ネットコンテンツ全般から日々のお役立ち情報まで分かりやすくお届け | ふかふか交易所

ふかふか交易所

ゲーム関連 テクノロジー関連

目の前に恐竜が!ド迫力のVRデモ「Back to Dinosaur Island」がSteamで無料配信

投稿日:

みなさんこんにちは!

11/19から、Developerの「Crytek」がGDC 2015にて公開した「CRYENGINE」を用いて制作されたVRデモの無料配布がSteamにて開始されました!

VRデモの名称は「Back to Dinosaur Island」

名前の通り、恐竜時代に遡って雰囲気を体感しようというものです!(現在はOculus Rift DK2に対応)

 

▼ Steamのダウンロードページ。レビューの66%が"好評"と、デモ版としてはまあまあといったところ。(デモ版なので移動はできず、開始地点からの視点のみとなります)

恐竜時代の雰囲気を堪能!

プロモーション映像

うおぉ...(;゚Д゚)

リアルな生き物の動きもさることながら、VR世界内の環境音も相まってものすごい迫力ですね!イヤホンでYoutubeの動画を観ているだけでも臨場感が伝わってきます。

これ小さい子とかに体験させたらトラウマになるんじゃないですかね...(男の子だったら大興奮か!)

▲ 木々が生い茂る森林の中からスタート 環境音が心地よい
▲ すると当然ティラノサウルス(?)が出現!
▲ こっち来ないで~('A‘;)
▲ 食べられるんじゃないかってくらい超接近 口の中まで見えて臭いまでにおってきそう・・・
▲ 最後は別の獲物を見つけたのか、未練がましく去っていく...

要求スペックも超高い!

映像もかなり綺麗で是非とも実際のVR危機で体験してみたいところですが、これまた要求スペックが高い!

"最小"要求スペック:

  • CPU: Intel Core i7-2600K
  • メモリ: 16GB
  • グラフィックカード: GTX980 or RadeonのR8 290

(;゚Д゚)..."最小"でこれってどういうことなんですかね...

ちなみに最小要求スペックに及ばない性能のPCでも一応起動はできますが、その場合はフレームレートのかなり落ちたカクカクの映像になってしまい、 非常に酔いやすくなってしまいます。

Oculus Rift DK2をお持ちでなおかつPCスペック条件を満たしている方は是非ともデモを試してみてください!

Robinson: The Journeyの前身か

ちなみにDeveloperの「Crytek」は10月に行われた"Paris Games Week 2015"にて、恐竜の惑星を冒険するという似たような内容の「Robinson: The Journey」 というVRゲームを発表しています。

「Paris Games Week 2015」で新たに公開されたPlaystationVR対応ソフト2作を紹介!

おそらく今回の「Back to Dinosaur Island」は"The Journey"のテクニカルデモだと思われます。具体的なゲーム内容やリリース時期等は依然明らかにされていませんが、 現時点でデモが出ているのでリリースまでそんなに時間はかからないかもしれませんね!

-ゲーム関連, テクノロジー関連
-, , , , , , , , ,

Copyright© ふかふか交易所 , 2019 All Rights Reserved.