ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ

ゲーマーズステーション | ゲームを中心に、動画・ブログ制作などのネットコンテンツ全般からレビュー情報まで分かりやすく紹介

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

機種別ハイスコア(80点~)タイトルを見る

HP・ブログ関連 ガジェットレビュー

『Apple Music Converter』Apple Musicの音楽をワンクリックで簡単ダウンロード!

最近では、スマホやタブレット端末などで、7,000万以上の楽曲を自由に聴くことのできる『Apple Music』を利用している方が増えてきましたね!

▼いつでも好きな楽曲を聴ける便利なストリーミング配信サービス。

インターネット環境があればいつでも・どこでも好きな音楽を楽しむことができますが、一方で、オフライン環境では視聴できない(ダウンロード済みのものを除く)といったデメリットがあります。

また、音楽を聴くたびに通信量(ギガ)を消費してしまう点が気になる方も多いのではないでしょうか。

  • インターネット環境が無くても音楽を聴きたいな...
  • 音楽を聴くたびにかかる通信費を節約したいな...
  • PCやスマホに音楽データをダウンロードしておきたいな...

このように思っている方々に今回オススメするソフトがApple Music Converterです!

Apple  Musicから好きな楽曲を、高音質を保ったまま "無料" で素早くダウンロードすることが出来る、非常に便利なソフトです。

また、MP3、M4A、WAV、AIFF、AAC、AC3、AAC、AUなどの主要データ形式の中から、指定した形式に変換して保存することも可能です。

公式サイト https://www.tunemobie.net/apple-music-converter/
ソフト名 Apple Music Converter
開発元 TuneMobie Software
対応OS Windows、Mac
対応言語 日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語(簡体)、中国語(繁体)
有料ライセンス 年間ライセンス(1PC):2,980円+税
永久ライセンス(1PC):5,980円+税
ホームライセンス(5PC):9,980円+税
無料体験版 あり(30日の使用期限、および3分間の変換制限付き)
動作環境 対応OS: Windows 10/8.1/8/7(32-bit & 64-bit), MacOS
CPU: 1G Hz及び以上
画面解像度: 1024x768ピクセル及び以上
メモリー: 512MB及び以上
必須環境: iTunes 12.2 及び以降(最新バージョンのiTunesを推奨)
対応出力形式 MP3、M4A、AC3、AU、FLAC、AIFF、AAC、WAV
対応
入力形式
音声 ・Apple Musicの曲(*.m4p)
・DRM保護されたAAC/M4Pファイル(*.m4p)
・iTunes M4Bオーディオブック(*.m4b)
・Audibleオーディオブック(*.aa、*.aax)
・Apple Lossless(*.m4a)
・ほかのiTunesが対応する音声形式: MP3(*.mp3)、AAC(*.m4a)、WAV(*.wav)、AIFF(*.aiff)
動画 ・iTunesムービー、テレビ番組(*.m4v)
・Apple Musicからのミュージックビデオ(*.m4v)
・iTunesが対応する動画形式(*.mp4、*.m4v、*.mov) 
主な機能 Apple Music音楽の無料ダウンロード、データ変換

のマークの項目はmacOS 10.15 Catalina以降では非対応です。

無料体験版はコチラ

Apple Musicで音楽を聴く場合、通常であればインターネット接続のあるオンライン環境において、自身のApple IDでログインしている必要があります。

そのため、ネット接続の無いオフライン環境では聴くことが出来ないといったデメリットがあります。

また仮にオンライン環境でも、LTE回線を利用している場合、音楽を聴く度に通信料が発生するという問題もあります。

しかし今回紹介する『Apple Music Converter』を使えば、Apple Music上で配信されている楽曲をMP3などの "音楽データファイル" としてダウンロードしておくことで、いつ・どこでも・どの端末でも音楽を楽しむことが可能となります

