的なキャラクターたちによって盛り上がる作品

本作は今までで最も暗い内容となっているものの、従来シリーズと同様に個性的なキャラクター達によるユニークなやりとりが描かれており、笑いを提供し、映画の雰囲気を和らげています

ジェームズ・ガン監督が再び脚本と監督を務めており、彼の個性的な映像表現が光っているとのこと。ポップミュージックを背景に踊るシーンも健在であり、シリーズファンであればニコりと出来るシーンが多々用意されていると述べられています。

そして何より、最近のマーベル映画の中で、本作は大きな物語の一部として位置づけられておらず、完全に独立したストーリーを持っています。キャラクターたちの別れが悲劇的な死によって描かれず、家族でありながら別々の道を進むことを学ぶ姿は、新鮮で印象的とのこと。

全体として、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』には楽しく、感動的な瞬間があり、魅力的なキャラクターたちによって盛り上げられる作品となっています。

楽しく、感動的で、魅力的なキャラクターたちによって盛り上がる作品

一方で、本作には、一部の観客にとっては不快な要素が多いとネガティブな評価も受けています。本作はロケット・ラクーンの起源に関するものですが、彼が誘拐され、狂気に満ちた科学者「ハイ・エボリューショナリー」によって実験される様子が描かれています。ベビーロケットや他の動物たちが拷問される場面が頻繁にフラッシュバックとして登場するため、一部の視聴者によって大きな不快感をもたらすかもしれないと述べられていました

また、映画には多くのサブプロットや脇役キャラクターが登場し、物語が複雑で煩雑に感じられることがあるようです。後半には6つの並行したアクションシーンを同時進行させるため、さらに輪をかけて混乱するとのこと。

さらに、映画の最後にはフローレンス・アンド・ザ・マシーンの「Dog Days Are Over」をバックにしたシュレック風のダンスシーンが用意されていますが、実際の曲の長さである4分13秒よりも遥かに長い約45分間続くため、一部の観客はウンザリするかもしれないと指摘されていました。

愛されるキャラクターたちが再び集結し、壮大な宇宙の冒険が繰り広げられるエキサイティングな映画

いずれにせよ『愛されるキャラクターたちが再び集結し、壮大な宇宙の冒険が繰り広げられるエキサイティングな映画』であるとして、多くのレビュアーから比較的高い評価を付けられていました。

ジェームズ・ガン監督が再びメガホンを取り、才能あふれるキャスト陣が魅力的なキャラクターを演じ、笑いと感動を与えてくれます。さらに、選曲のセンスが光るポップミュージックが映画全体を彩り、観客を魅了します。

この作品は、マーベルファンはもちろん、アクションや感動を求めるすべての映画ファンにおすすめできるとのこと。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』で、心温まる家族の物語や宇宙を舞台にしたスリリングなアクションを楽しみ、忘れられない感動のひとときを体験してみてください!

▼こちらの記事もオススメ!

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

ジョンウィックシリーズの第4作目である『ジョン・ウィック:コンセクエンス』(John Wick: Chapter 4)(ジョンウィック4)。 本作は、世界中で人気の高いノンストップ・キリング・アクショ ...

続きを見る

【2024年3月】フロンティアの最新セール情報まとめ | オススメのゲーミングPCをピックアップ!

更新履歴 2024年2月22日(木):『大決算セール』の情報を更新しました。 公式サイト:FRONTIERダイレクト ショップの特徴 全体的に他社より安く購入できる 季節ごとに実施される期間限定セール ...

続きを見る

この記事をシェアする

最新ハイスコアゲームレビュー:TOP10

94
Baldur's Gate 3(8/4)
PS5, PC
93
ファイナルファンタジーVII リバース(2/29)
PS5
90
Sea of Stars(8/29)
PS4, PS5, Switch, XB1, XSX|S, PC
88
Starfield(スターフィールド)(9/6)
XSX|S, PC
88
ピクミン4(7/21)
Switch
82
Last Epoch(ラストエポック)(2/22)
PC
80
Remnant II レムナント2(7/25)
PS5, XSX|S, PC
78
トゥームレイダーI-IIIリマスター(2/15)
PS4, PS5, Switch, XB1, XSX|S, PC
78
マリーのアトリエ Remake ~ザールブルグの錬金術士~(7/13)
PS4, PS5, Switch, PC
72
スカル アンド ボーンズ(2/16)
PS5, XSX|S, PC

関連コンテンツ

-ゲーム・映画レビュー, 映画
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.