ふかふか交易所 - ネットコンテンツから日々のお役立ち情報まで

ふかふか交易所 | ネットコンテンツや日々のお役立ち情報まで
RSSを購読する
follow us in feedly
トップ ゲーム 動画 HP・ブログ お金関係 お問い合わせ サイトマップ ページ下部へ

HP・ブログカテゴリ 新着記事

サイト内検索

現在の人気記事はコチラ!

ホーム > HP・ブログカテゴリー No.81 ~ No.90 > 記事No.87

【仮想通貨】取引所に入金するにはどの方法が良い?各入金方法のメリットとデメリットについて分かりやすく解説!

← 前の記事

次の記事 →

virtual_coin_nyukin_method

仮想通貨の取引所でコインを買うためには、取引所で作った自分のアカウントに対し、日本円を入金する必要があります。

しかし、取引所の『入金』のページを見ると、いろいろな入金方法が並んでいて、どの入金方法で入金するのが良いか、迷ってしまう方もいると思います。

▼『ビットフライヤー』の入金画面。様々な入金方法が並ぶ


そこで今回は、取引所への入金方法について、それぞれの メリットデメリット を分かりやすく解説していきます!

方法その①:銀行振込

銀行振込は、アカウントを作った際に割り当てられた振込用口座に対し、自分の銀行からお金を振り込んで入金する方法です。

▼ビットフライヤーの例。画像上部の『お客様用日本円振込先』と書かれている三井住友銀行の口座が、自分専用の振込用口座。ここに既に自分が持っている口座から振り込むことで、アカウントに入金されます。

どこから振り込めるの?

銀行振込の場合、銀行ATM の『振込み』をタッチし、振込先の銀行名・支店名・普通口座を選択し、最後に振込み金額を入力することで振り込みが完了します。

また、自分の銀行がインターネットバンキング(※)に対応している場合は、自宅PC から振り込みを行うことも可能です。


※インターネットバンキング・・・銀行ATMに直接行かなくても、ネットから振り込みや残高確認を行うことのできるサービス。対応している銀行とそうでない銀行がある。


メリット と デメリット

銀行振込のメリット:

  • 手数料が無料(ただし銀行の振込手数量は自分持ち、400円ほど?)
  • 銀行振込で振り込んだお金で買ったコインは、すぐに送金や出金ができる ←重要

銀行振込のデメリット:

  • 土日・祝日は入金できない(平日も銀行の営業時間内のみ)

銀行振込は、銀行の営業日しか行えないため、休日に振込み手続きを行ったとしても入金が反映されるのは次の平日になってしまいます。

しかし銀行振込の最大のメリットは『振り込んだお金で買ったコインはすぐに送金や出金ができる』という点です。

え?なんでそれが利点なの?と思うかもしれませんが、その理由は次で分かります。


方法その②:クイック入金

『クイック入金』は、その名の通り即座に入金することができる方法です。銀行振込とは異なり、土日だろうが祝日だろうが関係なく、24時間いつでも、一瞬で入金が完了します。

クイック入金には、大きく分けて2つの方法があります。


ペイジー入金

『ペイジー入金』とは、ペイ(Pay)イージー(Easy)、つまり『簡単な入金方法』です。ペイジーマークのある金融機関の ATM(もしくはインターネットバンキング)から振り込むことができます。

▼ペイジーのマーク

▼三井住友銀行のインターネットバンキングの選択画面。


振り込み方法は簡単。まず仮想通貨取引所の入金ページで、振込み金額を入力し、『ペイジー』を選択します。


確認画面を進むと、『収納機関番号-お客様番号-確認番号』が発行されます。

▼メールで送られてくる場合もあります。


あとは銀行やコンビニのATM、もしくはPCのインターネットバンキング画面で『収納機関番号-お客様番号-確認番号』を入力します。すると、登録してある自分の口座から あっという間に アカウントに入金されるのです。


コンビニ入金

コンビニ入金は、コンビニに置いてある端末から入金する方法です。自分の口座を持っていない人向けの入金方法です。

▼コンビニの端末(ファミマの場合)

