ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

ガジェットレビュー

『eMeet HS150』レビュー!最新ANCノイキャン対応のワイヤレスヘッドセット

2022年5月28日

新型コロナウイルスの影響により、最近ではリモートワークやウェブ会議、オンライン授業に従事する方が増えてきましたね!

オンライン通話を快適に行うためには、それなりに品質の良いマイクスピーカーを用意する必要があります。

しかし性能の高い製品は価格が高く、なかなか手が出しづらいのではないでしょうか?

また、類似製品が多くて、どの機器を選べば良いのか迷っている方も多いと思います。

そこで今回紹介するのが、周囲の雑音を最小限に抑えてクリアな会話を実現できるeMeet HS150です!

▼マイク付きのワイヤレスヘッドセット

ブランド eMeet
型名 HS150ワイヤレスヘッドセット
ヘッドホン型式 オーバーイヤー
マイク ノイズキャンセリングマイク×6搭載
ノイズキャンセリング ANCアクティブノイキャン
ENC通話ノイキャン
接続方法 USB Type-C, Bluetooth5.0
バッテリー持続時間 最大48時間
急速充電機能 対応(15分間の充電で6時間通話可能)
同時接続台数 2台まで

今回紹介する『eMeet HS150』は、ノイズキャンセリング機能付きのマイクを搭載した、高機能かつ高性能なワイヤレスヘッドセット(ヘッドフォン)です。リモートワーク関連製品で有名なeMeet社が開発しています。

▼以前紹介した『eMeet HS100』の後継機にあたるモデルです。

『eMeet HS100』レビュー!機能の充実したマイク付き高品質ワイヤレスヘッドセット

新型コロナウイルスの影響により、最近ではリモートワークやウェブ会議、オンライン授業に従事する方が増えてきましたね! それに伴い、オンライン通話用のガジェットに対する需要も高まっています。 オンライン通 ...

続きを見る

本製品は従来モデルに搭載されていたENC通話ノイズリダクション機能に加えて、最新のANCアクティブノイズキャンセリング機能を採用しており、周囲の環境音を最小限までシャットアウトしたクリアな会話が実現できます。

▼6つの内蔵マイクは、装着者の声を非常にクリアに拾い上げます。

搭載マイクを上下させることでミュート機能を簡単に切り替えることができ、こちら側の声を相手に聞かれないようにも出来ます。そして外音取り込みモードにも対応しているため、オンライン通話に集中しつつ、周囲の音にも気を配ることが可能です。

▼コールセンター業務にもうってつけの機能が多数搭載。

柔らかいイヤーパッドが耳を優しく包み込むため、長時間でも快適に着用可能。頭や耳に負担をかけず、話や音楽に集中することが出来ます。

接続方法は有線接続に加えて、Bluetooth5.0、および付属のUSBドングルを用いた無線接続の計3種類に対応しており、場面や用途に応じて繋ぎ方を柔軟に切り替えることが可能となっています。

そして内部には最大48時間の連続通話が可能なバッテリーを内蔵。わずか15分の充電で6時間通話が可能になる急速充電にも対応しているなど、使い勝手の良い設計となっています。

リモートワークやオンライン授業用、コールセンター業務用などにヘッドセットを探している方には、まさにうってつけのモデルです!

今回、開発元より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を元に良かった点・悪かった点などを分かりやすく紹介していきます。

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な金属製ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