また、iTunesムービーなどから音声データのみを取り出すことも可能です。

主な機能

  • iTunesライブラリに追加したApple Musicの曲、iTunesストアで購入した曲をMP3、M4A、WAVなどに変換
  • M4Bオーディオブック、Audible AA/AAXオーディオブックの変換に変換
  • iTunesライブラリに追加した音声ファイルをMP3、M4A、WAVに変換
  • iTunesムービー、テレビ番組、MVとホームビデオから音声を抽出

▼PCに不慣れな方でも簡単に扱うことが出来るインターフェース(操作画面)

誰でも簡単にダウンロードできるため、PC初心者にもオススメのソフトです。

今回は、この『Apple Music Converter』について、主な機能や使い方を分かりやすく紹介していきます。

※ダウンロードしたデータは、自身の端末上でのみ視聴するようにしましょう。

職業ユーチューバーにオススメ!

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・カード

当サイトからの入会で
初年度の年会費0円(無料)

20歳から入手可能な一流ゴールドカード

会社員・個人事業主・法人代表者のいずれでも発行可能

アメリカン・エキスプレス®
・ビジネス・ゴールド・カード

当サイトからの入会で
初年度年会費0円(無料) 3万ポイント

シンプルで誰にでも扱いやすい操作画面

ソフトを起動すると、非常にシンプルなインターフェース(操作画面)が表示されます。

▼日本語にも完全対応しています。

操作画面はiTunesに似たレイアウトのデザインとなっているため、普段からApple Musicを使い慣れている方は直感的に操作できると思います。

充実したオプション項目

トップ画面下部では、音楽データの出力設定を変更することが出来ます。

▼特にこだわりのない場合や、よくわからない場合は、デフォルト(初期)状態のままでも構いません。

▼出力形式は MP3、M4A、AC3、AU、FLAC、AIFF、AAC、WAV の中から選択可能。ダウンロードするデバイスに応じて柔軟に対応することが出来ます。

▼プロファイルでは、出力データの品質(音質)を選択出来ます。High → Normal → Low の順で品質が低下しますが、同時にデータ容量も小さく抑えることが可能です。

▼コーデックやビットレートといった数値も調整可能。とはいえ、ほとんどの場合はデフォルトからイジる必要は無いと思います。

また、上部メニューバーの "Options" をクリックすると、ソフト自体の環境設定を行うことが出来ます。

▼オーディオボリュームやスピード、データ出力時のメタ情報などの設定・変更が可能。

ここで音量(ボリューム)を 最大200%(2倍)にまで変更することができるため、より音楽に迫力を求めたい方は調節すると良いでしょう。

なお、音声変換スピードに関してはWindows版が最大16倍まで変更可能なのに対し、Mac版では "macOS High Sierra(10.13)" 以降、OSによる制限のため原速のみの変換となっています。

楽曲データのダウンロード手順

それではApple Musicから楽曲データをダウンロードする際の、実際の手順について紹介していきます。

ダウンロード方法はいたって簡単な2ステップのみです。

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年6月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

ゲーム・仕事・勉強にも最適!

   

2021年6月時点:
1~2万円台のオススメ格安タブレット5選

ステップ①:『Apple Music Converter』上に楽曲データを追加する

まずは『Apple Music』(iTunes)を起動した状態で、『Apple Music Converter』にダウンロードしたい楽曲を追加していきます。

『Apple Music Converter』を起動すると、iTunesも同時に起動されます

iTunesからApple Musicを開いた後、ダウンロードしたい楽曲を検索し、プラス(+)アイコンをクリックしてライブラリに追加します

すると、『Apple Music Converter』上に選択した楽曲が追加されます。

▼もしも追加されない場合、メニューバーの "更新する" ボタンをクリックしてみてください。

上記の手順で、ダウンロードしたい楽曲をどんどんソフト上に追加していきましょう!

