ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー

『BMAX Y11 Plus』レビュー!2-in-1利用可能で実用性・コスパの高いノートPC

2022年1月29日

新型コロナウイルスの影響により、最近では職場に出向かず、自宅やサテライトオフィスで仕事を行う "リモートワーク" という形態が一般化しつつありますね!また、インターネットを介して授業を行う "オンライン授業" も盛んに行われるようになりました。

リモートワークをこなしたり、オンライン授業に参加するために必要なツールとして『ノートパソコン(ノートPC)』が挙げられます。最近では需要の高まりに伴い、非常に多くのモデルがリリースされています。

しかし、これから新しくノートPCを購入する方にとって、選択肢が多すぎてどの製品を選べば良いのか迷う!という悩みも生じるのではないでしょうか?

そこで今回は、実用的な性能を擁しており、かつリーズナブルな価格の2-in-1型ノートPCBMAX Y11 Plusについて紹介したいと思います!

▼360度のディスプレイ可動域を擁するモデル

ブランド BMAX
型名 Y11 Plus
ディスプレイ 11.6 inch IPS (10点タッチ対応)
解像度 1920×1080(フルHD)
OS WIndows 10 Pro 64bit
CPU Intel Gemini Lake N5100 Quad-core Four threads,1.1GHz-2.8GHz
RAM(メモリ) 8GB DDR4
ストレージ 256GB SSD
バッテリー容量 7000mAh
ディスプレイ可動域 360度
対応通信規格 IEEE WLAN Standard : 802.11ac/a/b/g/n / 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 4.2
本体サイズ 274.5 x 187 x 13 mm
本体重量 1.0kg

今回紹介する『BMAX Y11 Plus』は、Windows10 Pro搭載のノートPCです。

1920×1080(フルHD)解像度の11.6インチディスプレイを搭載。カラフルで鮮明な映像を楽しめるほか、10点タッチ操作にも対応しています。

CPUには "Intel Gemini Lake N5100" を、RAM(メモリ)は(GB DDR4を搭載しており、大抵の作業を快適にこんせるだけの性能を擁しています。

ストレージは256GB SSDを用意。持ち運ぶストレージ(データ保存)用デバイスとしても活用できるでしょう!

274.5 x 187 x 13 mm、約1.0kgというコンパクトかつ軽量な筐体には、必要最低限のインターフェースが搭載。拡張性にも優れています。

そして本製品最大の特徴として、ディスプレイ部を折りたたむことで、ノートPCとしてもタブレットPCとしても利用できる点が挙げられます。

▼360度の可動域を擁するディスプレイ

▼完全に反対側へ折りたたむことで、タブレットのような利用方法が可能となります。

▼半端に折りたたむことで、省スペースで立て掛けることが出来ます。

このように充実したスペック構成に対して、価格は税込40,000円前後となっており、コストパフォーマンス的にも優れたモデルであると言えます。

今回、提携先より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を元に良かった点・悪かった点などをレビューしていきます!

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な金属製ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • PC本体
  • 説明書
  • 電源アダプタ
  • 交換用コンセントプラグ×3

▼説明書は日本語に対応しています。

薄型かつ軽量な筐体デザイン

▼本体の外観。274.5 x 187 x 13 mmの比較的コンパクトなサイズ。

▼約1.0kgの軽量さのおかげで、片手でもラクラク持ち上げることが出来ます。

▼厚みは約1.3センチと非常に薄く、カバンなどに入れて持ち運んでも支障にならないでしょう。

▼ディスプレイを開いた様子。

▼とにかく軽いので、開いたまま簡単に持ち運ぶことが出来ます。

▼ディスプレイ右下にはインカメラが内蔵。ウェブ会議やオンライン授業用PCとしても活用できます。

▼キーボードの様子。アルミニウム合金製の高級感を感じる見た目となっています。

▼キーボードが英語配列である点がやや残念。

▼1つ1つのキーは丁度タイプしやすい大きさです。

インターフェース構成

続いて、本体インターフェースについて紹介していきます。

▼右側面の様子。

▼スピーカーに加えて『カードスロット』『マイク』『USB Type-Cポート』『Micro HDMIポート』『Micro USBポート』『電源ポート』が用意。

▼左側面の様子。

▼こちらもスピーカーに加えて『3.5mmオーディオジャック』『音量調節ボタン』『電源ボタン』『マイク』が用意。

このように、コンパクトで薄型の筐体に充実したインターフェースが搭載されたデザインとなっています。

テレワークからオンライン授業、日ごろのプライベート用途にまで問題なく利用できると思います!

2-in-1利用が可能

そして本製品のディスプレイを反対側へ折りたたむことで、ノートPC・タブレットとしての2-in-1が可能となります。

▼ディスプレイを折りたたんだ様子。

▼こうすることでタブレット端末のような利用方法が可能となります!