製品本体および付属品

製品本体および付属品について紹介していきます。

▼製品外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧

  • ヘッドセット本体
  • ユーザーマニュアル
  • USBケーブル(未使用状態)
  • USBドングル
  • 専用ポーチ

▼説明書は日本語にも対応しています。機能が多いので、事前に確認することをオススメします。

▼専用ポーチが付属しており、ヘッドセット本体および付属品一式をまとめて収納・持ち運ぶことが可能です。

▼付属のUSBドングルは、Bluetooth非対応(アダプタ非搭載)のデバイスに接続することで、ワイヤレス接続が可能となります。

ヘッドセット本体の外観

▼ヘッドセット本体の外観。非使用時には下画像のようにコンパクトに折りたたんでおくことが可能です。

▼イヤーカップは防音素材で作られており、クッションは耳に優しくフィットします。

▼頭頂にあたる部分もクッション素材。

▼ヘッドセット本体は軽く、長時間装着し続けても頭や首が疲れづらいです。

▼デザイン自体はオーソドックス。

▼ヘッドセット使用スタンバイ状態(折りたたみ解除状態)。変な装飾も見られないシンプルなデザインのため、ビジネス用途にも向いています。

▼頭の大きさに合わせて、両耳の長さを調節することが可能(可動領域は5センチほど)。

右耳側に搭載されているマイクは、上下させることで、ミュート状態のON/OFFを切り替えることが出来ます。

▼マイクを下におろす(口の部分もってくる)ことでミュート状態を解除。

搭載インターフェース

続いて、ヘッドセットに搭載されているインターフェースについて紹介していきます。

▼右耳側には、多機能ボタン(中央)と 音量調節ボタン が搭載されています。

▼左耳側にはアンビエントサウンド/ANCボタンが搭載されており、外音取り込み機能のON/OFFを切り替えられます。

▼両耳の側面には外音取り込み用のマイクが用意。

主要な操作用インターフェースはすべて右耳側に集約されています。

▼押すとマイク音声を消音できるミュートボタン。

▼電源およびBluetooth接続用のスイッチ。左右には接続状況やバッテリー残量を示すためのLEDインジケーターも内蔵されています。

USB接続用のUSB Type-Cポートも搭載されており、ヘッドセット充電の際にもこのポートを利用します。

以上の通り、コンパクトな筐体に必要な機能がすべて集約されたデザインとなっています。

ほとんどの操作をハンズフリーで行うことができるため、いちいちデバイス上で操作を行わずに済むのが実にラクです。

また、外音取り込み機能やミュート機能など、各機能に対してスムーズにアクセスできるため、会話に集中したいウェブ会議やオンライン授業などの際にも適した設計であると言えます。

スムーズな接続

本製品をデバイスと続する方法はいたって簡単です。

有線接続の場合

有線接続の場合は、単純に付属のUSBケーブルをPC等のデバイスに接続するだけで、あっという間に利用を開始できます。

▼有線接続の場合、常に給電が行われるため、バッテリー残量を気にせず利用できます。

プラグアンドプレイ対応のため、利用にあたりドライバやソフトウェア等のインストールは必要ありません。

Bluetooth(無線)接続の場合

本製品をデバイスとBluetooth接続する方法はいたって簡単です。

まず電源スイッチを左側へスライドさせた状態で2, 3秒ほど待っていると、LEDインジケーターが点滅し始めます。

この状態でデバイス側のBluetooth設定を確認すると、"eMeet HS150" を選択することができます。

▼スマホなどモバイル端末にも接続可能。

PCやスマホ、タブレット端末など、Bluetoothに対応している機器であれば簡単に接続できるため、この手の機器の扱いになれていない方でも安心です!

▼もしPCがBluetoothに対応していない場合、付属のドングルをUSBポートに挿すことで、ワイヤレス接続が可能になります。

実際に使用した感想

それでは、実際に『eMeet HS150』を使用した感想について紹介していきます。

ちなみに今回のレビュー時は、Skypeを利用して友人と会議通話を行ってみました。

安定して高音質な通話を実現

実際に会議通話で本製品を使用してみましたが、音質自体はいたってクリアで、相手側の声を明瞭に聞き取ることができました。

低音こそ響かないものの、中~高音域に関してはクリアに響くため、音楽再生にも適しています。

また高性能ノイズキャンセリングマイクのおかげで、こちら側の声もノイズを除去した状態で相手側に届けられ、"まるで向かい合って会話しているような感覚だった" と友人も述べていました。

ちなみに今回のレビュー時には有線接続・無線(ワイヤレス)接続の両方を試してみましたが、いずれの場合でも、安定して高音質の通話を行うことができていました。接続方法によって音質が左右されない点は嬉しいですね。

リモートワークやオンライン授業などにおいて、快適でストレスのない通話を行うにはうってつけのヘッドセットであると言えます。

外音取り込み機能が便利

左耳側のロゴをタッチすると、"外音取り込み機能" のオン/オフを切り替えることができます。

外音取り込み機能をオンにすると、外部の音を取り込んでヘッドセット内から出力することが出来ます。

これにより、デバイス側からのサウンドを視聴しつつ外音にも気を配ることができるため、『ヘッドセットを装着していたせいで大切なアナウンスを聞き逃した!』というような事態を防ぐことができます。

マイクミュートを簡単に切り替え可能

上述したように、本製品はマイクを上下させることで、ミュート状態を簡単に切り替えることが出来ます。

▼ミュート状態(マイクを上げた状態)

これにより、相手に聞かれたくない会話内容や言葉を、即座にシャットアウトすることが出来ます。

また、他人から見てもミュート状態であることが一目で判る点が便利です。

コールセンター業務などで重宝する機能ではないでしょうか!

