ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー

リーズナブルな価格で高性能!『KIMO 電動ドリルドライバー(QM-1005A)』レビュー

2020年12月9日

最近では、自分で自宅の簡単な改装を行う『DIY(Do It Yourself)』を楽しむ方や、PCを自作する方(自作PC)が増えてきていますね!

"DIY " や "自作PC" のメリットとして出来あいの製品を購入するより、上手くすればかなりコストが抑えられることが挙げられます。また、何より 自分でモノを作る楽しさがありますよね!( ゚∀゚)

▼自分で作ったものが実際に動くのを眺めるのは至高の喜び!

ただし、DIYするにしろ、PCを自作するにしろ、作業を行うための "ツール(道具)" が必要ですよね。

特に大事なツールは、やはり "ドライバー" です。どのような作業を行う場合にも、ビス(ネジ)留めが必要不可欠となってきます。

また、場合によっては穴を開けるための "ドリル" が必要になることもあります。

これら2つのツールを別々に揃えるのはメンドクサイですし、手動で作業するのも大変でモチベーションが下がってしまいますよね... (´・ω・`)

そこで今回は、一家に一台は用意してあると、ものづくりの場面で非常に便利なKIMO製『電動ドリルドライバー』(QM-1005A)について、実際に使用した感想を元に紹介していきます!

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な一流ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

高性能・多機能なのにリーズナブル!電動ドリルドライバー QM-1005A

今回紹介するKIMO製『電動ドリルドライバー』(QM-1005A)は、高性能かつ多機能であるにもかかわらず、わずか5,000円程度と、他社の同類機器に比べても 非常にリーズナブルな価格 となっています。

▼Amazon's Choiceにも選ばれているヒット製品です。

ブランド K I M O.
電源 1500mAhリチウムイオンバッテリー(充電式)
電圧 12 V
トルク 最大21N.m
商品の重量 1.84 kg
充電時間 80分
連続稼働時間 最高1.5時間

本製品は "ドライバー” と "ドリル" の 両方の機能を併せ持った、コードレス使用が可能な電動ドリルドライバーです。

▼トリガーを引くだけで自動で回転し、ビスをあっという間に留めたり外したりすることができます。

重さもバッテリー装着状態で1.5キログラムほどであり、女性や子供でも簡単に使用できます。

順回転・逆回転のいずれにも対応しており、21N.mの強力なトルクにより固い物体にも問題なく使用することが可能です。

▼出力の強さを柔軟に調整することができるため、PCパーツなど繊細で壊れやすい素材に対しても、安心して使用することができます。

ビットセット(32本)および ドリルビット(6本)という非常に豊富なビットが付属しているため、別途ビットを買い足す必要もありません。

まさに、電動ドリルドライバーのエントリーモデルとして、初めて工具の購入を検討している方にはうってつけの製品となっています!

今回、提携元より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を紹介していきたいと思います。

製品本体および付属品について

本製品の本体および付属品について紹介していきます。

▼同梱物はすべて専用の収納ポーチに入れて送られてきます。

▼内容物をすべて取り出した様子。

本製品の付属物は以下の通りです。

付属物一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • 充電アダプター
  • ビットセット(32本)
  • ドリルビット(6本)
  • ビット延長アダブター
  • フレキシブルシャフト
  • 収納バッグ
  • 日本語取扱説明書

▼32本の多種多様なビットセットが付属。どのようなビス(ネジ)に対しても対応できる。

▼6本のドリルビットも用意。大小さまざまな穴を開けることが可能。

▼ドリルドライバー本体(バッテリー未装着状態)。非常に軽く、滑り止めラバーグリップのおかげで手汗をかいても滑りづらくなっている。

▼上部には出力を切り替えることのできるダイヤルやスイッチが搭載。

▼上部のスイッチを切り替えることで、高速・低速の2段階変速が可能。素材の強度に合わせて調整しましょう。

▼先端のダイヤルをひねることでトルク強度を19段階で切り替えることが可能。こちらも素材の強度に合わせて調整が必要な場合に使用します。

トルク設定の目安は以下の通り。

  • 1~4:小ねじの締付け
  • 5~9:柔らかい材質への締付け
  • 10~17:硬い材質への締付け
  • 18:穴あけ(ドリル)

バッテリーの装着&充電

付属するリチウムイオンバッテリーを本体底部に装着することで、ドリルドライバーが使用可能になります。

▼バッテリーを装着した状態。しっかりとロックされるため、使用中に外れる心配はありません。

なお、ドリルドライバー使用中は、本体側面のランプ表示で充電残量を把握することが出来ます。

充電残量が低下した場合はバッテリーを取り外し、付属の充電器をコンセントに接続することで充電できます。

▼充電中は赤ランプが、満充電になると緑ランプが点灯する。

▼なお、バッテリーの劣化を感じた場合は、バッテリーのみを購入することも可能です。

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年4月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年4月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

ビットの装着

製品の先端には、直径0.8~10mmのビットを装着することが出来ます。

装着方法は実に簡単。ビットを挿入した状態で、先端のダイヤルを回転させることで装着することができます。同様に逆回転させることで取り外しが可能。

▼強い力を入れなくても、硬く留めておくことが可能です。

実際に使用した感想

それでは、実際に使用した感想 について述べていきます!