▼ちなみに、ディスプレイを半端な角度で折りたたむことで、ディスプレイ自体がスタンドのような役割を果たします。

▼メディア視聴時には便利な形態!

ノートPCが欲しいけどタブレット端末も使いたいな~』と思っている方にもオススメの2-in-1設計です!

実際に使用した感想

それでは、実際に『BMAX Y11 Plus』を使用した感想について紹介していきます。

▼デバイスの仕様表

▼ストレージはデフォルトで225GBが使用可能領域として割り振られていました。

▼解像度は最高で1920×1080(フルHD)まで対応。

非常に軽くて扱いやすい

まず本製品を使用して最初に感じたのは、やはり非常に軽いという点です

▼PCを起動したまま、片手でラクラク持ち運ぶことが出来ます!

11.6インチという比較的大きめの画面を搭載した筐体に対して、本体重量がここまで抑えられているのは驚きです。

PC利用中にちょっと作業場所を変更したり、ノートPCを持ったまま作業を行う際にもストレスを感じないでしょう!

鮮明でカラフルなディスプレイ

フルHD解像度に対応したディスプレイで描画される映像は十分に綺麗であり、細部までが鮮明に描画されます。

▼ウェブサイト閲覧時でも細かな文字までクリアに読み取ることが出来ます。

▼動画を再生した場合もカラフルで満足度の高い映像視聴が可能でした。

さすがに4K解像度の端末と比べると映像品質自体は劣りますが、一般的なメディア再生用途には十分に耐えうる品質であると思います。

大抵の作業を快適にこなせる性能

ウェブサイト閲覧や動画視聴など、一般的なPC用途におけるパフォーマンスを確認してみました。

まずはウェブサイト閲覧時について。

使用環境の回線速度によって速度は左右されますが、今回のレビュー時では、どのサイトを閲覧した場合でもスムーズにページが表示されました。

▼画像多めのサイトでもカクついたり、読込遅延が発生することもありません。

ページスクロール時もスムーズで、ストレスのないウェブサイト閲覧が可能でした。

続いて、YouTubeやネットフリックスなどで動画を視聴してみました。

この場合も、スムーズに動画を再生することが出来ました。

▼再生中に動画がストップしたり、ラグったりすることもなく、安定した再生が可能。

▼発色も良好で、カラフルな映像を楽しむことが出来ます。

動画視聴目的でノートPCを購入した場合でも、満足度の高い体験が可能となっています。

また、エクセル(Excel)など作業用ソフトウェアも使用してみました。

大量のデータや文字を扱う場合でも動作が止まったり重くなったりすることもなく、いたって快適な作業が可能です。

リモートワーク用のノートPCとしても、十分に活躍してくれるでしょう!

便利な2-in-1デザイン

前述したように、本製品ではディスプレイを折りたたむことでタブレット端末のような利用方法が可能となります。

▼初期設定では、ディスプレイを折りたたむことで自動的に "タブレットモード" に移行します。

▼もちろん縦横表示の切り替えにも対応。端末の持つ方向を変えることで、自動的に表示が切り替わります。

▼10点タッチ操作の反応性も良好で、直感的かつスムーズな操作が可能です。

▼映像視聴時には便利なスタンド形態

このように、ノートPCをタブレット端末として利用したい方にもうってつけの設計となっています!

スピーカー品質は及第点

音質を確認するため、様々な音楽を再生してみました。

率直に言って、スピーカー品質自体は及第点(そこそこ)レベルです。

中~高音域に関しては実にクリアに響くものの、低音に関してはあまり響かず、EDMなどのズンズンとクる音楽は迫力に欠けます。

映画やアニメ視聴時に登場人物のセリフなどを聴きとる分には問題ありませんが、迫力ある効果音や音響を楽しみたい場合には、あまり期待しない方が良いでしょう。

もし迫力のあるサウンドを楽しみたい場合は、外付けのスピーカーやイヤホン等の使用をオススメします。

カメラ性能もそこそこ

フロントカメラを用いて、会議アプリ『Google Meets』を使用してみました。

▼実際に使用している様子。

画質自体はある程度クリアで、ヒトの表情から輪郭にいたるまで、相手側に明瞭に伝えることが可能でした。

しかし、カメラの前で素早く動くと結構な残像が発生します。ウェブ会議やオンライン授業に支障をきたすレベルではありませんが、低価格帯のスマホやタブレットと比較してもワンランク質の落ちるカメラ性能となっています。