なお、プレイリストごと追加することも可能です。

ステップ②:変換ボタンをクリック

ダウンロードしたい楽曲を追加したら、楽曲にチェックを入れた状態で、メニューバーの "変換" をクリックします。

すると、楽曲データの変換(ダウンロード)が開始されます。

進行率が100%になれば、変換(ダウンロード)は完了です。

変換速度は非常にスピーディで、3分ほどの長さの楽曲を30秒もかからずにダウンロードすることが出来ていました。

▼変換完了後、楽曲データの右側に表示されるボタンから、出力先のフォルダを開くことが出来ます。

▼初期設定では、個人フォルダ内の『TuneMobie』フォルダに保存されます。

実際にダウンロードした楽曲データを視聴してみましたが、Apple Music上で直接聞いた場合と全く変わらない、非常に高品質な状態で音楽を楽しむことが出来ました!

以上のように、楽曲を追加 ⇒ 変換をクリック という たったの2ステップ で曲のダウンロードが完了してしまいます。

PCやソフトに詳しくない方でも、何の問題もなくダウンロードが出来てしまう優れものです!

同様の手順で、iTunesムービーなどから音声データのみを抽出することも可能です

制限が解除される有料版も販売

なお、本ソフトは無料で利用可能な体験版が配布されていますが、3分以上の楽曲はダウンロード出来ない といった制限がかけられています。

もしもこの制限を解除したい場合は、公式サイトから有料ライセンスを購入する必要があります。

なお、各ライセンスの価格は以下の通りです。

プラン名 年間ライセンス 永久ライセンス ホームライセンス
使用可能台数 PC1台のみ PC1台のみ PC5台まで
使用可能期限 1年間 永久 永久
価格 2,980円+税 5,980円+税 9,980円+税

長く使い続けることのできるソフトなため、個人的には『永久ライセンス』が一番オススメです!

もしも複数人で共有して利用したい場合は、ホームライセンスが最もお得になります。

Apple Musicの楽曲を2ステップで簡単ダウンロード!

今回紹介した『Apple Music Converter』について、特長をまとめると以下の通りです。

ソフトの特徴

  • Apple Music上の楽曲・ムービー等のサウンドデータを変換&出力可能
  • PC初心者でも扱いやすいインターフェース(操作画面)
  • 高音質を保った状態でダウンロード可能
  • スピーディな変換速度
  • 幅広いデータ形式に対応

無料体験版はコチラ

以上の通り、誰でも簡単にApple Musicから音楽をダウンロードできる 非常に便利なソフトとなっています。

ダウンロードしたデータはPC上で視聴する以外にも、そのままiTunes経由でスマホ・タブレット端末に保存することで、通信料を発生させることなく視聴することが可能となります。

ソフト自体の動作も軽く、操作画面もシンプルで分かりやすいため、利用中にストレスを感じることもありません。

楽曲ダウンロードに関心のある方は、ぜひフリー版から試してみることをオススメします!

公式解説ページ:https://www.tunemobie.net/apple-music-converter/user-guide.html

なお、記事執筆時点において、Apple Music自体も1ヶ月の無料お試しキャンペーンを実施しています。

是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか!

▼こちらの記事もオススメ!

Spotifyの楽曲データをワンクリックで簡単ダウンロード!『Spotify Music Converter』レビュー

最近ではデジタル音楽配信サービスとして有名な『Spotify(スポティファイ)』を利用する方が増えてきましたね! ▼オンデマンドで音楽を楽しめる便利な配信サービス。 インターネット環境があればいつでも ...

続きを見る

『Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン』レビュー!耳を塞がない極上の快適さ

激しいスポーツでもズレにくいイヤホンが欲しい! 汗や雨でも問題ない防水仕様のものがイイ! でも耳を長時間塞いだままにするのは疲れる... 最近では新型コロナウイルスの影響により、ジムやプールなどで運動 ...

続きを見る

この記事をシェアする

PlayStation 5 ディスク・エディション(CFI-1000A01)
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000A01)

関連コンテンツ

-HP・ブログ関連, ガジェットレビュー
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲマステ!- 新作ゲームレビュー, マイクラ, ゲームMOD情報まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.