入金方法は、まず仮想通貨取引所の入金ページで、振込み金額を入力し、『コンビニ入金』を選択します。


次に、振り込みに行きたいコンビニを選択します。


すると、『お客様番号』と『確認番号』が発行されます。


あとはコンビニの端末に行き、『コンビニでお支払い』⇒『各種代金お支払い』と進み、発行された『お客様番号』と『確認番号』を入力します。するとレシートが出てくるので、それを持ってレジへ行き、入金金額を現金で支払うことで、即座に入金が完了します。


メリット と デメリット

これだけ見ると『休日も関係なく24時間いつでも入金できるなら、クイック入金の方がいいのでは?』と思うかもしれません。

たしかにいつでも入金できる『クイック入金』のメリットは大きいです。


クイック入金のメリット:

  • 休日も関係なく、24時間いつでも即座に入金できる。
  • コンビニ入金の場合、銀行口座を持っていなくても入金することができる。

しかし、大きなデメリットもあります。


クイック入金のデメリット:

  • 手数料がかかる(400円くらい?)
  • コンビニからの入金は上限がある(30万円ほど)
  • クイック入金額相当の資産の移転は7 日間制限される ← 重要

『クイック入金額相当の資産の移転は7 日間制限される』

これはどういうことかと言うと、例えばクイック入金で10万円入金したとします。すると7日間のあいだ、10万円分のコインの送金や、銀行口座への日本円の出金が出来なくなる のです。


するとどうなるかというと・・・


  • 明日値上がりしそうな草コインを海外取引所で買いたいのに、クイック入金で入金したせいで、7日間待たないと海外取引所にコインを送金できない!
  • 取引所に入金したけど、急にお金が必要になったからすぐに銀行口座にお金を戻したい!でもクイック入金で入金したせいで7日間待たないとお金を口座に戻せない!

といった事態が起こりうるのです。

なのでクイック入金で入金する際は、7日間のあいだ、その取引所からお金(もしくはコイン)を動かさない ことを前提に購入しましょう。


方法その③:クレジットカードで買う

これは『入金』とは少し異なりますが、クレジットカードを使ってコインを買う 方法です。

購入方法はいたって簡単。対応するクレジットカード(VISAやMasterCard)を用意し、買いたいコインの数量を入力。


あとはカード番号やセキュリティコードを入力して決済するだけで即座にコインが購入できます。この時の購入代金は、クレジットカードごとに決められた引き落とし日に引き落とされます。

つまり、クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚でコインを購入する方法です。


メリット と デメリット

クレジットカード購入のメリットとデメリットは、クイック入金とほぼ同じです。


クレジットカード購入のメリット:

  • 休日も関係なく、24時間いつでも即座に入金できる。
  • ATMに行かなくても入金可能。
  • インターネットバンキングに対応していなくても入金可能。

クレジットカード購入のデメリット:

  • 手数料がかかる
  • クレジットカードで購入した通貨は購入後 1 週間、売却、送付等ができない ← 重要
  • クイック入金と同様に 購入した通貨は購入後 1 週間、送付ができません。しかもクレジットカード購入の場合は、売却も7日間できないので注意してください。

各入金方法のまとめ

今回は入金方法のメリットとデメリットについて紹介させていただきました!各入金方法について、まとめると以下の通りです。

                    
入金の反映 入金後の制限
銀行振込遅い(平日の銀行営業時間帯のみ) 無し
クイック入金(ペイジー・コンビニ入金)即座 7日間、クイック入金相当額の日本円・コインの送金・出金不可(売却は可能)
クレジットカード購入即座 7日間、クレジットカードで購入したコインの送金、売却不可

ということで、7日間の制限をかけられるのが嫌な方は、反映が遅くても 銀行振込 で入金することを強くおすすめします!

出金制限がかけられるのは想像以上に不便なので、極力『銀行振込』での入金をおすすめしますよ!

関連記事はこちら

この記事を読んだ人はコチラも見ています

この記事に対するコメント

Comment Form is loading comments...

現在の人気記事はコチラ!

ご意見や質問などは気軽にメッセージフォームへ!


hp_blog_top
HP・ブログ制作ノウハウまとめ
movie_top
動画制作ノウハウまとめ
review_top
色んなもの・体験レビューまとめ
minecraft_top
マインクラフト記事まとめ

当サイトについて  月極広告の募集

©Copyright fukafuka295.jp 2016 All rights reserved.

トップ ゲーム 動画 HP・ブログ お金関係 お問い合わせ サイトマップ ページ上部へ