それでも、ウェブ会議やオンライン授業時に使用するには十分な性能であるため、安心して利用してください。

ゲーミング用途はキツい

最後に本製品を用いて、ゲームを遊んでみた時のパフォーマンスを確認してみました。

今回のレビューでは『ファイナルファンタジー14(FF14)』のベンチマークテストを実施。

テスト条件

  • 1920×1080
  • 標準品質(ノートPC)
  • ウィンドウモード
  • DirectX 11

上記の条件でテストを実施した結果、スコアは1366点、評価は "設定変更が必要" となりました。

描画設定を最低に落とした場合でも、さすがにFF14クラスのPCゲームの動作はキツイという結果に。

他にもPC(Java)版マインクラフト等も試してみましたが、あまりフレームレートが安定せずカクつきが目立ちました。

軽いブラウザゲーム等であればある程度プレイ可能だと思いますが、基本的にゲーミング用途には向かないモデルとなっています。

バッテリーの持ちが悪い

最後にバッテリーの持続性について確認してみました。

まず電源モードを "高パフォーマンス" に設定した場合。

残量100%の状態から、約3時間ほどで充電残量がピンチとなりました。

続いて "節約機能" をONにした場合。

こちらの場合は、約4~4.5時間ほどの持続時間となりました。節約機能の割にそこまで向上していません。

正直、持ち運び前提のノートPCとしては、6時間以上のバッテリー持続時間は欲しかったところですね。

もし本製品を外出先でヘビーに利用したい場合は、付属の電源アダプタを持ち運ぶと安心できると思います。ただし携行性的には利便性がやや落ちてしまいますが...。

幅広い場面で活用できる、汎用性の高い2-in-1ノートPC

【個人的な評価】

  • 性能:(☆3.5)
  • デザイン:(☆4)
  • 扱いやすさ:(☆3.5)
  • 価格(コスパ):(☆4.5)
  • 総合評価:(☆3.5)

今回紹介した『BMAX Y11 Plus』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • 軽くて薄型の持ち運びに適した筐体
  • フルHD解像度のカラフルなディスプレイ
  • 2-in-1の利用が可能
  • 大抵の作業を快適にこなせる性能(ゲーミング除く)
  • 実用的なカメラ性能
  • リーズナブルな価格

悪かった点

  • バッテリーの持ちが悪い
  • スピーカー性能はイマイチ

以上の通り、約4万円前後の価格に対して、全体的に安定したパフォーマンスを発揮するモデルとなっています。

非常に軽量かつコンパクトな筐体のため、持ち運びに適しており、バッテリーの持ちが悪い点を除けば外出先での利用に最適なノートPCとなっています。

またディスプレイを折りたたむことで、タブレット端末のように利用できる2-in-1デザインのおかげで、幅広い利用方法が可能となります。

映像も綺麗で、カメラ性能も実用的な品質であるため、ウェブ会議やオンライン授業用端末としても活用できるでしょう。

幅広い場面で活用できる、汎用性の高い2-in-1ノートPCとなっています!

▼こちらの記事もオススメ!

『CHUWI HeroBook Pro』レビュー!圧倒的なコスパを誇るWin10搭載の格安ノートPC

新型コロナウイルスの影響により、最近では職場に出向かず、自宅やサテライトオフィスで仕事を行う "リモートワーク" という形態が一般化しつつありますね!また、インターネットを介して授業を行う "オンライ ...

続きを見る

『CHUWI Hi10 Go』レビュー!Win10搭載タブレットPCでオールマイティに活躍

新型コロナウイルスの影響や働き方改革により、最近では決められたオフィスで仕事をするのではなく、ワーケーションなどで旅行先から仕事を行う人々が増えてきましたね! 出先で作業を行うために必要なガジェットと ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  • PCアクセサリ
  1. タブレット
  2. タブレット
    発売日 : 2022年03月18日
    価格 : ¥106,800
    新品最安値 :
    ¥106,800
  3. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥72,800
    新品最安値 :
    ¥72,800
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット・アクセサリ
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. 一体型
  6. ミニ
  7. タワー
  8. 一体型
  9. ミニ
  10. タワー
  11. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥92,800
    新品最安値 :
    ¥92,800
  12. タワー
  13. ミニ
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. ミニ
  17. タワー
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. タワー
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 2 in 1ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン
  1. microSDカード
  2. microSDカード
  3. ライトニングケーブル
  4. microSDカード
  5. HDMIケーブル
  6. ライトニングケーブル
  7. USBケーブル
  8. インクジェットインクカートリッジ
  9. USBケーブル
  10. SDカード
  11. 変換アダプタ
    発売日 : 2015年04月16日
    価格 : ¥7,658
    新品最安値 :
    ¥7,658
  12. モニターアーム
  13. USBケーブル
  14. ライトニングケーブル
  15. インクジェットインクカートリッジ
  16. microSDカード
  17. PCアクセサリ・サプライ
  18. ヘッドセット
  19. microSDカード
  20. ケーブル・アクセサリ

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.