イヤー部分が蒸れやすい

本製品は軽く、長時間装着し続けても頭や首が疲れづらいです。

フィット感も抜群で、音漏れを気にする必要はありません。

しかし一方で、イヤー部分は完全に密着して耳を塞いでいるせいか蒸れやすく、特に室温の高くなる夏場などにおいては、蒸れ具合がやや不快に感じる方も多いと思います。

定期的にヘッドセットを取り外すなどして、蒸れを逃がす必要があるでしょう。

バッテリーの持ちが良い

本製品には最大24時間持続するバッテリーが内蔵されています。

実際に使用し続けてみたところ、7日間、約20時間ほど充電無しでヘッドセットを使用することが可能でした

1日に2~3時間ほどしかヘッドセットを利用しない方であれば、1週間以上充電無しで使用することが出来るでしょう。

▼バッテリーが切れた場合でも、15分ほどの急速充電で約6時間もの利用が可能になります。

いちいち充電残量を気にする必要が無いため、ストレスなく利用できました。

専用の無料ソフト『eMeet Link』で機能をカスタマイズ

開発元であるeMeet社が提供する無料ソフト『eMeet Link』を利用することで、本製品の各機能をカスタマイズすることができます。

『eMeet HS150』を接続した状態で、eMeet Linkを起動します。

すると各パラメータや項目が表示され、ヘッドセットの設定を変更することができます。

▼インターフェース言語も日本語に切り替え可能。

自身の使いやすいように機能を調節できる無料ソフトとなっています。

インストール自体は必要ではないため、機能を細かく調節したい方は利用すると良いでしょう。

高品質なオンライン通話を実現できるワイヤレスヘッドセット

【個人的な評価】

  • 性能:(☆4.5)
  • デザイン:(☆4.5)
  • 扱いやすさ:(☆5)
  • 価格(コスパ):(☆4)
  • 総合評価:(☆4.5)

今回紹介した『eMeet HS150』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • 軽量かつ折りたたみ可能な設計
  • 有線・無線のいずれでも安定した通話が可能
  • ポーチが付属
  • 長時間持続するバッテリーを内蔵
  • Bluetooth非対応デバイス向けのUSBドングルが付属
  • 外音取り込み機能が便利
  • 無料ソフト『eMeet Link』で機能をカスタマイズ可能

悪かった点

  • イヤー部分が蒸れやすい

以上の通り、快適なオンライン通話を実現するために必要な機能・性能をすべて擁する、オススメのヘッドセットとなっています。

Bluetooth接続対応、バッテリー内蔵型で完全ワイヤレス使用が可能であり、折りたたみが可能でポーチも付属するため、外出先や仕事先への持ち運びにも適しています。

通話時の音質は良く、ノイキャン対応マイクの品質も良好なため、自分と通話先の双方がストレスのない通話を実現することができます。

また、両耳に搭載されたインターフェースから様々な機能に対してスムーズにアクセスできるため、会話に集中しながら各種操作を行うことが可能です。

ただし耳が蒸れやすいため、夏場など室内温度が上昇しやすい時期は、定期的に取り外すなどの対策が必要になるでしょう。

何はともあれ、全体的にバランスの取れた良質なヘッドセットとなっています。

高品質なオンライン通話を実現したい方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか!

▼こちらの記事もオススメ!

『eMeet HS100』レビュー!機能の充実したマイク付き高品質ワイヤレスヘッドセット

新型コロナウイルスの影響により、最近ではリモートワークやウェブ会議、オンライン授業に従事する方が増えてきましたね! それに伴い、オンライン通話用のガジェットに対する需要も高まっています。 オンライン通 ...

続きを見る

『eMeet M1A マイクスピーカー』レビュー!シンプルイズベストな扱いやすいモデル

2022年4月、中国の大手電子機器メーカーであるeMeet社は、自社が開発・販売するマイクスピーカーシリーズの最新モデルである『eMeet M1A』を発売しました! 周囲の環境音(ノイズ)をシャットア ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  • PCアクセサリ
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
    発売日 : 1970年01月01日
    価格 : ¥91,360
    新品最安値 :
    ¥91,360
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. タワー
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. タワー
  8. タワー
  9. タワー
  10. タワー
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. タワー
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. 一体型
  17. ミニ
  18. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥92,800
    新品最安値 :
    ¥92,800
  19. 一体型
  20. 一体型
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 2 in 1ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. 2 in 1ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
  1. microSDカード
  2. microSDカード
  3. microSDカード
  4. ライトニングケーブル
  5. USBケーブル
  6. インクジェットインクカートリッジ
  7. HDMIケーブル
  8. USBケーブル
  9. 変換アダプタ
    発売日 : 2015年04月16日
    価格 : ¥6,506
    新品最安値 :
    ¥6,506
  10. SDカード
  11. ライトニングケーブル
  12. インクジェットインクカートリッジ
  13. ライトニングケーブル
  14. USBケーブル
  15. microSDカード
  16. ライトニングケーブル
  17. PCアクセサリ・サプライ
  18. タッチペン
  19. 電源タップ
  20. microSDカード

関連コンテンツ

-ガジェットレビュー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.