トリガーの引き方で回転数を簡単に調整可能

本製品はトリガーの引き方(力の入れ具合)を調整することで、回転数を無段階で簡単に調節することができます

▼実際に使用した様子。

トリガーの引き具合によって、回転数が変化していることが分かると思います。

これにより、過度に回転を加えすぎてビスが破断したり、素材が傷ついてしまう事態を防ぐことが出来ます。

繊細な部品を扱うPC自作などの際には、非常に便利な機能であると言えます!

順回転・逆回転・セーフティへの切り替えが容易

本製品の側面に用意されているボタンを使用することで、順回転・逆回転・セーフティの各モードへ、指一本で簡単に切り替えることが出来ます。

▼実際に使用した様子。

分かりづらいかもしれませんが、スイッチ1つでドリルドライバーの回転向きが変化しています。

このおかげで、ただビスを締めるだけでなく、逆回転で取り外すこともできます。

また、スイッチを中央にセットしておくことでセーフティモードとなり、トリガーを引いてもドリルドライバーが起動しないようにすることが可能です。

▼実際に使用した様子。

いくらトリガーを引いてもドリルドライバーが作動することはありません。

周囲に小さな子供が居る環境で使用する場合には、とても安心な機能ですね!

暗い場所でも大丈夫!LEDライトを搭載

本製品の正面には、動作時に点灯するLEDライトが搭載されています。

▼実際に使用した様子。

このおかげで、暗い夜間での作業や、狭くて光の届かない箇所への作業時にも、問題なく使用することが出来ます。

わざわざライトを別途用意して照らす必要が無いので、ストレスなく作業に集中することが可能になっています。

狭い場所にも対応!折り曲げ可能な『ソフト軸』

また、本製品には先端にビットを装着でき、なおかつ折り曲げ可能な『ソフト軸』という部品が付属します。

▼蛇腹状の管になっており、様々な角度に折り曲げることが出来る。

▼先端にはビットを装着するための穴があり、磁石でくっつけることができる。

この『ソフト軸』をうまく活用することで、例えば狭い箇所や、角度的にドリルドライバーが入らないような場所のビスに対しても、問題なく作業を行うことが出来るのです。

▼ドリルドライバーを動作させると、管を通じて先端のビスが回転する。

自作PCなど、狭くて機器が入りづらい箇所の作業にはまさにうってつけのツールであると言えますね( ゚∀゚)

軽くて持ちやすいデザイン

私は本製品を数時間ぶっ続けで使用してみましたが、軽い本体、握りやすいラバーグリップ、そして強力なトルクによる安定した動作性のおかげで、作業中に手の疲れを感じることはほとんどありませんでした

本製品のバッテリーは他製品より小型化されているため、その分全体的な重量が抑えられており、長時間の使用に適しています。

上述したセーフティモードも併せて、女性や子供の使用する工具としてオススメできる製品となっています。

電動ドリルドライバーのエントリーモデルとしてうってつけ

以上が、KIMO製『電動ドリルドライバー』(QM-1005A)のレビューとなります。

本製品の特長についてまとめると、以下の通りです。

良かった点

  • コンパクトかつ軽量なデザイン
  • ドリル・ドライバーの両方の機能を搭載
  • 多種多様なドライバービット・ドリルビットが付属
  • 回転数の無段階調整が可能
  • 素材の耐久度に応じてトルク調整が可能
  • 暗所でも安心のLEDライト搭載
  • 狭い箇所でも使用できる『ソフト軸』

悪かった点

  • コンパクトな分、他社製品と比べてトルクが控えめなため、建築現場など本格的な作業には向かない
  • 付属ポーチに内部に固定ベルトが無く、揺さぶると中身がガチャガチャ動く

以上のように、多機能かつ様々な場面に応用が利く一方で、リーズナブルな価格を実現した製品となっています。

まさに電動ドリルドライバーのエントリーモデルとしてはうってつけの製品です。

DIYや自作PC用の工具選びで迷っている場合は、ぜひ本製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか!( ゚∀゚)

▼こちらの記事もオススメ!

日曜大工からPC自作まで!コードレス仕様『KIMO 電動ドリルドライバー』レビュー

休日にDIYを楽しみたい! 自作PCの作成用に、取り回しの良いドライバーが欲しい! 不器用でも簡単に使えるものが良い! 最近では休みの日に家の内装を自身で改造する、いわゆる『DIY』が流行っています。 ...

続きを見る

不器用でも簡単日曜大工!『SnapFresh コードレスインパクトドライバー』レビュー

不器用過ぎてドライバーすら扱えねえ! ネジを手っ取り早く締めたり除去したい コードレスで持ち運びやすいといいなぁ 家具を作ったり、ドアなどの壊れた部分を直したり... 日常生活の中では、様々な場面にお ...

続きを見る

この記事をシェアする

PlayStation 5 ディスク・エディション(CFI-1000A01)
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000A01)

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.