RSSを購読する
follow us in feedly
ふかふか交易所 | ネットの情報をわかりやすくお届け!
RSSを購読する
follow us in feedly

ニュータウンシリーズ まとめ

マインクラフト関連記事 まとめ

VR関連記事 まとめ

トップ ゲーム 動画 ホームページ 掲示板 お問い合わせ サイトマップ ページ下部へ

ゲームカテゴリ 新着記事

サイト内検索

過去7日間の人気記事

  • 総合
  • ゲーム
  • 動画
  • ホームページ

ホーム > ゲームカテゴリー No.41 ~ No.50 > 記事No.50

VR空間に手の動きを投影するデバイス『Leap Motion』の高精度ソフトウェア『Leap Motion Orion』が公開

← 前の記事

次の記事 →

leap_motion_orion

みなさんこんにちは!ふかふかです。

先日、バーチャルリアリティやオーグメンテッド・リアリティ内のデジタルコンテンツを開発しているLEAP MOTIONという会社が、 手の動きを仮想空間(VR)内に伝えるこのとできる同社のモーショントラッキングデバイスである『Leap Motion』の、VR開発者向けデベロッパーエンジン『Leap Motion Orion』を公開しました!

このエンジンのトラッキング性能があまりにも高精度だということで、ネット上のあちこちで話題となっています。

そこで今回は、"Leap Motion"とは何なのかを簡単に解説しつつ、公開された『Leap Motion Orion』エンジンで動作している様子を紹介したいと思います!

Leap Motionとは?

Leap Motionの筐体。コンパクトなサイズでPCのUSB端子に接続することで機能する

Leap Motion(リープモーション)とはユーザーとPCとをインタラクティブな3Dモーションで結びつけるモーショントラッキングデバイスです。

今までユーザーの手の動きをPCに伝える際、仰々しい装置を手に持ったり、装着したりする必要がありました。しかしこのLeap Motionなら、 PCのUSB端子に接続するだけで150°の広角かつ奥行きの検知を行い、手指の動きを正確に3次元でとらえることができるのです。

そのトラッキング性能は、10本すべての指を1/100mmの精度で認識できるほど。しかも200fps(1秒間に200フレーム)で動きをトラッキングするため、 どんな激しい動きでも遅延を感じさせることはありません。

本製品はもともとPCへの入力操作を手で行えるハンドフリーのコントローラとして登場しました。 しかしOculsu RiftやPSVRなどヴァーチャルリアリティ・ヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)の出現に伴い、 Leap MotionもVR関連の用途へと方針を転換させました。

そして今回、VRデベロッパー向けのベータエンジンとしてVR空間内での動作に最適化された『Leap Motion Orion』が公開されたのです。 では実際にLeap Motionと『Leap Motion Orion』エンジンがVR空間内でどのように動作しているのかを観てみましょう!


Leap Motion Orionの動作映像

▼ Oculus Rift DK2とLeap Motionを用い、VR空間内で物を掴んだり投げたりしている様子

▼ こちらは"Spellbound"というゾンビゲームでLeap Motion Orionを用いてVRに対応させたプレイ映像


どうでしょうか、かなりの精度で手指のトラッキングが行われていることが分かります。

上の動画では男性がVR空間内で物を掴んだり投げたりしていますが、奥行きの認識のズレなどもなくスムーズに動作を行えている様子が伺えます。

また、下の映像はゾンビゲームにLeap Motion Orionを対応させたよりゲーム性の高いものとなっており、 ゾンビ相手に中指を立てて凸のポーズをとっている様子から、指一本一本のトラッキングもきちんとできていることが伝わってきますね。

現時点で手の動きをトラッキングするデバイスとしてはOculus TouchやPlaystation MOVEなどが知られていますが、 このLeap Motionのように手に何も装着することなく自然に手の動きのトラッキングを行うことのできるデバイスは、VR空間のアクセシビリティや没入感をより大きく向上させることでしょう。今後ゲーミング分野にどのようなカタチで応用されていくのか非常に楽しみです!


Leap Motion本体は10,000円前後、Orionはフリーでダウンロード可能

今回紹介した3Dトラッキングデバイス"Leap Motion"は、公式サイトやAmazonなどから10,000円前後での購入が可能です。

また、『Leap Motion Orion』のβ版は公式サイトの配布ページより無料でのダウンロードが可能です。

今はまだソフトの数が少ないとは思いますが、これからどんどん対応ソフトがリリースされると予想されるので3Dトラッキングに興味のある方やOculus Riftを買う予定の方は是非購入を検討してみてはいかがでしょうか!

最近はいろいろな新技術が出てきて楽しいね!これでゲームやったらめっちゃ面白いんだろうな~(゚∀゚)

関連記事はこちら

- SCEのVRゲーム機器"Morpheus"の正式名称が発表!その名前 ...

- 東京ゲームショウ2015にて次世代VRゲームを体験!没入感の ...

- ゲームは遂にここまで来た!2016年上半期に発売予定のVR ...

- ヴァーチャルリアリティの新たなる可能性を示すVR ...

- 「Playstation Experience 2015」で新たに公開されたVR対応4 ...

- レースゲームに連動して座席が動く!VRにも対応のシミュレータ ...

- ゲームをしながら運動ができる!?シュールなVR向けエアロ ...

この記事に対するコメント

Comment Box is loading comments...

過去7日間の人気記事

マインクラフト関連記事 まとめ

VR関連記事 まとめ

Aviutl(動画編集)関連記事まとめ

AR関連記事 まとめ

ご意見・ご質問等は 掲示板へ!

コメントを公開されたくない場合は メッセージフォームへ!


当サイトについて  月極広告の募集

©Copyright fukafuka295.jp 2016 All rights reserved.

トップ ゲーム 動画 ホームページ 掲示板 お問い合わせ サイトマップ ページ上部へ